まとめ連合

単身赴任中の父を訪問。俺(部屋綺麗にしてるなぁ)→1ヶ月後、母から呼び出され帰省。母「お父さんの浮気知ってた?」俺「あっそういえば」すると母が・・・



180: 恋人は名無しさん 2008/07/29(火) 22:55:15 ID:cMu8/AgQ0
俺自身の話ではないので休憩所投下。 
文章変だったらごめん。 

登場人物 

俺:20代前半、大学生 
母:40代後半、保育士 
父:50前後、リーマン 
倫子:20代前半から半ば、親父と同じ職場 

年齢はすべて当時。 

俺は大学生、親父は単身赴任でそれぞれ一人暮らし。 
たまたま親父の赴任先が自分の大学のある場所に決まったが 
お互いに事情もあるだろうということで一緒には住まないものの、
車で10分くらいのところに住んでいた。 
親父は定期的に実家に帰っていて 
時々母の手料理を持ち帰っては息子である俺を呼び、おふくろの味を共有していた。


ある日「肉じゃがを持ってきたから食べにこないか」と呼び出されたので親父のアパートに赴いた。
親父に促され部屋に入るとなんだか様子がおかしい。
普段“汚部屋”というほどではないが決して綺麗とは言い難い様であるのに
この日はなんだか整理されていてとても綺麗だった。
あれ、と思ったが特に気にせず食事を終えた。
親父も俺も元来口数が少ない方なのでまったく盛り上がらない食事だった。

181: 恋人は名無しさん 2008/07/29(火) 22:57:50 ID:cMu8/AgQ0
それから1ヶ月後、母親から電話がかかってきた。
昔からヒステリーなきらいがあり、かつ俺が無口なこともあって電話は苦手。
でも妹か弟の進路か何かのことかなと思って出た(俺は4人兄弟で、妹1は高校生、弟と妹2は中学生)。

「お父さんが浮気してたんだけど! 相談したいから帰ってきて!」
え、親父が浮気? なんだそれ?
テンパる俺。
正直母親のヒスには参るが、妹たち3人の世話をしている苦労もわかるし
ここはひとつ長男の俺がなんとかせねば!と意味不明な意気込みもあり
加えて週末だったこともあって翌日帰省して話を聞くことにした。

182: 恋人は名無しさん 2008/07/29(火) 22:59:40 ID:cMu8/AgQ0
先週末親父が帰ってきたらしい。
ちょっと買い物があるとかで親父が外出、
母は久しぶりにスーツをクリーニングにでも出そうかなと思った。
ティッシュでも入っていたら困るのでスーツのポケットに手を入れる。
すると見覚えのない携帯電話が入っていた。
不審に思い開くと出るわ出るわ、知らない女(倫子)からのメールと着信。
どうやらそれは倫子専用の携帯だったようだ。

母「すぐに問い詰めようと思ったけど、子供たちに聞こえたらまずいから思い止まった。
  あんた浮気してたこと知ってた?」
俺「いや、知らなかった」
母「会社の女だと思うんだけど、どういうつもりなんだか」
俺「そういえばこの間親父のところ行ったけど、やけに綺麗だったな」
母「それ変だと思わなかったの?!」
一時的に俺に怒りの矛先が向けられてしまい、自分の空気の読めなさに辟易した。
午後に予定があったので俺は翌日の午前中に帰った。
ちなみにその週末は親父は赴任先にいた。

それからしばらく日にちが経ってまた母から着信。
どうやら決着がついたらしい。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)