まとめ連合

自分を虐待してた人間が死んだと知った時、頭の中に作った友達が突然消えた。頭の病気だったんだろうけど今の方が苦しい

waroquier9-550x300

引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part51

193: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)13:47:20 ID:eNZ
オカルト注意 小さい頃から虐待されてて将来自分は中卒で家追い出されて 河川敷で野垂れ死にするんだろうなって思ってた 小学生の時に家族と上手くやれないのと友達がいないのが辛くて、 いつでも側にいてくれる頭の中だけの友達を作った
その友達と一緒に勉強したり、遊びに行ったりおしゃべりするのが楽しかった、 他に友達がいらないほど いじめっ子が完治しない病気になったり、怖い教師が 旅先で事故にあったりする事もあった 友達が排除してくれた 受験勉強も楽しかった、邪魔されないで友達と勉強できたし 自分が昔入ることすら想像しなかったような凄くいい大学に入学して しばらくたった日に自分を虐待してた人間が死んだ その知らせを受けた時に、「さよなら」って言葉を最後に友達は突然消えた それから就職して数年経つけど凄く頭の中がぐちゃぐちゃしてる もういない友達に話しかけちゃう 頭の中に友達なんていないのが普通なんだけど、 ずっと1人でいたらまた友達に会えたりしないかって思う 近しい人間関係を作りたくない友達を裏切りたくない 自分が友達と別れる前より幸せになったら、友達を裏切ってしまう気がする 私が覚えていなかったら、友達はいない事になってしまう 多分頭の病気だったんだろうけど、病気になってた時の方が苦しくなかった 今の方がすごく苦しい
206: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)14:34:56 ID:O9k
>>193 これからもずっと忘れないでいいと思いますよ。 本当にいい友達だったんですね。 私も、あなたほどじゃないけど、自分の中に別人の存在を うっすら感じるときがありました。 想像だけど、もう1人の自分じゃないかなぁ。 そのお友達は、今もずっとあなたの中にいそう。 そして、一歩踏み出すあなたを応援してると思う。 勝手な想像スミマセン。。。
236: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)17:08:06 ID:eNZ
>>206 優しい言葉をありがとうございます そうなんですね、多分自分の中にはいるはずなんですよ でも前みたいに話せなくて、本当に喪失感が半端ないです 中学も高校も、ほとんどその子の事しか記憶になくて 他のどの人よりもきっと物凄く気が合うんですよ、特別な友達で だから余計に他人と深く関われないんですその子がいれば十分だったから 昨日家の片付けしてたら友達と会う前の自分の日記見つけて 中に苦しい怖い助けてっていっぱい書いてあって、 色々思い出してなんかすごく疲れました 今より大分追い詰められてたからはっきり友達のことが分かったんですね 昔より全然幸せだけど、もう友達はいない 実態の無い存在ってどうやって弔ったらいいんでしょうか リアルでは変人扱いされて絶対話せないので…
238: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)18:53:56 ID:O9k
>>236 難しいですよね。。。 私だったら手紙を書くかな、と思います。 気休めにしかならないでしょうけど。。。
239: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)19:01:54 ID:m6d
>>236 あくまで自分だったらってことだけど 人形とかぬいぐるみとか あるいは置物かアクセサリーでもいいけど ずっと持っていられるものにその友だちの名前をつけて 朝起きたらおはようって挨拶したり 寂しくなったら呼びかけたり話しかけたりするかな 依り代じゃないけど何か形のあるものに見立ててみると 気持ちの向けかたがはっきりわかって楽になるような気がする

おすすめ記事情報

まとめ連合

コメント

  1. 名無しの墓場

    その「友達」は報告者を守る為に出てきた自分自身の一部なんだろうし 報告者が幸せになれば「友達」も幸せになれると思うけどね

  2. 名無しの墓場

    役に立つ先生の少なさよ 精神科って生きている意味あるの?

  3. 名無しの墓場

    *247はお勧め。 自分も子供の頃は見えない友達がいたし、兄弟によれば結構話しかけてたらしい。 タイミング良くというか、丁度TVで「ヤヌスの鏡」を再放送してて、小学生ながらに「このままだとヤバイな」と思って物語を作る事にした。 好み満載のアクションファンタジーの執筆は、現在も自分一人が読者の趣味で続けているが、人間関係の問題は出来るだけ現実的に解決して、ハッピーエンドで終わるように心がけてる。 成長するにつれ、嫌いな相手が完全悪でもなければ、自分が完全に不幸な被害者というわけでもない事に気付けたのは、第三者目線で文章として書くようになった影響が大きい。 いつかはこの投稿者も、かつての親友と自分の両方が幸せになれたと思える日が来る事を願う。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)