まとめ連合

私 「一番最悪だったのは、キモヲタに誘拐された事かな、死ぬ寸前までいったし」女「キモオタはどうしたの?」私「え?当然殺したよ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 00:58:45.05 ID:32roN0rr0

偶然立ち寄った酒場で、幼馴染と出会った。


「いやあ、久しぶりね、幼稚園の頃以来だっけ?」

「元気してた?」

「私?私は、まあ、元気よ、今は」

「え、昔に比べてイメージが変わってるって?」

「うーん、そりゃあ君が引っ越してから、まあ色々あったからねえ」

「色々は色々だよ」

「まあ、大抵は悪い事ばかりだったけどね、あははは」

「一番最悪だったのは、キモヲタに誘拐された事かな」

「いやいや、ネタじゃなくて本当の話」

「死ぬ寸前まで行ったからね」

「え、生きてて良かったって?」

「……」

「まあ、確かにそうだけどね」

「けどさ」

「世の中には、死んだ方がマシだって思うような事だって、あるんだよ」

「ん?私を誘拐したキモヲタがどうなったかって?」

「そりゃ……」









「殺したよ、ちゃんと」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 01:04:27.79 ID:32roN0rr0

あれは、君が引っ越してから数ヵ月後くらいの頃だったかな。

町で、お母さんと逸れちゃったんだよ。

1人で心細くて、寂しくて。

道路の端で蹲って、シクシクシクシク泣いてた。

道路は色んな人が行きかったけどさ、みんな忙しそうで。

私を助けてくれる人なんていなかった。

そんな中、声をかけてきたのが……。


「ふ、ふひっ、お嬢ちゃん、1人なの?」


キモヲタだった。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 01:11:58.05 ID:32roN0rr0

キモヲタ「お嬢ちゃん、ふひ、ひ、ひとり、なのかな、ふひっ」

幼女(ふえええ、気持ち悪い人が話しかけてきたよぉぉ)

幼女(怖いよぉぉ、ふえええ)

キモヲタ「た、た、た、たたけっ、たけっ」

幼女(ふええええ、何か言ってるよぉぉぉ、解読不能だよぉぉぉ)

キモヲタ「た、たけ、助けて、あげようか?」

幼女「……」

キモヲタ「ど、どう、かな?ん?ん?」

幼女(ふえええ、やっぱり気持ち悪いよぉぉぉ)

幼女(けど、助けてくれるって言ってるし、案外優しい人なのかもしれないよぉぉ)

幼女(他の人達は全然助けてくれる様子はないし、ここはこの人に助けて貰うのが最善手かもしれないよぉ)

幼女「……うん、たすけて」

キモヲタ「ふ、ふひっ、かわいい、かわいいなぁ、よおし、助けてあげちゃうぞ、ふひっ」

幼女(けど、やっぱり気持ち悪いよぉぉ)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 01:18:40.31 ID:32roN0rr0

幼女「ママがね、ママが、いなくなっちゃったの」

キモヲタ「そ、そっかぁ、ママがいなくなったのかぁ、そっかぁ」

幼女「さがしてくれる?」

キモヲタ「だ、大丈夫、ママの居る所、知ってるから、ふひっ、こっち、こっちだよ」

幼女「わぁい」

キモヲタ「……」キョロキョロ

幼女「?」

キモヲタ「な、なんでもないよ、ほら、行こうね、こっちだよ、ふ、ふふ」グイッ

幼女「い、いたい、いたいよっ」

キモヲタ「しーっ、あんまり大きな声出しちゃだめだからね、しーっ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 22:18:47.62 ID:32roN0rr0

幼女(ふぇぇぇ、やっぱりこの人、怖いかも)

幼女(手汗も凄いよぉ、ベトベトだよぉ)

幼女(けど、手を振りほどいたら怒るかもしれないし)

幼女(そ、それにママと知り合いだった言ってたし、大丈夫だよね?)

キモヲタ「そ、そうそう、大人しくしててね、ほらこっち、近道だから、ふひひひ」グイグイ

幼女(が、我慢だよぉ、もうちょっとの我慢)

キモヲタ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

キモヲタ「もう少し、もう少しで、ふ、ふひひ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 22:22:05.09 ID:32roN0rr0

キモヲタ「さ、ここだよ、入って入って」

幼女「……ここ、知らない家だよぉ」

キモヲタ「つ、疲れたでしょ、ここで休憩出来るからさ、ね?ほら早く」

幼女「け、けど」

キモヲタ「早く!」

幼女「ひっ!?」

キモヲタ「早く早く早く早く早く早く早く早く!早く!入って!」

幼女「ふ、ふえぇぇぇ……」グスッ

キモヲタ「泣くな!早く入ってって!」ドンッ

幼女「ひゃっ!」


バタンッ

ガチャガチャ


キモヲタ「はぁ、はぁ、はぁ」

幼女(ふ、ふえぇぇぇ、結局知らない家に押し込まれちゃったよぉぉ)

幼女(暗いよぉ、怖いよぉぉ……)グスッ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 22:33:24.01 ID:32roN0rr0

幼女「う、うぅっ、マ、ママは?」グスッ

キモヲタ「ハァ、ハァ、ハァ」

幼女「ママはどこ?」

キモヲタ「ハァ、ハァ、ハァ、マ、ママ?」

幼女「し、知り合いだって……」

キモヲタ「ああ、ママ、ママね、知り合いだって言ってたねさっき、ふひひひ」

キモヲタ「確かに知ってるよ、ふ、ふふふ、何時も見てた、遠くから」

キモヲタ「き、君、市内の幼稚園に通ってるよね」

幼女「う、うん」

キモヲタ「あの幼稚園の制服、可愛いよね、今日は私服なのが残念だけど、ふひひひひひ」

キモヲタ「いやいやいや、私服も可愛いけどね、うん、可愛いなあぁぁ、じゅる」

幼女(ふえぇぇぇ、ジロジロジロジロ眺められてるよぉ)

幼女(気持ち悪い……)

キモヲタ「けど、けどね、知り合いじゃないんだな」

幼女「え?」

キモヲタ「こっちは向こうの事を知ってるけど、君のママはこっちの事を知らないと思うよぉ」

キモヲタ「何時もバレ無いように見てたからねぇ」

キモヲタ「そのお陰で、君を家に連れ込めた、何時も、何時も何時も何時も妄想してたように」

キモヲタ「あああ、けど本当に可愛いなぁ、まるでお人形さんみたいだ!」

キモヲタ「可愛いなあ!可愛いなあ!可愛いなあ!」

幼女「ひっ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 22:43:45.85 ID:32roN0rr0

幼女(ママの知り合いじゃ、無い?)

幼女(なのに何時も見てた?何を言ってるの?)

幼女(ふぇぇぇ、意味がわからないよぉ)

幼女(意味不明で怖いよぉぉ、ママの知り合いじゃないなら、どうして私を)

幼女(私を家になんて)

キモヲタ「……可愛い……可愛い……可愛い」

幼女「あ、あの」

キモヲタ「……可愛い」

幼女「ママの知り合いじゃないなら、帰ります……」

キモヲタ「……」

幼女「あの!」

キモヲタ「……駄目」

幼女「けど、けど私、ママを探さないと」

キモヲタ「駄目!」

幼女「ひっ」

キモヲタ「駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目!駄目!」

キモヲタ「帰る?そんなの駄目に決まってんじゃん!君は外に出ちゃダメ!出れないよもう!」

キモヲタ「そんな事、言っちゃだめだよ!帰るなんてさぁ!そんなこと!」

キモヲタ「折角さぁ!家に来てくれたんじゃん!その努力をさぁ!無駄にするつもり!?」

キモヲタ「絶対駄目だから、絶対!絶対!ああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

幼女「あ、あわわわわ」ガクガクガク

キモヲタ「ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」


ガンガンガンガン


幼女(ふぇぇぇ、壁とか窓を凄い勢いで叩いてるよぉぉぉ)

幼女(暴力的だよぉ、野蛮だよぉ、テレビで見たゴリラさんみたいだよぉぉ)

幼女(怖いよぉ、怖いよぉぉぉ)ガクガク




おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)