まとめ連合

間男と元嫁に遭遇。すると、俺の妻をみた間男男がパニックに。妻「○○さん(間男苗字)、ご無沙汰しています。」間男「お、おまえ・・・」俺「にやり」

537: 528 2011/04/02(土) 23:23:38.10 0
結婚後も自分は仕事に追われ、なかなか元嫁に寄り添えず、
また彼女が以前程、自分に接しようとしなくなったのは、
全て自分の責任だと思っていました。

そんな生活が続いて3年、夫婦生活もありましたが淡白で、
元嫁から拒否される事が段々と増えてきました。

また仕事や、その付き合いで帰りが遅くなる事も多くなり、
「まさか、浮気か!?」という、疑念が自分の膨れていく様に
なりました。

流石に愛している人間を疑う事にも、罪悪感を感じましたし、
そういう自分に対して嫌悪感を持つようになりました。

それでも疑念は晴れず、また気分は「闇」という底無し沼に
飲み込まれる感覚でした。

538: 528 2011/04/02(土) 23:36:37.83 0
そんな中、ある休日の事。

元嫁は普段は携帯電話を離さず持ち歩くのですが、
近くのコンビニで、買い物をするというので、置いて行った
(置き忘れた?)らしく、そこに電話が掛かって着ました。

着信の名前には「○○部長」と表示されています。
名前も、どういう立場の人間か、どういった仕事をしているのか、
というのも元嫁の話から聞いていますので、どういった人物かは
理解しているつもりでした。

しかし、休日に職場の人間から電話が掛かってくるとすれば、
余程の事か、それか個人的に親しい関係の人間です。

まして本社の部長が派遣社員に対して、携帯電話に連絡するというのは、
仕事上の話ではないと、思いました。

では、「仕事の話ではない」とすると・・・

自分の中にある「疑念」は、「疑惑」へと切り替わりました。

542: 528 2011/04/03(日) 00:02:27.69 0
コンビニから帰ってきた、元嫁。

自分は、何も知らないかの様に「何か、携帯電話が鳴っていたよ」というと、
彼女は一瞬「ハッ」とした顔で、携帯電話がある方を振り向きました。

そして、彼女は急いで携帯電話を取ると、画面を確認していました。
その後、「あ~、仕事の資料をメールするの忘れてたのよ~」なんて、
言っていましたが、自分は彼女の浮気を「確信」しました。

正直、崖から突き落とされた様な、絶望感にたたきつけられました。
「自分達」が気付き上げてきた「信頼」という名の城が、
砂で出来た城の様に音も無く、そして、強風に煽られ呆気なく
崩壊していく様な気分になっていました。

しかし自分は、それを事実として受け入れる事は出来ず、
ただただ何かの間違えだと、そう願って止みませんでした。

544: 528 2011/04/03(日) 00:21:33.76 0
あの「確信」から、約2週間程した頃・・・

「確信」はするものの、まだそれを「現実」として受け止められない自分。
仕事が捗らず、無駄に残業の時間が延びって行きました。

そんな状態の自分を心配した上司が、「今日はもう帰って、休め。」と、
午後7時頃に声をかけてくれ、自分はそこ声に甘える事にしました。

午後8時位には、自宅に着いたのですが、部屋の明かりは点いておらず、
人の居る様子もありません。

普段なら、元嫁も居る時間のはずなのに、それが居ない。




自分に対してにすら、もう何も言葉が出ませんでした。

そっと部屋の鍵を閉め、静かに表に出ます。

546: 528 2011/04/03(日) 00:35:45.33 0
後は全力で走りました。
が、ほんの50mもしたら、息切れして歩くよりも遅くなりましたけど・・・

とりあえず居酒屋で酒を煽って、どうしてこうなったのか考えました。
考えましたが、結局「答え」は見つからず、行き場の見つからない
激しい感情が自分の中で渦巻くばかりで、埒があかないと思い切り上げ、

その後、カラオケボックスに突入。
ただただ、「泣き叫びたかった」って理由からなんですけどね。
「泣き叫ぶ」のではなく、「泣き咆える」ってのが、正しい表現なのかもしれない。
大泣きましたよ、本当に人間じゃない様に。

その姿が、あまりに異様過ぎたらしく、店員に何度も声を掛けられましたが。

550: 名無しさんといつまでも一緒 2011/04/03(日) 03:55:52.78 0
泣くシーンはいいから、大逆転のシーンを早く

551: 528 2011/04/03(日) 10:12:02.07 0
これから先日、間男達と会った時の事、まとめます。
長くなると思いますが、よろしくお願いします。

あれから今までの事などを書いておきます。

あの件で、双方の夫婦は離婚。
元嫁と間男は多額の慰謝料を払う事に。

この一件で、元嫁は親に勘当され、実家には戻れず、
仕方なしに、間男と一緒になったらしいです。

また、された側の傷は深く、特に間嫁さんは自殺未遂までする始末。
間娘は、父親(間男)を嫌いになり、母親(間嫁)と一緒になる事に。

その後、ぶち切れた間娘さんが間男の会社に凸したらしく、
不倫が会社にバレ、元嫁は派遣元を解雇され、
間男は地方の寂れた支店に支店長として移動になったと、
間娘に聞ききました。

自分は、多少なり間嫁さん達とは、電話とかしていたのですが、
自殺未遂事件を切っ掛けに、二人との接点を増やす事に、
それから二人に懐かれ、昨年秋に間娘と入籍。

そして、先日、あの二人と遭遇・・・

こんな感じです。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)