まとめ連合

ダメだとわかっていても義父の巨根が忘れられず快楽に溺れてしまう私・・・

今年のお盆も母のお墓参りで実家に帰ってきました。

帰れば義父(母の再婚相手、57歳)に抱かれるのは分かっているのに、、、

主人の転勤で田舎を離れて10年。初めて田舎に帰ったのが3年前の母のお葬式でした。

その翌年、また翌年と母の法事が続き、去年のお盆初めて義父と関係を持ちました。

主人は仕事で先に帰り、実家には私と私の子と義父だけでした。

2階で子供と眠っていると、いつの間にか私の布団に義父が入ってきていました。



蒸し暑い夜だったので、私はタオルケットを跳ね除けパジャマだけで寝ていました。

当然寝るときはブラジャーを着けないので、上は半袖のパジャマだけ。下もパジャマのズボンとショーツだけでした。子供のほうを向いて横向きに寝ていたので、私の背中に義父が張り付き、右手を後ろから私の前に回し胸を触っていたのです。



胸をやさしく揉まれやっと気付いた私。でも声を出すのも忘れていました。

それは、昔から義父は優しく、私が憧れていた男性だったからです。

義父の右手は私の胸に止まらず、股間をも触ってきたのです。



最初はパジャマの上からだったのですが、義父の左手が私の左肩と枕の間から前に出てくると、両手を使ってパジャマの上着のボタンを外し、乳房を揉んできたのです。それでも私は恥ずかしさで声も出ず、眠ったふりをしていたのです。



もうその頃になると、義父も私が起きているのに気付いていたと思います。

私はきつく目を瞑り、声が出ないように手で口を押さえ、体を硬くしていたからです。

義父はそんな私の仕草をいいことに、今度は左手で胸を揉みながら右手をパジャマのズボンの中に入れ、ついにはショーツの中にまで入れてきたのです。私は足をきつく閉じました。



でも義父の右手はそれだけで止まらず、少しづつ私の股間を刺激してくるのです。



義父の右手が私の一番大事なところに入ってくるのにそれほど時間がかからなかったと思います。

その頃には私のお尻にも硬いものが当たるようになり、胸、股間、お尻と3箇所から攻められていたのです。



そして、右手の指が私の中をかき回すと、いつしかピチャピチャと湿った音と共に足の力が抜けていきました。義父はそれを察知すると、今度は右手だけでパジャマのズボンとショーツを脱がしにかかったのです。



パジャマのズボンとショーツと同時に前のゴムのところを下に下げると、今度はお尻のゴムの部分を下げ、今度は前を、、、、それを何度か繰り返すうち、パジャマとショーツはお尻から脱げ、あとは義父の手によってスーッと下げられ、足から抜かれていったのです。



でもそれは義父だけの力ではなく、私自身が足を折り曲げたり伸ばしたり、足を浮かしたりしたたまものなのです。

すると今度は私の後ろのほうで義父がごそごそとし始めたのです。その間も義父の左手は私の胸を揉んでいます。



しばらくし後ろの動きが納まると、義父は私の右手を持ち私の後ろへ持っていくと今度はなんと義父のペニスに導き、握るように仕向けるのです。

私のお尻に当たっていたあの硬いもの、それは私の主人より太く長いものでした。



(こんな大きいものをお母さんは入れていたの、、、、こんなの入らない、、)

それは私が思っていた以上の大きさでした。

義父はそれを私に握らせると私の手を持って前後に動かすように指示するのです。



私が黙って義父のペニスを扱いているのをいいことに、今度は義父は私の右足を大きく持ち上げると、義父の右足の上に置き両足を開くようにして股間を触ってきました。

「ああ、、、、」

その晩、私は初めて発した言葉に私自身驚き、すぐに左手で口を押さえ指を噛んで耐えたものでした。



義父の左手は私の胸へ、右手は股間へ、そして私の左手は私の口へ、右手は義父のペニスを握って扱いているのです。

そんな時間が5分も続いたでしょうか。急に義父がペニスを持っていた手を離すようにすると、私の右足を大きく上に持ち上げると、ペニスを私の股間にあてがってきたのです。



そしてゆっくり私の中に入れようとするのです。

(ああ、、お義父さん、そんなの入らない、、)

「う、、うう、、、」

それでも義父は腰に力を入れ、ペニスに手を添えて私の中に、、、

(ああ、、、痛い、だ、だめ、、裂けちゃうわ、、)



それでも何とか義父のペニスの先が私の中に入ったような気がしました。

(ああ、お義父さん、無理よ、そこまででやめて、、、)

すると今度義父は私の胸を揉んでいた左手を肩から抜くと、上半身だけ私の背中から離れ、私の両足を私のお腹の前で抱え込むようにし両手で私の腰を掴むと、一気にペニスを私の中に入れてきたのです。



「ああ、、、だめ、痛い、、、」

それは声にならないほど小さな声でした。

いくら子供が出てきた穴と言ってももうそれは3年前のこと。今は主人のものしか入れていないのに。それでも不思議なもので、しばらくペニスを入れたままじっとし、それが慣れた頃義父がゆっくり動くとしばらくは痛かったものの、それにも慣れて今度は気持ちよくなってきたのです。



(ああ、、どうして、どうしてこんなに、、、、)

「うう、、ううう、、、、、、、、、」

私は声を聞かれまいと必死に手で口を押さえていました。

義父はそんな私にかまわず、だんだんと前後に動く動作を速くしていくのです。



もうその頃になると義父の腰と私のお尻がぶつかる音に混じって、私の股間からはピチャピチャと濡れている音がしていました。

(ああ、、だめ、このままいってしまいそう、だめ、お義父さん、、、)

「、、、、、、、」

「ゆりこ、ごめんな。ゆりこ、ごめんな。うううう、、、」



義父の動きがだんだん速くなってきました。

(ああ、お義父さん、いい、いい、ゆりこもういきそう、、ああ、、)

「、、、、、、、、、、、」

「ゆりこ、ゆりこ、いくぞ、いいか、、、、、」

(ああああ、、いい、いいわ、いく、いく、お義父さん、、、)

「、、、、、、」

「ゆりこ、、、いく、、、ううう、、」

「ああ、、お義父さん、、」



義父は行く瞬間、ペニスを私の中から抜いてくれました。義父の精液は痙攣している私のお尻に何筋もの線となって垂れています。

そしてしばらくすると、義父は何も言わず私たちの部屋から出て行きました。



私も疲れてしまってお尻に付いている精液を拭くことも出来ず、そのまま眠ってしまいました。

これが去年のお盆のことでした。



もともと義父は口数の少ないほうで、母が生きていた頃は何とか普通の家族のように会話をしていました。それでも良く義父と話したなと思った後考えてみると、何時も母が会話の中に入っていた感じでした。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)