まとめ連合

別れても彼女は俺の事を「まだ未練がましく復縁を迫って きてうざい。」と、言いふらしていた…→おかげで気付いたら俺は救急搬送されていた…



230: 恋人は名無しさん:2008/03/16(日) 01:56:47 ID:dHgGo2P70

投下したいと思います。もう数年前の話になるのですが。
[俺男]当時23歳 N大学生
[彼子]当時20歳 N大学生
・俺男と彼子は同じ大学で知り合い、付き合い始めて2年が経とうとしていた。
[浮男]当時20歳 フリーター
[友子]当時20歳 N大学生 彼子とは親友で俺男とも友達。
・彼子、浮男、友子は中学の同級生で3人とも仲良し。

当時、俺男と彼子が付き合ってもうすぐ2年が経とうとしていた。
もちろん喧嘩もたくさんしてきたが、なんだかんだうまくいってて、「将来結婚しよう」なんて話もよくしていた。

しかし、11月に入り俺男は彼子の異変を感じていた。
俺男のことをこれでもかってくらい束縛する彼子が、ほとんど束縛しなくなった。始めのうちは俺男は自由になれた嬉しさもあり1週間ほど放っておいたのだが、彼子の態度が一向に変わらないことに俺男は次第に不安になっていった。

233: 恋人は名無しさん:2008/03/16(日) 02:10:12 ID:dHgGo2P70

そして俺男は彼子に聞いた。
俺男「なんで最近そんな態度なん?もう俺のこと好きじゃないと?」
彼子「そんなことないよ。まだ俺男のこと好きだよ。」
俺男「でも最近の彼子絶対変だよ。俺は不安だよ。」
彼子「ごめんね。俺男を不安にさせないように私頑張るね。」
と彼子は言ってくれた。しかしそれから2週間ほど経っても一向に彼子は変わらなかった。
その間も彼子に注意しても彼子は前言ったことを繰り返し言うばかり。

もうらちがあかなかったので、俺男は彼子が家に泊まりに来たときに罪悪感を感じながら彼子の携帯を見てしまった。案の定黒だった。俺男が異変を感じ始めた頃から、彼子は浮男って奴と付き合っていた(当時俺男と浮男は全く面識がない)。

そしてメールには信じられない内容も書かれてあった。
彼子は浮男には俺男とは別れたと言っていた。浮男にとって俺男は元彼だった。彼子は俺男も浮男も騙して二又をかけていた。


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)