まとめ連合

孫が聴覚障害なのに息子が手話を覚えようとしない。そういうのは珍しくないと言われたんだが、子供の為に覚えるものじゃないの?

screenshot.94

引用元: 既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)スレ384

223: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 21:44:30.95 .net
孫には聴覚障害があって、私も夫もお嫁さんも、孫の兄弟も 手話を覚えているのだけど息子だけ覚えていなく、覚えようとしません 手話を教えてくださった通訳士のかたに相談したら 「聴覚障害児のいる家庭は 父親がコミュニケーションに参加したがらないことは珍しくありません」 と言われました
そうですかわかりました仕方ないですね、では済まないので 今いろいろと工夫していますが もしもみなさんのお子さんに聴覚障害があった場合、 手話を覚えようと考えますか? 殆どの父親はどうにかして口話ができるように持っていこうとし、 限界が来ると諦めるとのことです 逆に母親は心配のあまり色んな医療機関にかかり、色んな補聴器を試し、 色んな聴覚訓練や発音指導を経てパニックが落ち着いていき、 障害を受容していくとのことでした 周囲に気軽にあなたならどうする?と聞ける既婚男性がいないので こちらで質問させていただきました
225: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 21:57:37.01 .net
それ、父親と母親がそのパターンだと他人の目に触れやすいだけで 性差ではないよ。個人差。 単に『相手に自分を合わせることに抵抗が無い』か 『相手をどうにかして自分に合わせようとするか』の性格の差だから。 母親が子供を自分に合わせようとする場合は 行政機関を母親が避けちゃうと人目から逃れやすいだけだよ。 で、息子さんの性格を変えるとか、無理だから。 孫にとって毒親であっても、その矯正があなたの独善であれば、 あなたが息子の人格支配を望むだけのことになる。 あなたが息子さんにとっての毒親になるだけなんだよ。 だって、今の息子を作り上げたのは他ならぬ、あなた。 今までずっと息子の躾に失敗していたのはあなたなのだから。 あとはお嫁さんに任せて祈るしかないよ。
226: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 22:00:10.56 .net
>>225 そんな息子にしたのは貴方なんだから諦めろってそんな言い方ないじゃない。
230: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 22:06:00.51 .net
>>226 諦めろよりもっとひどいこと言ってると思うけど 相手をコントロールしようと考えるのは形は違えど同じ穴の狢ってことじゃん
227: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 22:00:41.12 .net
俺なら多分覚えない てか覚える暇ないと思うよ あなたもお嫁さんも仕事してないでしょ。 だから暇あるけど父親は日中仕事なんだから暇ないと思うよ
228: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/25(金) 22:01:53.59 .net
私は覚えようと思いますよ、私自身の知的好奇心もそこには含まれますし ただ世の中の多くの方々は学び考え覚える事を放棄しがちですし、 そういった方々に何かを学ばせるというのは まず無理だと割り切った方が良いでしょうね

おすすめ記事情報

まとめ連合

コメント

  1. 名無しの墓場

    仕事があるからしょうがないじゃん!! ボクチン忙しいの!!そんなこと暇なやつがすればいいでしょ!! …ってことか まあ別に効率的には間違いではない 僕は家族に心を割り振らない、金稼いでくるだけのATMで~すって自ら宣言してるようなものだけど ただしこの世は効率だけでできてはいない

  2. 名無しの墓場

    子どもの為に努力する姿勢が見られないってのが一番なんじゃねーの 手話覚えようとしなくても孫とコミュニケーションとろうという姿勢がわかれば不満なんて感じなかったと思うよ

  3. 名無しの墓場

    年齢的にもこの男の脳は女程柔軟じゃないから 新しい言語を覚えるのが苦痛ってことなんでしょ スマホやらメモやらで意思疎通はできるのにって考えがあるかもしれんけど

  4. 名無しの墓場

    すごいよね 「オレはお前の使う言葉を一切覚える気がない お前がオレに合わせろ」 って五体満足の父親がハンデのある子供に主張してるわけだ

  5. 名無しの墓場

    日本手話は無理でも、日本語対応手話くらいは覚えたら良いのに。

  6. 名無しの墓場

    投稿者の息子のように目下格下のために何かをしようとしない人ってね。 多角的視点を持てない自称有能人間には多いよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)