まとめ連合

結婚前提の同棲中。彼「結婚資金の為深夜のバイトする」私「嬉しい!」→深夜、糞男「いらっしゃ…」私「来ちゃった」糞男「来ちゃったか…」私(ん?レジ下になんかある?)すると…

795: 3 2009/07/07(火) 19:24:32 ID:na54UIzVO

年末が近くなり、私は仕事が忙しくなった。
毎日残業で、帰宅は11時~0時がほとんど。糞太郎は大学が休みだからと、週6でシフトを入れていた。
そんなこんなで夜は糞太郎と顔を合わせられなくて、寂しかった。
相変わらず行為はほとんどなかった。

仕事納めの日。仕事の仲間内での軽い忘年会のあと、
私はどうしても糞太郎に会いたくて、糞太郎のバイト先に顔を出すことにした。
一度家に帰って一眠りしてからだったので、時間は深夜3時過ぎてた。

コンビニに入ると、誰もいない。「?」と思いつつレジまで行くと、
糞が、のそっという擬音が似合うような動きでレジの下?から現れた。
糞「いらっしゃいま… !? 私子!?」
私「エヘヘヘ、来ちゃった」
糞「おお~…来ちゃったのか~…」
糞は明らかに動揺してた。私は、何か隠してる…と思いつつ、糞の顔をじっと観察。
糞「忘年会どうだった?今日も寒いね…ってか眠いね…」
妙に不自然な世間話。喋り方もこわばってるし。
それで、観察を続けていると、レジの下からデカイ物音がしたので、私は上半身を乗り出してレジの下を覗いた。
たぶんこのとき、糞がダメ!とか言ってたと思う。覚えてないけど。

レジ下。
下半身すっぽんぽんの女(30代後半くらい…)がハイハイの格好で、こちら側に尻向けたまま、私のこと見てた。


798: 恋人は名無しさん 2009/07/07(火) 19:27:14 ID:MTFb03js0

糞太郎ワロタw
支援


799: 恋人は名無しさん 2009/07/07(火) 19:27:32 ID:+BdmkiUi0

>>795
>下半身すっぽんぽんの女(30代後半くらい…)がハイハイの格好で、こちら側に尻向けたまま、私のこと見てた。
ガリガリ君噴き出しそうになったwww


801: 4 2009/07/07(火) 19:29:07 ID:na54UIzVO

そのときは頭真っ白で、状況も何がなんだかよくわからんが、とにかくショックだった。
3人とも数十秒間固まってたと思う。
私は震えながら、「お邪魔しました」とだけ言ってコンビニを出て行った。

このとき何考えてたかはあんまりよく覚えてない。
まあ、あいつらずっとヤッてたんだろうなって、私は裏切られてたんだなって、頭ではわかっていたけど、
それを認めたくなくて、何か事情があったのかも、とか、
必タヒで糞を正当化できる事情を考えてたと思う。今思うとどんな事情だよ。
で、なぜかダッシュでコンビニに戻ってしまった。本当、何考えてたんだろう。
ダッシュで店内に入ってレジの裏側に回った。

糞と女、レジ裏の視覚で合.体.してた。
二人ともすごい間抜けな顔だったよ。

  ( ゜д゜ )
   (ヽヽ)
    >_| ̄|( ゜д゜ )

↑本当にこんな感じw

糞を思いっきり蹴っ飛ばして、踏みつけて、「もう帰ってくるな!」って言い捨てて逃げた。
女が「何すんのよぉおおお!!!」みたいなことを叫んでた。
家に帰って、思いっきり泣きました。泣きまくって、水をガバガバ飲んで、明け方に寝た。

次の日、お昼ごろに目が覚めた。糞は帰ってきてないみたいだった。着信もなし。
私は何かに取り付かれたように、夢中で糞の荷物をゴミ袋とダンボールにまとめた。
取りに来なかったら実家に送ってやるか、程度に考えて、玄関の前に放り出しておいた。
気を紛らわせたくてずっとドラクエやってたけど、あんまり面白くなかった。


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)