まとめ連合

先輩の目について、全裸でトランポリンに縛り付けられ、弄ばれた思い出→今じゃ快楽の虜…


私って、いじられ体質?


やせてるのにD。上から83・56・85色白、華原朋美似。身長155、髪サラサラ。あそこは黒い。


平凡に生きたいだけなのに。


彼氏が一人いればいいのに。


 


実は昨日、彼氏に合コンでの事が伝わり、「そんな女じゃないと思ってたのに」とふられました。


だから、カミングアウトしまくって消化するつもりでここにきてます。


なんでも答えちゃいます。


 


初めて貫かれてしまったその日は、いつもの部室と違って体育倉庫でした。


「脱ぎな!」って、いつもの顔触れ(女5人)に言われ、嫌がると蹴りを入れられ仕方なくセーラーを脱ぎ体育着になると、「全部だよ!」って怒鳴られる。


下着になった時点で「勘弁してください」と土下座をしても、「全部って言っただろ!」とサッカーボールを投げられた。


泣くのは悔しくて、がまんしながら全裸になると、「でかいじゃーん」って、胸をつねられた。


「やめてください」しか言えなくていると、「トランポリンの上に寝なよ」って言われ、座ると押し倒されて、3人に手足を押さえ付けられ、叫んだら口に私の靴下を詰められた。


1人に両乳首をいじられ、1人にクリトリスをつままれて、ビクッとなった時に涙が出てきた。


 


ひもで縛り付けられると、1人が出て行った。


クリトリスをいじられ「うっうっ」と声が漏れると「あんた感じてんの?オナったりしてんじゃないの?」と、嘲笑される。


しばらく乳首とクリトリスをいじられ、


A「おっ!濡れてきた。ほんとに処女かよ」


B「確かめちゃいなよ」と胸を鷲掴みにしながら言うと


A「初めてが女じゃかわいそうでしょ」と笑う。


 


その後もしばらくいじられ、私のあそこはすごく濡れた。


口の靴下を取られても、嫌がると言うより、恥ずかしいのと気持ちいいのとで、「うっうっ」と声を洩らした。


ジーンと痺れる感覚に教われかけた時、出てった女が「こんなに居たよ(笑)」と、何人かの男を連れて帰ってきた。


「いやー!見ないでー」と叫ぶ私の足を、開脚する様に縛り直し、


「処女のあそこ大公開!」


「しかもアイドリング済。濡れ濡れでーす!」と笑う。


 


男からは「おー!やべえ!」


「お前らひどいなー」


「俺が濡らしたかったー」


「濡れるとこ見たかったー」


「おっぱいでけー」と歓声があがる。


恥ずかしくて目をぎゅっとつむり続けた。


 


胸にむしゃぶりつかれ、ふとももを撫で回され、男の一人が「入れていい?俺、この子に目つけてたから、俺が処女奪いたい頼むよA」と聞こえた。


A「だめだめ。まだ処女なんだから。あたしは処女のくせに感じてるコイツが見たいの!」


A「あたしすっごい事思いついちゃった。ちょっと買い物してきて!」と誰かになんか頼む。


「すげえ!すぐ買ってくる」と一人が出てった。


 


その間も、今度は主に男に胸やクリトリスをいじられる。女とは違う。


思わず「あっあっ」と声が出てしまうと


A「声出てきた!もっとしなよ!」と煽る。


その頃には、恥ずかしいのに加えて気持ちいいという感覚も覚えてきてしまってた。


どうしよう。いやなのにどうなってるの?と思ってた。


 


がらっと扉が開き、「買ってきた!」と誰かが帰ってきた。


「エロ本でしか見たことねーよ!すげえ!」と歓喜があがると、私の胸とあそこに何か液体が垂らされた。


甘い匂いか漂って、すぐにチョコだときづいた。


こんなにまでいじられても、舐められはしなかった私のあそこ。


「俺が一番ね」と誰かがひと舐めしてきた。


生まれて初めての舌の感触はザワッとした。


それまで散々いじくり回されてしびれていて、「ヒァ」と声が出てしまった。


 


一度ひわいな声が出てしまうとそれからは声がとまらなかった。


「チョコ塗られて舐められて感じてるよコイツ!変態(笑)」と女達が嘲笑する。


「新チョコだ!ちょーえろい!」と胸とあそこを舐め回される。


 


「俺も俺も!」と代わる代わる舐め回され、チョコがほぼ舐めつくされると、


女の誰かが「誰かコイツ、イカしちゃってみせてよ」と言うと


「じゃぁ俺が!」とクリトリスをひと撫でして、「お前ら乳首を舌の先だけでチロチロ舐めろよ」と言うと、


ビクンッとなってしまうソフトタッチで両乳首をチロチロ舐められ、


クリトリスは、私から出続けるヌルヌルの液体をたくさん塗られ、ソフトタッチで擦るような感じで高速に指が動かされた。


 


あそこが熱くなってくるのを全身で感じ、ジワーンとしてきて、爪先に自然と力が入り、頭の中が真っ白になると同時に、ビクンッとして全身に動悸が走った。


「うわ!この子、2分もしないでイッちゃったよ。エロい体だなぁ!」と言い、歓声があがる。


波打つ快感に、恥ずかしくてぎゅっと目をつむって涙を流していると、誰かがクリトリスをつまんできた。


私が何か叫ぶと、「かぁわいぃー!たまんねー」と、更に激しくいじられて、またすぐにさっきの感覚が戻ってきて、昇りつめてしまった。


 


しばらく脱力していると「誰が一番でかいか」と、話しているのが聞こえた。


「あんたが一番でかいね」とみんなで笑いながら話している。


A「一気にいきなよ!」と聞こえると、膝を曲げてひきずられ足を大きく開かれると、ドンッと何か衝撃がきて、激痛が脳天まで走り「ギャーっ」と叫んだ。


しばらく何かが出入りする度に痛かった。


 


「すげぇ濡れてるから超きもちいー!もぅイキそう」と言うと、動きが早くなった。


すると、どこか、気持ちいい場所に当たってきて、悲痛の声は「あっ」と、いやらしい声に変わってしまった。


すごい早さで動かれたすぐ後に何かは引き抜かれ、お腹の上に液体が放出された。


 


「血が出てるよ。喪失おめでと!」とA先輩に言われ「死んじゃえ!ばか!」と叫ぶと頬を叩かれ「気持ちよがってたくせにむかつくんだよ!」と怒鳴られた。


別の女が「みんなでやっちゃいなよ!」と言うと、次の人がすぐに入ってきた。


さっきあんなに痛かったのに、ちょっと気持ちいい。いやらしい声が洩れる。


「実はコイツ好きモノなんじゃん?調教調教」と女が笑う。


動かれてる内にほんとに気持ち良くなってきて、次の人の頃には声が出っぱなしになっていた。


次の人が入れる前に拘束が解かれ、後ろから入れられた。


 


ひと通り終わると疲れからか、ぐったりとした。


女が「コイツ、まだイクのかな」と言い、クリトリスを女に攻められた。


さんざんの行為の後のそれは、気持ちいい事を抵抗する気にもならない程気持ちよくて、またイッてしまった。


その時、無意識に「だめ!またイッちゃうから!」と叫んだらしく、携帯のムービーに録画された。


「あー面白かった」と言い、「ムービー撮ったから。人に言ったら流すからね」と脅された。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)