まとめ連合

俺「嫁と間男さん、ぶっちゃけ不倫してるっしょ?」間男「俺が不倫なんかするはずないだろう!貴様、恥を知れ!」俺、証拠写真を出して間男に『恥』を教えてあげたwwww




612: 2009/10/24(土) 00:16:27
いきなりですが、投下してよろしいかな?
618: 2009/10/24(土) 01:39:23
とっても長くなりそうだ……。すんません。


登場人物
年齢等は当時ね。

俺 25 普通のサラリーマン。
嫁 25 専業主婦。今では元だけど。
間男 32 
俺父母
嫁父母
嫁兄

俺と嫁は大学時代からの付き合いで、在学中に婚約。
俺就職決まり、卒業後すぐ結婚。
嫁は就職せずそのまま主婦に。就職したい気持ちとかは無かったらしい。


嫁の様子がおかしいと思ったきっかけは、まぁ様々。
服装が派手になったり、派手なシタギ買ってたり。
もちろん俺が派手好きとかはない。
最初は「趣味が変わったのかな?」程度にしか思わなかった。

ある日、残業二時間ばかしして帰る時に、家に電話入れとこうと思って
携帯開くと、嫁からメールが。
内容は友達と飲みに行く。今夜は遅くなる。というか友達の家にお泊りする。
そのころ多かったんだよね、友達との飲み会が。
さして気にもしなかったけど、若干の違和感を覚えつつ帰宅。

620: 2009/10/24(土) 01:50:09
それからは何事もなく、二週間程経過。
その日は朝出かけに嫁から友達家にお泊りすると言われてた。
はいはいと了解し、出社。
ちなみに、その友達ってのは俺らの共通の友人。友人と言うか知り合い程度の仲。
だから、嫁がお泊りしに行くってのに若干違和感があったのです。
まぁ、女同士だから学生時代は意外と仲良かったのかも?とか思ってた。
そして、その日の昼休み。携帯開くと嫁からメールが来てる。
以下原文ママ。
「今日は定時で帰れるんだよね?早く会いたいな(ハート」

……何かがおかしい。とりあえず俺に送るつもりの
メールじゃないよな?と思い、嫁に「何の話?」と返信。
すかざず嫁から
「ごめーん。今日お泊りする友達に送るつもりが間違えちゃった。」
まぁそうだろうなと思いつつ、やっぱりおかしい。女相手にハート使うのか?
いや最近は使うのか…?というか「今日は」ってなんですか。まるで毎日会ってるみたいな……。

その時はそのまんま何もせずで終わったけど、俺はやっぱどっか引っかかるものがあった。
数日後、帰宅して家いるときに、嫁が風呂入った。
都合良く携帯は居間で充電中。
見るかどうか迷ったが、長風呂派の嫁を信じて、見た。
ロックしてなかった。
そしたら、まー出るわ出るわ。もー真っ黒。ド真っ黒。
以下一部抜粋。

「今日会えるね(音符の絵文字)」
「早く会いたいわー。この間買った奴着てきてね」
「えー恥ずかしいよー。透け透けなんだもん」
とか
「ごめん、ゴム買ってきて」
「もうエントランスまで来ちゃったよ~」
「じゃあ今日は生かな?ハート」
「安全日だから大丈夫」
こんなん。
とりあえず俺の携帯に転送して、その晩は何事も無かったかのようにやり過ごした。

622: 2009/10/24(土) 02:03:09
翌日、友人のつてで興信所紹介してもらって速攻で調査依頼。
ちなみにその友人相手の有責離婚でバツイチ。

当初は二週間お願いするつもりだったけど、結果的に一週間で済んだ。
つまり、証拠が揃っちゃったんだよね。予想を超える速度で。
写真見たけど、手つないでラブホ入る写真とか、車内行為とかもう満載。
その時点で悲しいとかは全く無くて、あーやっぱりって感じ。
間男の素性もすっぱ抜いてた。32歳妻子持ち、若干32歳にして某企業の部長クラス。
まぁちっちゃい企業なんだけどね。ついでに言うと俺の会社の下請け。

またまた例の友人に弁護士紹介してもらって、証拠見せて、作戦会議。
とりあえず、嫁実家間男宅間男会社に内容証明送付してもらうことにした。
あと、実家に行って証拠見せて俺両親に報告。
親父ものすっごく険しい顔してた。お袋は泣いてた。
親父が一言。「徹底的に、やれ。」言われなくともやりますとも。

作戦会議から一週間たった。明日内容証明が一斉に届く手はずになってる。
俺は何事もないように過ごしてた。表面上は。内心は、いつ首絞めてやろうかと、もう大変だった。
その日、嫁は例の「友達」とお泊り。家にいてくれなくて逆に気が楽だった。
俺内容証明届いた後に嫁追い出して引っ越そうと思ってたけど、
とりあえず服とか最低限必要なもの持って家でてビジホに泊まった

625: 2009/10/24(土) 02:20:42
で、次の日。何事もなく出社、そして帰宅。
携帯開くと、着信履歴29件。
嫁からが大半だったけど、嫁実家からも来てた。とりあえず嫁実家に電話。
「もしもし、俺ですが。」

嫁父が出た。

「一体どういう事なんだ!!根拠はあるのか!?」
「あります。とりあえず指定した日時に俺実家に集まってください。」

こんな感じで通話終了。そこに嫁から電話。とりあえず出た。

「もしもし」
「ちょっと!どういうことなの!?嫁実家から電話来たのよ!」
「だろうねぇ」
「だろうねぇじゃないわよ!一体何なのよ!」

ばれてないと思ってんのか、こいつ?

「まぁ落ち着いてよ。話は俺の実家でしよう。ご両親も呼んだから。」
「あ、あと間男さんも連れてきてよ。逃げんなよ。」
「逃げるわけないじゃない!間男さんまで巻き込んで!
 ただじゃおかないわよ!離婚よ!」

こっちから願い下げだっつの。
とまぁこんな感じで、三日後に俺実家にて会議を開くことになったのです。


三日後。
朝8時に全員集合。
嫁間男嫁両親うるさかった。

「侮辱よ!名誉棄損よ!」
「会社にまで迷惑かけやがって!覚悟しろ!」
この時点で間男は俺会社との関係を知らない。
まぁ、俺とは直接つながり無い部署だからなぁ。

会議開始。
俺「本日は突然申し訳ありません。
  お集まりいただいた理由は内容証明にある通りです。
  具体的には、嫁と間男さんの不倫関係を疑っています。
  お二人、異議はありますか?」
嫁「あり得ないわそんなこと!間男さんは友達の旦那で、
  決して不倫関係なんかじゃないわ!」
間男「ふざけるな!俺が不倫なんかするはずないだろう!
   恥を知れ!名誉棄損だ!」

てめぇが恥を知れ。

631: 2009/10/24(土) 02:46:13
俺「では、こちらをご覧ください。」
俺、件のメールを印刷した紙を全員に配る。

嫁間男、目が点。顔色明らかに悪い。
嫁父「……なんだこれは……。どういうことだ!!!」
嫁「なによこれ!こんなのでっち上げよ!俺が勝手に作ったのよ!ふじこふじこ」
間男「……。そ、そうだ!でっちあげだ!」
嫁母「俺君、いったいなにがしたいの!?こんなことするなんて、何が目的なの!?」
ここまで、俺両親無言。

632: 2009/10/24(土) 02:47:13
俺「そうですか。2人はこのメールは
  偽物だとおっしゃるんですね。では、こちらをご覧ください。」

爆弾投下。ラブホ、車内行為写真配布。

嫁間男真っ青。嫁父顔真っ赤。嫁母真っ白。
わー赤青白だー、なんて思って見てた。

嫁父「なんだこれは……。なんだこれは!!!!
   お前、今まで言ったことは嘘なのか!嫁!!」
嫁「違うの!違うのよ!あたしは悪くない!
  悪いのは俺ちょあsんfでうあいうぇdfr」
間男「そ、そうだ!俺たちは悪くない!
   悪いのはお前だぁぁfけwまにう、」
 
間男、おまえはなにか独自の意見を言えないのか。
嫁の言い分だと、寂しかった、家事ばかりの単調な毎日に刺激がほしかった、云々。
てめぇが専業を選んだんだろうが。あ、俺とか俺両親とか嫁両親は嫁に就職勧めたんですよ。
でも、嫁が
「あたしは家庭をしっかり守りたい。家事もちゃんとこなしたい。
温かい家庭を云々」って言って、
結局就職しなかったんだな。せっかく大学出たのに。

で、嫁間男がファビョってると、嫁父嫁にビンタ。間男に蹴り。

嫁父「貴様ら、大の大人が何を言ってるんだ!
   自分のしたことが分かってるのか!お前のような娘は勘当だ!
   二度と家の門をくぐるな!」
嫁「待って!違うの!遊びなの!私は俺を愛してる!
  だから只の遊びなの!許して許してbvygtcふrygヴ」

嫁父また嫁にビンタ。嫁号泣。間男うなだれてる。ざま―みろ。

嫁父「俺君、本当に申し訳ない。私たちの育て方が悪かった。
  嫁には誠意ある謝罪をさせる。私たちからも、
  謝罪をさせていただきたい。本当に申し訳ない。」

嫁父母土下座。情けない。
ここまで俺父母無言。

633: 2009/10/24(土) 02:48:41
俺「義父さん、嫁には当然慰謝料その他の謝罪をしてもらいます。
  もちろん間男にも。
  しかし、あなた方からの謝罪を望んではいません。
  むしろやめていただきたいとさえ思っています。
  嫁は最低な事をしましたが、義父さんたちには
  感謝しています。
  ただ、その関係がこういう形で崩れてしまうのは、
  本当に残念です。」

就職の時、嫁父に助けてもらったんだよね。
そういう意味での感謝。人柄も好きだったし。

嫁父「そうか……。とりあえず、嫁にはきっちりけじめをつけさせる。」
嫁「………」
嫁なんか喋れよ。

とりあえず、具体的に慰謝料の話もすることにした。
俺「嫁に500万、間男に1000万請求します。
  あと財産分与は無し。マンションは解約する。」
嫁「そんな!払えないわそんな額!違法よ!」
間男「馬鹿げてる!」

嫁父またもやビンタ蹴り。嫁黙る。間男怯えてる。

俺「分割でも良いんで払ってください。
  それ以上の妥協はしません。もし文句あるなら
  裁判でもなんでもどうぞ。」
間男「裁判だけは困る!しかしこの金額はおかしい!」
嫁「そうよ!裁判したってこんな金額とれないわよ!」
俺「だから文句あるんなら裁判するって言ってんだろ。
  あ、裁判記録って知ってる?残るからね。」
嫁間男「………。」
俺「あと、支払いが滞ったりしたら即刻訴えるから。
  きちんと払ってくださいね。」

2人とも観念したのか、弁護士作成の書類に署名・捺印。

634: 2009/10/24(土) 02:50:19
とりあえず今日はここまでにしておきます。
修羅場はこの後も続くのですが、それはまた明日という事で……。
明日はもっとスムーズに投下できるように頑張ります。

支援・レス下さった方、ありがとうございます。
それではまた明日。

635: 2009/10/24(土) 02:52:57
>>612
いつの話?

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)