まとめ連合

【2/2】旦那がペットの猫をオモチャにして死なせてしまい→自分で殺したのに旦那号泣。そしてまた次々と買ってきては殺し…→遂に標的は私へ…

前編はこちら
【1/2】旦那がペットの猫をオモチャにして死なせてしまい→自分で殺したのに旦那号泣。そしてまた次々と買ってきては殺し…→遂に標的は私へ…

※結末なし

381: 復讐 2012/04/25(水) 13:53:22.33 0
質問スレでお世話になった者です
あちらでは多数の参考になるレスをいただき、
精神的にも実際に行動する上でもとても助かりました
本当にありがたいです
あちらでお礼を書かなければと思うのですが、だいぶスレを使ってしまい
迷惑だと思いこちらに書かせてもらおうと思いました

復讐より離婚という御意見で少し落ち着き、前回お世話になった
近所の奥さんにも話しておこうと思いました
旦那のいない隙に、ある程度荷物をまとめたり出したりしておきたいと思ったからです
ご近所には見られてしまいますから

人柄のよい信頼できる人で、ザッと経緯を話しました
すると奥さんが納得いったと話しをしてくれました
実は小鳥の時に、掃除機の音を怖がるので、掃除機をかける間ベランダに出しておきます
奥さんの(Aさんとします)Aさんのお子さんがカラスを見張ってくれていたようです
その時に旦那が出てきてパン!と鳴るオモチャ?でカゴの小鳥を脅かして遊んでいたそうです
パン!パンと鳴らし怯えて反対側に逃げる小鳥を指ではじき
フラついたらパン!パン!と鳴らして脅かしを繰り返し
小鳥はカゴの中をぶつかりながら逃げ回り
最後には自分で自分の羽をむしりだしたそうです
それを見て旦那は楽しそうにゲラゲラ笑っていたそうです
Aさんもそれを目撃したことがあり私に話すべきか迷っていたと言われました
私から助けてとメールが来た時に、話さなかった事を後悔したと言われました
逃げるのは賛成だと言われました

382: 復讐 2012/04/25(水) 14:01:51.52 0
一時的でいいので、実家ではなくシェルターに行くよう勧められました
実家の両親を心配してくれたようです
DVとは違うこと、専門家からの正式な(旦那は危険である)という書類がないことでシェルターは難しいと断られました
専門家からの書類をつくるにしても同居を保ち夫婦でのカウンセリングを受けなければならないそうです
そうなると旦那を異常だと思ってると旦那本人に知られた状態で一緒にいなければダメだとなります
弁護士さんの知り合いはいないので、無料を受け付けてもらいました
三ヶ月待ちだそうです

383: 名無しさん@HOME 2012/04/25(水) 14:12:25.31 0
>専門家からの書類をつくるにしても同居を保ち夫婦でのカウンセリングを受けなければならないそうです
>そうなると旦那を異常だと思ってると旦那本人に知られた状態で一緒にいなければダメだとなります

コレものすごく怖いんですけど、シェルター人がほんとにそう言ったの?
シェルターの保護するルールとしてそうなのか、たまたま相談した人が
そう言っただけなのか、どっちなんだろう?
自分の思い込みだけで相手振り回す人も居るからなぁ

385: 復讐 2012/04/25(水) 14:21:14.99 0
>>383
DVや経済DVのようなものではないから、シェルターだけでなく離婚にしてもそうだと言われました

言いたいことはわかるけど、こういった問題だと専門家に見極めてもらい夫婦で治療や改善に向けて協力して努力したがダメだった
というわけでもないので離婚やシェルター以前の問題だそうです
弁護士さんもオールマイティではなく、得意不得意があり、この問題だと離婚弁護士ならいいというわけにもいかないので紹介も難しい
ご自分で努力してみてということでした

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)