まとめ連合

仕事人間の父を毛嫌いしていて…大学入学が決まり一人暮らしの準備をしていると、母「コレ持っていきなさい」俺「何、これ?」母「お父さんが書いたのよ」→



572: 素敵な親父たちへ 2005/03/26(土) 01:22:11
自分、今年大学2年で親父ではないのですが、ここのスレずっとROMさせてもらってました。 

高校生くらいの時から全く親父と会話をしなくなりました。 
親父は調理師なんですけど、俺が受験間際の時に転職して、 
朝は俺がまだ夢見心地の時に仕事に出かけ、帰ってくるのは俺が熟睡している頃で、 
日曜以外は全く顔を合わせない生活になったんです。 
この頃特に理由があったわけでもないのに、親父が大嫌いでたまりませんでした。 
どうせ前の職場からリストラでもされて、転職先で朝から晩まで 
こき使われてるんだろうとか思ってました。 

去年の春、遠くの大学に入学する事が決まり、一人暮らしを始める事になったんで、 
色々準備をしたり荷物などをまとめてた時に、母親が「コレも持っていきなさい」 
ってアルバムみたいなものとノートと通帳をダンボールの中に入れてて… 

見送りの時は母親だけで、仕事人間の親父は来ませんでした。 


新しいアパートでそのダンボールを開けて、
母親が入れてくれたものを出してみたら、
アルバムは俺が小さい頃の物で、親父と風呂に入ってる写真だったり、
親父の腕にぶら下がってる写真だったり、親父の膝の上に座って2人でテレビに
釘付けになってるような写真ばかりでした。

ノートには、米のとぎ方からチャーハンの作り方、煮物の作り方、ケーキの作り方まで
色々な料理の仕方が何十ページにもわたって書いてありました。
通帳には百万以上もの大金が入ってたんです。

573: 素敵な親父たちへ 2005/03/26(土) 01:25:26
同封してあった母親の手紙には、
「そのノートはお父さんが寝る前に
あいつは米の炊き方も知らないだろうからってコツコツ書いてたもの」
「その通帳のお金は○○(俺の名前)がイタリアに留学したがってるのを
知って一生懸命働いて貯めてたもの」
「そのアルバムはお父さんが○○のことを誰よりも愛している証拠」って書いてありました。

俺は何がなんだか訳が分からなくて、自分が憎いやら悲しいやらで
その一晩は全然眠れずに泣いて過ごしました。

ちょうど今から一年前の話になるんです、もう。
今ではすっごい料理上手ですよ俺。コンビニ弁当とか外食で
済ませた事ないっすから。

一人暮らし始めて1年ですが、一度しか実家帰ってないんですよ。
去年の夏休みに帰郷した時、親父に何て声かけようとか、行きの新幹線の中で
ぶつぶつ考えてたのに、相変わらず仕事ばっかで全然会えないんです。
日曜日も仕事だとかで、俺に会いたくないんじゃんかよとか思いつつも
なんだか悔しかったもんで、親父が帰ってきたら食えるように、
蓮根のきんぴらとかイカと大根の煮物とか軽い物を作っておきました。
次の日、親父は珍しく夕方頃に帰ってきて、開口一番に
本物のパスタの作り方教えてやるって。向こうに行っても俺に恥じないようにって。

574: 素敵な親父たちへ 2005/03/26(土) 01:29:55
通帳の金も相当貯まってきた所で。
今年の4月からイタリアに留学することが決まりました。向こうの大学に入って
レストランで見習いとして手伝わせてもらう事になったんです。
それまで俺の夢は通訳になることだったんですけど…
親父にまんまとはめられたー!料理のノート作ってくれたりした時点で計画的だ…_| ̄|○
本物のパスタの作り方を教えてくれた辺りは確信犯。

今の俺の夢は調理師になること。

ムスコンさん達のレス読んで、感動して、だから記念に書き込みさせてもらいました。
読みづらい上に、かなーりの長文でスイマセン。

息子たちを変わらずに愛してやってください。小さい頃の愛くるしさがなくなって
でっかい反抗期が訪れる日がくるけど、大きくなればきっと、必ず、俺たち息子は
親父さんたちに愛してくれてありがとうって感謝します。

さて。夜な夜な仕度でも始めるか。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)