まとめ連合

大好きな彼女と甘酸っぱい初体験の思い出


高校2年のクラス替えで寛美と同じクラスになったんだ。

寛美は雑誌のグラビアに何度か水着で掲載されたことがあってうちの学校ではちょっとした有名人。もちろんめちゃくちゃ可愛いよ、学校のやつらはみんな雑誌みながらぬいてたもんな。もちろん俺も毎晩のように抜いてた。

ちっちゃいヒモビキニやかなりきわどいハイレグ水着が俺のお気に入りでそのページはすりきれそうになってたよ

でも一年の時は別のクラスだったし俺はサッカー部でなんだかんだ忙しかったから

寛美と知り合うキッカケなんかなかったし廊下ですれ違ってドキドキしてるだけだった。

当時も今もそうなんだけど気に入った女の子には声かけずらいんだよね、

そんなこんなで1学期はあっという間に過ぎ夏休みも何もないままただただ部活に追われる日々。

おまけに夏休みの終わりには足の指にヒビいれちゃって練習も出来ないまま見学続き。

2学期が始ると3年は部活を引退しちまうので俺等2年の天下になる。

もちろん見学なんぞやってられねぇから部室でさぼってタバコふかしてた。

でもその日は部室の見回りがあるとの情報を得てとりあえず教室でさぼることに・・・

放課後の教室は誰もいないだろうと思ってたらなんと寛美が一人ポツンと座ってた。

「あれ?タカシ君練習さぼってるの?あ、怪我してるんだよね」

ニコニコ笑いながら声を掛けて来たのは寛美だった。

「ああまぁね」とぶっきらぼうだなと思いながら俺がこたえる

「今日はね、S子の家に遊びにいくからS子の部活終わるのまってるの。

一人で暇してたからよかった」と相変わらずニコニコしている。

同じクラスになってからたまにおはようとかって声はかけられたことあるけどまともに話すのは初めてだったから

妙に俺は堅くなってるのに寛美はなんで平気なんだろう?とかまじでかんがえちまった。

その後も俺は「ああ」とか「まぁ」とかしか返事出来ずにいたのに寛美はなんだかいろいろ喋ってくる。

真近で見る寛美のかわいさにあらためて感心させられた。

「ねぇタカシ君ってあたしの写真みたことある?」と急に思いつめたような表情で尋ねられた。

「ああ、まぁ・・・」

「ねぇどう思った?」

「いや、いいと思ったよ・・・」精一杯の返事だ。

「ホント?」急に明るい表情に変わり、続けざまに

「どの写真がよかった?」と質問をぶつけてくる。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)