まとめ連合

出勤準備中、ピンポ~ン。私「ん?」妹「お姉ちゃん、ドア開けて(涙)」→実家に帰りたくないと泣く妹の横に、遠方にいるはずの母が何とも言えない顔で立っていて…



515: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/28(金) 23:09:13 ID:6q1rVPvv

携帯から失礼します。長いです。

何の変わりもない平日の朝、出勤準備をしていたらインターホンが鳴った。
この忙しい時にとドアスコープを覗くと、茶髪のネーチャンがファイルらしきものを持って立っていた。

朝っぱらからセールスかと無視していたら、家の電話が鳴った。
妹からで、「お姉ちゃん、ドア開けて」と涙声。

妹は数年前に結婚していて、隣の区にマンションを購入し住んでいる。
何事かとドアを開けた。




516: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/28(金) 23:10:51 ID:6q1rVPvv

実家に帰りたくないと泣く妹の横に、遠方にいるはずの母が何とも言えない顔で立っていた。
仕事があるから夜にでも話を聞くと言ったが、父と妹の旦那も車で待ってるからと言われ、様子を見に行った。

私には何も知らされておらず、母と妹は泣くばかりで意味が分からなかったので、
父なら何か話を聞けるかなと車に近づくと、
「少し話がある。お前の力がいる。」と言われた。

義弟の実家も隣の区にあったので、両家の話し合いでもするのかと、
まだ出社時間には余裕があったし会社も近いので中抜けするつもりで同意した。


517: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/28(金) 23:12:44 ID:6q1rVPvv

義弟は別の自家用車で来ていて、暗い顔をしていた。
車に乗るやいなや発進し、車中で妹の不倫を聞かされ、どこに向かうのか尋ねたら、私たちの実家だった。

「会社は休めないのでこんな事されたら困る、すぐに降ろせ」と抵抗したが
「家族と仕事どっちが大事なんや!仕事なんか一日二日休んでもどうってことないやろがい!」
と一喝され、母と妹は父の言葉に大きく頷き泣いていた。

市内を出たところで始業時間をまわり、諦めて会社に電話連絡した。
途中、全然知らない所で車が止まった。妹が不倫相手と暮らす家を仮契約したという不動産屋があった。

母と妹が不動産屋に入っている間に、父が言うには、
「父さんたちは年金暮らしだ。妹は不倫相手と暮らすためにイ昔金までした。
返済をどうするつもりなんだ!金がない!!お前の貯金で何とかしてやれ!
いや無理か?!イ昔金をどうするつもりだ!年金暮らしの父さんたちはそんな余裕は無いぞ!」


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)