まとめ連合

変態中学生が本能に任せて女子の下着を探した結果… プールの時間があったお陰で俺に親友が出来た。

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:58:44.037 ID:Nv+zm6PW0.net


>>44

いいやつだった



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:59:39.300 ID:W2c/8E9C0.net


「そのパンツ、酸っぱくていい匂いがするよな」

ここまでの名言は中学生じゃ出せない



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/16(木) 00:00:20.534 ID:NAtWayyn0.net


すぐにその場を離れた俺たちはその日の放課後、隣町のファミレスで集まり変態談義に花を咲かせていた。

山田はゆいとは付き合っていなかった。イケメンだけど女に対して口下手な山田はゆいの恋愛対象外だったそうだ。

側から見たら面白い光景だっただろう。見るからに陰キャラの男と、イケメンがエロ話で大いに盛り上がっているなんて。

俺たちはあっという間に仲良くなった。互いにエロ情報を提供し合うことで、性の知識も凄まじくなった。

こんな2人だ。あの計画が生まれたのも自然だったのかも知れない。



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/16(木) 00:02:11.878 ID:3//HxbLg0.net


こういう汚い青春の方が綺麗事の青春より爽やかw



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/16(木) 00:04:02.378 ID:NAtWayyn0.net


ある日いつものようにエロ話をしていると、山田は心底後悔してる様子でこういった。

「俺あの時イッてないんだよな~」

あの時とはもちろん、変態同士の友情が芽生えた日である。確かにあの時、山田は俺の登場によってオナニーを中断していた。

「だからもう一度忍び込もうと思う」

そういった山田の顔は決意に満ちていた。

俺たちの通う学校ではプールの授業は2年で終わりだ。今は9月。ゆいのパンツを嗅げるチャンスも、あと、僅か。

俺だって、再びゆいのパンツを嗅ぎながらオナニーしたかった。

だから、山田が女子全員のパンツを盗もう!と言い始めた時、俺は半ば呆れながらも協力を引き受けた。



この時、俺たちはまだ中2だったんだ。

だから、それが大きなリスクを伴う事に気づけなかったんだ。



おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)