芸能界は世論を形作るための優れた媒体です。ギャンブルの場合、業界に関する誤った情報による否定的な認識を取り除く主な要因となっています。ますます多くのカジノ映画は、ビジネスだけでなく、業界の前向きなイメージチェンジを意味します。また、ギャンブルの世界をユニークに垣間見ることができ、ライフスタイルや雇用への貢献もあります。この点で、あなたが見ることができるギャンブル中心の映画はたくさんありますが、いくつかは他のものから際立っています。

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い:

二日酔いはギャンブルへの陽気なアプローチです。 2009年にトッドフィリップスが監督したこの映画は大ヒットしたため、続編がさらに2つあります。いつものように、ラスベガスは映画の中心です。映画の主人公は、そのうちの1人であるダグが結婚する前にラスベガス旅行に行く4人の友人です。しかし、ラスベガスでのある夜、彼らは翌朝新郎を失います。彼らは歯が欠けていて、バスルームにトラのチャフがあり、時間がなくなる前にダグを見つけなければなりません。

オーシャンズ11:

ギャンブル映画

ラスベガスのトップ3のカジノを壊し、入り、盗むことは夢のように聞こえるかもしれませんが、ダニーオーシャンと彼の専門家チームにとってはそうではありません。 2001年にスティーブンソダーバーグが監督したこのゲームは、スリルと興奮に満ちています。その上、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツなどの伝説的な専門家がいます。

カジノ:

1995年にが監督したカジノは、ギャンブルのトピックで作成された最高の映画の1つと見なされています。テーマに美しく触れ、優れたアート作品になりました。ラスベガスの輝かしい生活があり、現金は床にあり、上の目はすべてを見守っています。主人公は、ラスベガスの優れたカジノのマネージャーであるサムエースロススタインです。しかし、彼の計画には何も進まない。それをよりエキサイティングにするための計画、巨額のお金、そしてマフィアのボスがいます。本当の出来事に触発されたカジノは、ギャンブル映画のリストの必需品です

カジノロイヤル:

ギャンブル映画

マーティンキャンベル監督の1973年のカジノロワイヤルの2006年のリメイクは私たちのリストの一番上にあります。それはスリリングな映画が最高であるために必要なすべてを持っています。スパイのひねりを加えたギャンブル用語を選ぶことさえできる優れたギャンブルセッションで、あなたが感謝することがたくさんあります。映画の主人公、英国の秘密エージェントであるジェームズ・ボンドは、ル・シッフルが彼の違法行為のためにポーカーを通じて資金を調達するのを止めなければなりません。映画はあなたが確かに楽しむであろうひねりと回転を持っています。

結論:

映画はあなたに娯楽を提供しますが、同時に、あなたは表現のアイデアを得ることができます。カジノギャンブルはお金に満ちた世界であり、多くの娯楽や映画の多くがテーマに正義を示しています。

Leave a comment

Your email address will not be published.