まとめ連合

俺「下」 男「え?」 俺「パソツも脱げ」 男「えぇ?!」→二又されていた事が発覚し、屈辱的な仕返しをしてやったw

Business man.



5 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 14:22:54 ID:KAuVHuEum

出会いから。
出会いは高校1年の時、彼女の友人が
俺のプリクラを彼女に見せたところ、
彼女に紹介して欲しいと頼まれたことからだった。
紹介したい女の子がいる・・

そう言われても大して期待はしてなかったが、会うことにした。
顔合わせは、男2女2でで地元のお祭りへ行くことにした。

7 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:00:31 ID:KAuVHuEum

人いないのかと思ってた。
では、続き。

待合せ場所に現れた彼女を見て、一目ぼれした。
体中に電流が駆け巡るような感じで、直視できなかった。
彼女は、ビビアンスーを高校生にしたような感じで、
可愛くて綺麗だった。

せっかくのダブルデートも俺が予想外の緊張をしたせいで、
ほぼ会話することができなかった。




9 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:16:02 ID:KAuVHuEum

その日は連絡先を聞くことが出来なかったが、
後日、女友達にメアドを聞いて、次のデートの約束を取り付けた。
デートまでメールでは我慢できなくなり、
電話番号も聞いて毎日電話するようになったのだが、
声まで可愛くて、毎日彼女の事しか考えられない大好きになっ
ていった。



初デートは地元の繁華街でランチして、ショッピングするとい
う普通の高校生の普通のデートだった。
彼女の門限ギリギリまで遊んで、帰りしな告白した。
「大好きです。」
「付き合ってほしい。」
生まれて初めての告白だった。

彼女も俺の告白を喜んでくれたみたいで、
「有難う。」
目にいっぱい涙をためて了承してくれた。


10 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:18:37 ID:ksHmXNqqM

彼女は>>1が初彼氏だったの?

11 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:22:32 ID:KAuVHuEum

俺の前に1人いたが、2週間くらいで別れたらしく、
彼女の中ではカウントしてないみたい。
俺にとって彼女は2人目だった。

13 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:25:44 ID:KAuVHuEum

付き合ってからは週に1回から2回デートしてた。

本当は毎日でも会いたいぐらいだったが、
彼女はスポーツクラブにはいっており、
その練習で多忙な毎日をおくっていたため叶わなかった。

初めてのキ.ス.は、学校帰りの夜の神社だった。
彼女は初めてのキ.ス.だったみたいで、泣いていた。
俺は泣いてる彼女を見て興奮度マックスだった。

14 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:30:30 ID:KAuVHuEum

神社の暗がりで何度も何度もキ.ス.した。
当時童/貞だった俺はその先どうしていいのか分からず
キ.ス.しか出来なかった。
勇気を振り絞って言った。
「今度、家においでよ」
彼女は小さく頷いていた。

その日以降、俺はゴ○の付け方の練習や、
エ○チの仕方を経験者に聞いて勉強しまくった。
そして、遂にその日がやってきた。

15 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:31:51 ID:ksHmXNqqM

パソツはいた!

16 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:35:28 ID:KAuVHuEum

www
再現工口描写いる?


18 :名無しさん@おーぷん :投稿日:2014/08/02(土) 15:42:05 ID:ksHmXNqqM

>>16
まだだ…まだ慌てる時間じゃない…
お願いします!(゚∀゚)

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)