まとめ連合

「俺って…イケてないですかね..」ドウ貞を装って女の子と行為を繰り返すやり手な男wwwww


偽りの童貞 バイトの先輩編





俺がーーーー



自分が童貞だと偽って女性達と性交を繰り返すようになったきっかけ。



それは19歳の頃のバイト先の女性との出会いに始まる。





その先輩は1つ上の20歳。

名前は藤枝貴子と言い、俺と同じように地方から出て来て一人暮らし。



入学してすぐにそのバイトを始めた俺にとって、同じ境遇の彼女とは気があった。



彼女と同じシフトに入る事はそれほどなかったが、シフトが合うと、暇を見つけては一人暮らしの苦労などを話すような仲になった。





ある日、バイト先で飲み会があった。



参加したのは20名くらい。



それでも居酒屋での1次会が終わると、2次会のカラオケに行ったのは俺とその先輩を含めての8人くらい。



大体が一人暮らしで、帰宅の時間を気にしないで良いやつらで、近くの店に雪崩れ込む。





当時、俺は19歳だったが、カラオケでも幾らかは飲まされた。



それでも、何かと厳しいのは皆承知しているので、あまり勧められる事はない。



その点、1つ上の先輩、藤枝さんは当然のように勧められ、そして飲んだ。

また、周りのやつらにも相応に勧めた。



だから、カラオケになだれ込んでものの30分程で、皆ぐでぐでに酔っ払い、歌を歌う者、ソファに寝転ぶもの、歌はそっちのけで話をする者などそれぞれ。





そんな状況でも、俺は何曲か歌った。



誰も予約を入れないため、必然的に続けて歌う事になる。





(ふうっ….)





さすがに疲れてソファに座りこんだ。



隣には例の先輩。





「坂倉くーん。おつかれ。」





先輩は、頬を赤くして、にっこりと俺に微笑んだ。



そして、



「ねぇねぇ…..」





手を伸ばし、俺の頭の上に乗せる。



「うん…かわいい..」





ぽんぽんと何回か叩いた。





「何スカ….?」





突然の行動に驚き、尋ねた。



先輩が話す。



「なんかー…..」



「ね….」



その、俺を見る目は明らかに年下の人間を見る目。



悪い感じではなく、温かく見守るような..





「俺…俺だって…..先輩と、1つしか..」



そう反論したが、最後の方は声が小さくなった。



先輩が再び俺の頭をぽんぽんと叩いたから。



「ふふ….」



「そんな風に、ムキになるのも…かわいい」





先輩は、相変わらずの視線を俺に送っていた。







ちなみにこの先輩、同い年の彼氏がいる事は知っていた。



その彼氏は一度バイト先に来た事があった。



「貴子、いる?」





いかにも運動部というようなマッチョで、日に焼けたスポーツマンタイプの男だった。



そんな彼が先輩を呼び、俺は控え室にいる彼女を探しに行った。





「誰…?」



怪訝な顔をした先輩。





だが、そのスポーツマンを見て、



「やだー…」



と反応し、彼を伴ってどこかに消えた。





(?)



その時、俺は彼が先輩のなんなのかよく分からなかったが、レジにいた子に聞くと、あれは藤枝さんの彼氏なんだ、と説明を受けた。



「ふぅーーーん..」



特に残念に感じるわけでもなく、知り合いの彼氏を見て、ああ、あんなのがタイプなんだ、と思うような感じ。



それは1ヶ月程前の事だった。







そんなわけで、俺は先輩に頭をぽんぽんと叩かれても、カラオケで隣にいても、狙う、とか意識するとか、そういう感じにはならない。





ちょっといいかな…くらいには普段から思ってはいたが、あのマッチョな彼の事を思い出すと、自分とは違うタイプだし、なんだか嫌な気持ちになったので敢えて止めておいた。



だから、俺は彼女のスキンシップに対して、少しドキドキし、そして少しムッとした。





(なんだよ…)





心の中で少し反発する。





そのうち、誰も予約を入れなくなった。



そろそろ、という空気になり、結局カラオケは1時間程でお開きになった。



「さ、帰ろ帰ろ。」



促されて店の外に出る。





俺は先輩と一緒に学生向けのアパートが広がる駅の反対側へ歩いて向かう。



他にも数人が同行する。



皆酩酊していて、ほとんど会話は無かった。



「じゃあね..」



「じゃ…」





1人、また1人と別れていく。



そして最後に残ったのは俺と先輩。

位置的には、俺の家の方が近かった。





さすがに、その時点で0時近い事を考えると、彼女を1人にするわけにはいかず、家まで送っていく事になる。





「ありがと…」





その旨を告げると、先輩が短く礼を言った。





俺は彼女の言葉に、敢えてぶっきらぼうに答えた。



「いえ…」





ただ、内心は、深夜に酔っ払った女性と2人きりの状況に少し戸惑っていた。



さっきのカラオケでのスキンシップも微妙に作用した。





(なんか…)



(妙な…)





少しだけ、彼女の後ろを歩いた。



ちらっちらっと様子を伺う。



そして、緊張感が高まって、耐え切れなくなり..



「あのー…」



と話しかけた。





「何..?」





先輩が振り向いた。

相変わらずの酔った顔。





「あ…あっ…..いえ….なんでも…」



「ないです…」





俺は頷いて、どもった。





「ふふふ…おかしー。」



「もしかして….」



「緊張、してる?」





先輩はそう言い、足を止めた。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)