まとめ連合

男「残念ながら落とさせていただきました」ネトラレに目覚めた俺は嫌いな男と妻が落ちるかの賭けをすることに・・・



松田「はい。今日はですね担当が替わる事と、私がこの地区全体の責任者になったものですから、ご挨拶がてらよらしてもらいました。」

と言い前任者と今度の担当者を紹介し、少し世間話して帰りました。

帰った後

私「何かあの人変わったよな」

妻「は? どうでもいいわ 嫌いだわ」

私「だよな」

四月上旬の頃はまだこんな感じです。

それが二ヶ月後には身体を許すまでになるとは想像もつきませんでした。

しかも長年嫌ってた男性にですよ。

松田が来社して二日後位に新しい担当から電話がありました。内容は

「現在使用しているPCのOSが来年の四月でサポートが終了するので

PCの更新と新しく自社開発した積算ソフトの導入を含めた見積りをさせて下さい」

とのこと。

やむ得ないことなので「オッケー」をだし、技術者と共に次の月曜に来社してもらうことになりました。

その日は妻が休みなのを知っていたし、松田が来ても大丈夫だと思い月曜にしました。

月曜日

予想してた通り松田も同行して来ました。

松田「おはようさん」

さん?ございますだろ普通

私「ああ、おはよう。わざわざエリアマネジャー様に来てもらうほどの事でも無いでしょうに」

ちょっと嫌味を言ってやりました。

松田「またまたあ。綺麗な奥様に会いに来たんですよ。ははは」

私「はいはい、お上手、お上手。で、今日はどうしたの?」

松田「厳しいですね、あはは。まあまあ、とりあえずこれどうぞ」

と差し出した手土産。

見たことのある包装紙。

そう地元では有名なケーキ屋の包装で中身は妻がよく買ってくるチーズケーキでした。ん?

松田「お好きですよね」

私「よく知ってますね」

松田「営業一筋30数年。あはは私の情報網、舐めてもらっては、こまりますぞ専務殿。がははは」

確かに、私は彼のことは全然知らず、どこにでもいる営業マンだと思ってたのも事実です。

松田「で、今日、ご夫人は?」ご夫人って誰だよと思いつつも

私「あ、ああ今日休み」なぜか動揺

松田「それは残念無念。好物のケーキ買ってきたのに……ふー」

とため息。このため息は「今日の契約は無理だな」という諦めのためいきです。

私「残念でしたね(笑)。三文判で良ければ私押しますよ。ケーキは責任をもって私が全部食べときます」

とからかってやりました。

松田「まあまあ、とりあえOSはいいとして、大変便利なソフトが出来たのでちょっとやってみてください」

と言い、技術のお兄さんにバトンタッチ。

かれこれ一時間、説明と実際に使ってみたところ大変気に入りました。

私「で、お値段は」

営業「月二万のリースで七年でどうでしょう」

私 「いらね」笑いながら

すかさず松田が

「まあまあ専務殿、お値段のほうは私がもうちょっと何とかしますから、何とか専務のお力で……高いだけのメリットは十二分にございますから是非ご検討願います。」

この辺りのやり取りが以前とは違うような気がします。

以前は、(これだけの良いソフトを安売りしてまで、使って頂かなくて結構)てな感じのオーラを出してた人だったんです。

そこまでする必要性も無かったんでしょうね。

今はどこのメーカーも同等であとはいかに安く提供できるかですから、大手メーカーといえど油断してたらわからないですからね。

私「どの位下がります?」

松田「検討して後日見積りを持たせます。それよりお腹空いてきたんで昼食に行きましょう。……おっとその前に今のPCのスペックをちょっと調べときますね。オイ」

と言って技術の兄さんに調べさせました。

この時です。後でわかったことですが、のちに松田が妻を口説くことに対して、私が協力的にならなければいけなくなってしまう事が起きたのです。

技術者「すみません専務、このランケーブルってどこ行ってます」

私「ん?どれどれ」

と言って机の下に潜り込みました。

その時松田にお尻を向けてしまったんです。そうです。

この日妻が休みなのをいいことに女性用のショーツを穿いていたんです。

クロッチ部のラインが綺麗に出ていたそうです。

ショーツを穿くときは注意はしてるんですが、ついうっかり。

私「あ、これ社長の家まで仮に引いてあるので気にしなくていいよ」

技術者「じゃ対象外で良いですね」

私「もちろん」

応接用の椅子に戻った私を松田は鋭い目をして見てました。

私「あれ、勝手いじっちゃダメだった?」

松田「いえいえとんでもございません。さっ、食事行きましょう」

食事しながらゴルフの話になり、次の土曜日にプレーすることを約束して、その日は別れました。メンバーはお任せしました。

話をいろいろ聞いていると、そんなに嫌な人じゃなく、長年営業してるだけあって話のネタはいくらでも出てきました。

私はむしろ好きになりました。

松田も私のことをもっと堅物な人間だと思っていたそうです。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)