まとめ連合

開けたクローゼットの中には悲壮な顔をした全ネ果の男が!!俺、思考停止…

877: 恋人は名無しさん: 2007/11/03(土) 22:47:11 ID:ir6RsX3aO

>>865続き

俺「何これパソツ」
A子「あ‥‥‥‥最近寝る時に男物のトランクス履いて寝るのにハマってるのw」
俺「何それwww言ってくれたら俺のパソツあげたのに~wどおせコレ履いてるのバレたらからかわれるって思って慌てて布団の中隠したんだろww」
A子「ごめんね~(>_<)」
ああああ‥‥この時の俺の馬鹿馬鹿!!!!orz
勿論最愛の彼女の浮気なんて微塵も考えてなかったのですぐ信じてしまいました。

A子「泊まってくの?」
俺「いや、明日も仕事だからすぐ帰るよ~顔見に来ただけだしね」
A子「そっか!そうだよね!残念だけど仕方ないよね‥‥」
俺「また土曜会いに来るから我慢してなぁ(撫で撫で)」
みたいなことしてたら突然
ガタン!!!!ってクローゼットから音がした。
何か大きい物が落ちたような音がして思わず二人してそっちを見る。

俺「何の音だろ?」
A子「‥‥‥‥」
クローゼットに近づいて開けようとしたが、開かなかった。内側から閉められてるようだった。
俺「あ、多分さっき落ちた荷物がつっかけになってクローゼット(引き戸)開かなくなってるし」
って言いながら扉をガタガタ。
A子「開かないならいいよ!そのままにしてて!」
俺「いいって♪A子一人じゃクローゼット開けれんやろ?」
更に扉をガタガタ。力を込めようとしたその時A子が必タヒの形相で飛び付いてきた
A子「あ け な い で お 願 い !!!!!!」

891: 恋人は名無しさん: 2007/11/03(土) 23:22:41 ID:ir6RsX3aO

>>877続き

俺「どしたん?」
A子「アレな本いっぱい置いてるの!!!!!お願い開けないで!!!!!」
A子号泣。
俺「アレな本ってwwwそんなんで泣くなよ~大袈裟なんだから。そんなんで嫌いにならんよ!」
俺笑いながら扉に力を込めた。
ガタァン!
開けたクローゼットの中には悲壮な顔をした全ネ果の男が。。。。
俺「(゚Д゚)」
A子、しゃがみこんで号泣。
男「あ‥‥‥‥(5秒)すみません‥‥‥‥(5秒)初めまして」

俺の思考は停止した。
号泣する彼女と全ネ果の男を交互に見てやっと答えが導き出せた瞬間、俺は男をナ.グ.り飛ばしてしまっていた。
俺「A子、説明して」
A子「違うの違うの違うのおおぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!私知らない!勝手に入りこんでた!!!!」
男「ふざけんなよA子!!!!」
男がうざかったのでまたナ.グ.ったら静かになった。で、無理矢理男を引きずってA子の横に座らせる。
俺「A子、浮気してたの?」
A子「‥‥‥‥」
俺「ちゃんと話して?浮気相手が部屋にいるのに俺とイチャイチャしたの?」
俺、すげー笑顔だったけど内心グチャクチャでタヒにそうだった。

A子「してない!こんな人知らない!」
A子はずっとこんな調子だったので男の話を聞くことに。男はB男って名前だと名乗りました。
B男「A子と同じバイトしてA子とは知り合った。3ヶ月前にA子から告白してきて彼氏とは半年前に別れたって言われたから付き合ったんですけど。」

俺、絶句。
A子、B男を平手打ち。
A子「なんでそんなこと言っちゃうの!!!!!!」


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)