まとめ連合

間男と前嫁夫婦『(俺と今嫁の)次男か三男を養子に欲しい』俺「(当然)断る」『なら2人で心中します』→大量の遺言書が送られてきた。




60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 10:48:52.02
唐突だが人が少ない様なので自分の過去と現在少しだけを晒してみる。
ROMは3年くらいしてた。

もう十数年前になるが結果的にサレて離婚、現在は再婚もし、子供も3人いる。
で、未だに前嫁と間男(になるのか)から
中元・歳暮・正月に贈り物と時節の挨拶をかねた接触がある。
仕事柄、前嫁親とは定期的に接触せざるを得ないのだが、
その親が最近倒れて事体がややこしくなって来た。

一月前位に前嫁と間男が当時の仲人をして貰った人物を介して
持ってきた話が俺を憂鬱にさせている。
その話というのが俺の次男か三男を養子に欲しいと言うもの。
無論断わったんだが、前嫁と間男は
叶わぬのなら二人で心中するしかない、みたいな様子で正直重い。

さて、どうしたものかと思案中。



62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 11:04:29.19
>>60
当然kwskしてくれるんだろうな?

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 11:09:53.51
>>60
色々と複雑な人間模様そうだな。もうちょっと詳しく書いてくれるか?

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 12:40:55.91
>>62-63
kwskはめっちゃ長くなるぞ?
基本ROM専だから遅筆だしそれでもいいなら
仕事の合間に書いてみるが。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 12:44:54.26
ばっちこい!

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 13:38:00.98
ある程度フェイクは入れさせて貰う。

俺の家は大した規模じゃないが会社を経営している。
前嫁は幼馴染でガキの頃から仲良く遊んでいた。前嫁家はうちの下請けで
ある意味、親戚よりも親しく付き合っていた。まあ家族同然って所だな。
前嫁は人前では余り自己主張するタイプじゃないが、俺と二人の時は活発な
所を見せたり、甘えた所を見せたりもしていた。

で、いつの頃からか二人は将来結婚して両家の絆は磐石、商売も安泰みたいな
話が当然の様に周りから聞こえる様になった。
でも肝心の俺たちはお互い好きだけどもそれはどちらかと言うとそれは兄妹の様な
感情で恋愛感情ではなかった。でも、将来的に会社を継がなければならない俺は
下請けとはいえ、当時はなくてはならない存在だった前嫁家とうちとの為にも
そうなるのだろうな、前嫁とならそれもいいかなと漠然と考えていた。
前嫁も似た様な思いだったようで二人で苦笑いしながらも、好きな先輩(前嫁の)
との相談なんかも中学の時に乗ったりしていた。この好きな先輩ってえのが後の
間男なんだが、俺より一つ年下なんだが中々の熱い男で俺も当時は可愛がっていた。
当時の前嫁の間男に対する情熱は凄かったなと記憶している。
あ、当時は前嫁と間男は付き合ったりとかはなかった。
二人が出来たのは俺と結婚してからだ。
当時は俺も色々二人がくっ付ける様にアドバイスや協力していたんだが。

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 13:42:35.68
そして俺が高校に進学して2年生の時に生まれて初めて告られたんだが、その時は
余り女に興味がなくてよく知らない相手にそんな気もおきなくて断わった。
この当時も前嫁は憧れの先輩を想い続けていたようだ。

で、大学進学してそろそろ卒業かと言う時に、高校の時ふった女が再度告白してきた。
彼女が同じ大学に進学してきた当初は気まずかったが、
その頃にはもうかなり打ち解けていた。
再度の告白に戸惑った。打ち解けてはいたんだが、
別に好きとかそういう感情はなかったしね。
それでその時に、俺が実家の家業を継がなければいけないこと、
将来的に家業のためにそれ相応の相手と結婚する事になる事、
だから俺と付き合っても未来が見えないぞ等々言って再度断わった。

でも、彼女は結婚なんて考えていない、ただ一緒に居たい等譲らなかった。
その時が来たら切り捨てられてもいいとまで言い放った。
俺はいい加減な気持ちで付き合う事は出来ないから今まで通り
友達というか親友みたいな関係ならばと言ったらそれでもいいと彼女は言った。

それからは一緒に色んな所に遊びに行ったり
様々なイベントに参加したりと大学を卒業してからもつるむ様になった。
でも関係は一切なし、キスすらもしなかった。
付き合ってる訳じゃないのでそういう雰囲気を避けるようにしていたから。
ただ一度だけ花火大会に行った時に手を繋いで欲しいと言われ繋いだ事があるくらい。

この頃になると前嫁から憧れの先輩の話は殆ど聞かなくなった。
話をふってみたところ、

「私にあの人は無理筋だから諦めた」

と言っていた。
告白したのか?と聞いたらしていない、
する以前に無理だからもう諦める、と言う事だった。

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 13:45:30.29
それから1、2年ほど経った位に親父が倒れた。
結構重症で、俺は修行中の身ながらも親父の変わりに
会社を切り盛りしていかなければなら無くなった。

そこで以前からあった前嫁との結婚話が現実味を帯びてきた。
俺はのらりくらりと返事を曖昧にしていた時に、友彼女からメールが届いた。

曰く「前嫁さんと会いました。結婚が決まったんだね、おめでとう。
約束通り私は消えなきゃいけないね。
今まで楽しかった。ありがとう。」

吃驚した俺はどういう事かメールを返したが返事なし。
携帯も出てくれない。その夜前嫁に事情説明を求めた。

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 14:12:33.84
前嫁は泣いていた。

曰く「たか君(俺)はこれから私と結婚するんだよ、、、だから悪いとは思ったけど
あの人に話し合いにいったの、、、」

俺は「お前は好きな人は今居ないのか?」と聞いた様な気がする。
ここら辺は余り覚えていない。
前嫁は「私には今はもうたか君しかいない。
たか君まで居なくなるなんて考えただけでも気が狂いそうになる、、、」

俺は腹を決めた。
友彼女との想い出は忘れ難いし、好きか嫌いかと言えば大好きだった。
でも異性として好きなのかと聞かれれば当時は答えられなかったと思う。
ただ一緒に遊んだり馬鹿話したりして過ごして来た友彼女は間違いなく親友だった。
でも俺を取り巻く状況が友彼女との関係の清算を迫っているように思えた。
だから俺は決断した。

大体半年後くらいだったと思う。俺と前嫁は結婚した。
最初の一年くらいはそれでも二人幸せだったと思う。
だが、それから再開した前嫁と間男が全てを破壊してしまった。


すまん。ちょっと仕事が立て込みそうなんで一旦打ち切ります。
需要があればまた続きを書きます。なければ罵倒して追い出して下さい(w

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 14:24:29.54
>>71
需要はある。罵倒ネタ認定などする奴が現れるだろうが無視してくれ。

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 14:26:10.08
続きを気長に待つ

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 14:15:09.57
すでに前嫁の頭の悪さがうかがえるな・・・

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 14:32:30.28
本人の意志と関係ない状況が整ってたのが一番の不幸だな
その状況にもにょっとするけど会社の事を考えたらどうしようもないのがなぁ

>>72
前嫁は追い詰められた結果縋り付いてきただけだからな
そりゃあ好きではあるけど一番じゃないからいつでも浮気はできる

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 15:30:08.35
するやつはする
しないやつはしない
それだけのことだな

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:47:27.90
遅筆ながら書きます。

結婚から大体一年くらいだったと思う。
その頃俺は慣れない中、海千山千の職人達を仕切りながら
会社経営しなければならないという半人前には過酷過ぎる日々を送っていた。
正直、前嫁親がフォロー&アシストしてくれなければ到底不可能だったと断言できる。
修行中の身で半人前だった俺の後見人の様な事を親身にしてくれた前嫁親には
今でも感謝してもしきれない。

で、ある日の休日の朝、前嫁に昼頃に話しがあるので家を空けないで欲しいと言われた。
何の話だと聞いてもその時に話しますと言って10時頃出かけていった。
昼頃帰ってきた前嫁は隣に憧れの先輩である間男を連れていた。
いきなり玄関先で二人して土下座。
呆気に取られる俺。
こう言う時は不思議なもので、いきなりで意味が解らないながらも
瞬時に「浮気」の二文字が頭の中に浮かんでくるものだなと後から思った。

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:50:48.20
久しぶりに間男と汚嫁にイラっきそうな話しになりそう

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:51:22.32
取り合えず二人を居間に上げ、話を聞いた。
殆ど前嫁が喋って間男は合間合間に申し訳ありません!を
繰り返すだけだったような気がする。

要約すると

・二ヶ月前くらいに偶然二人は再会
・二人はそれまであまり話しをした事はなかったが、
 間男が実は前から気になって居たと前嫁に告白
・前嫁、思わぬ告白に言葉を詰まらせながら感激する
・その夜二人は飲みに行き、嬉しさの余り前嫁は
 我を忘れて楽しい時間を過ごすが、ふと我に返り
 自分がもう結婚していて人妻だと言う現実に連れ戻される。
・俺を裏切ってしまったのではないかと不安に狩られその日はそそくさと帰ったらしい。
 (飲んだだけでそれ以上はなし)
・それから毎日何回も間男から連絡が入る。
 良心の呵責に耐え切れず前嫁は既に結婚している事を告白。
・間男吃驚するも相手が俺だと知ってまた吃驚。
・前嫁は俺を裏切れない、間男も昔世話になった先輩である俺に
 申し訳ないと一時二人は関係を絶つ。
・だが焼けぼっくりに火が付いた二人は再度連絡を取り合うようになる。
・暫くして二人が出した結論は「俺に誠心誠意話して、
 了解を取れたなら二人は一緒になる。それまで二人は
 深い関係にはならない。
 俺が了解しなければ俺に償いをして今度こそ二人は別れる」というもの。

まあ、俺は漠然と前嫁(と間男)の話しを聞いていた。

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:54:02.59
ほう…

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:55:39.27
ほけきょ

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/01(金) 16:57:13.72
日頃の過酷な激務の中の唯一安心出来る休日に
突き付けられた爆弾に咄嗟に判断が出来なかった。
話が一段落した頃に俺はゆっくりと言った
「取り合えず今日は失せろ、、、」
間男は去り際に再度土下座をしてから帰っていった。

それから夜までどう過ごしたか覚えていない。
多分庭に出て何かしてたんだと思う。
夜になって前嫁が泣きながら謝罪してきた。

曰く
「私はたか君と友彼女さんを引き裂く様な最低な真似までして
たか君と結婚しました。それなのに今はまた最低な事をしてあなたを苦しめています。
許してくださいとは言えません、ごめんなさい、、、」

俺はその時、嫁の方は見てなかったともう。
「取り合えず明日実家に帰れ。暫く一人で考えるから」

これだけ言って二階に上がって寝た。

次の日、早朝会社に出向き、伝票を整理しながら
この仕事を続けていく意義を考えていた。
昼頃血相抱えた前嫁親が会社に来て俺を見るなり男泣きに泣きながら土下座して言う。
曰く「申し訳ない、申し訳ない、、、本当に申し訳ない、、、」

俺は意外と冷静に思った。「前嫁が実家に帰って事情を話したか、、、」
取り合えず応接間に通して落ち着くまで待った。話を再開すると前嫁親は

「離婚だけはどうか勘弁してやって下さい。」
「娘は私が責任を持って教育します」
「娘は今冷静じゃない。間男に騙されているんです。」
「どうか見捨てないでやってください。」

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)