まとめ連合

AV借りるときだけ同じ女店員のレジに並び続けた結果→女「毎回借りてくものが企画物か、ある女優さんのだけですね」

47: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)19:53:56 ID:zexUZEyq7


一週間後


友「お前、さっそくビデオ借りに行こうってすげえな」

男「いいからさっさと選べよ。特別に千円クーポンを使わせてやるから」

友「オレはもう前もって選んであるけど。お前は?」

男「ちょっと待って。まだ決めてない」

友「……腹いてーな。悪いけどこれ借りといて。先に寮に戻るわ」

男「じゃあ、財布忘れたから千円貸して」

友「ほい。そのかわり、千円貸すからオレが三枚な」

男「それぐらいは許してやろう」




51: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)19:58:52 ID:zexUZEyq7


男「店員さん、オレがきましたよ」

女店員「……」

男「ちょっとちょっと。なんでそんなにムスっとしてるんですか?」

女店員「きっちり一週間後に、しかも私のシフトのときを狙いすましてくるんだな、と思って」

男「だってもう店員さんに会いたくて会いたくて」

女店員「はいはい。で、今日もこういうのなんですね」

男「前にも言いましたよね?
  ボクが好んで借りようとしてるわけじゃないって」

女店員「ふーん」

男(相変わらず股間がキュンとする氷のような瞳だぜ!)

女店員「そういえばひとつ、謝らないといけないことがありました」

男「ほう。それはいったい?」

男(まさか!)

男(冷たくしてゴメンね、実は私あなたのことが……みたいな展開か!?)




52: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:01:41 ID:zexUZEyq7


女店員「一週間前に渡したクーポン、今日使いますか?」

男「もちろん! 店員さんがくれたものですからね!」

女店員「へえ」

男(あれ? なんで今回はニヤっとしたんだ?」

女店員「実はあなたにクーポンを渡したとき、言い忘れたことがあったんです」

男「言い忘れたこと?」

女店員「それ、実は五枚で、じゃなくて四枚で千円だったんです。ごめんなさい」

男「なあんだ、そんなことかあ。気にしないでくださいよお」

女店員「いちおう、私のミスなので。本当は謝りたくないですけど」

男(それなら大した問題じゃないな。……いや、でも待て!)

男(今オレは千円しか持ってないッッッ!)




53: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:04:45 ID:zexUZEyq7


男(つまり、この五枚の中から一枚減らさなきゃダメなのか)

男(まあでも。アイツのを一枚減らしゃいいか)

男(でもなあ、今回は金借りてるしなあ)

男(そうなると。オレは自分のAVを減らさなきゃいけないのか)

男(イヤだなあ)

男(せっかく一週間ぶりに借りるんだし、今回選んだ二枚は両方ともよさげだしなあ)

女店員「ずいぶん悩んでますね」

男「ええ、まあ……」

女店員「友達のビデオなんて適当に選べばよくないですか?」

男「いやいや。だってこの中にはボクの選んだ作品もありますし……あっ」

女店員「やっぱりね」

男(まさかこの店員さん、オレをハメたのか!?)

男(この人じゃなくて! オレがハメられた!?)




56: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:07:05 ID:TGsUeqNW0

女店員…たいした奴だ




57: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:08:30 ID:zexUZEyq7


男「と、友達のだからこそですよ!」

女店員「五枚もあるんだから、適当に選んでもいいじゃないですか」

男「ぐっ! ボクをハメたんですね……!」

女店員「こんな簡単な手に引っかかるとは思いませんでしたけどね」

男「そ、それでもボクは認めませんよ。証拠はないんですからね!」

女店員「私は素直な人が好きです」

男「実はボクもAV借りようとしてました!」

女店員「素直ですね」

男「はい! やっぱりウソはいけませんよね!?」

女店員「あ、あの……顔が近いです……」

男「あ、すみません」




58: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:12:37 ID:zexUZEyq7


女店員「あの店員さんのビデオも、やっぱりあなたが自主的に借りたんですね?」

男「はい、そうです……。つい出来心で」

女店員「やっぱりサイテー」

男「ち、ちがうんです。ボクは店員さんの恥ずかしがる顔が見たくて、つい」

女店員「もっとサイテーです」

男「ですよねー」

男(勢いにまかせて全部ゲロっちまった。もうおしまいだ)

女店員「エッチなビデオが好きなら、この店にときどきそういう女優さんが来たりしますよ?」

男「マジですか!?」

女店員「ええ。ああいう人って自分の出演してる作品を借りにくるみたいです」

男「すげえ!」

女店員「急に元気になりましたね」

男「そりゃあもうね!」




60: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:16:24 ID:zexUZEyq7


男「もうこの店ににずっと張り付いてますね!」

女店員「絶対にやめてください」

男「またまたあ。本当はボクに来てほしくてその情報を教えてくれたんでしょ?」

女店員「いいえ。急に元気がなくなって、不気味に思ったからです
    勘違いしないでください」

男「じゃあそういうことにしておきますよ、へへへ」

男(ちょっと待った)

男(なぜそんなAV女優が来るなんてことを、この人は知ってるんだ?)

男(男ならともかく女って、AV女優にに興味ないよな?)

男(ま、まさかこの人……)

女店員「なんですか?」




62: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:20:50 ID:zexUZEyq7


女店員「汗ビッショリですけど、大丈夫ですか?」

男「早まらないでください!」

女店員「な、なんですか!? 肩をつかまないでください! あと顔近いですっ///」

男「店員さんみたいな美人がAVに出るなんて!」

男「せめてキャバクラのほうがいいですよっ!」

女店員「はい?」

男「ご両親も、店員さんがAV出てるって知ったら悲しみますよ!?」

女店員「あの、さっきからなにを勘違いしてるんですか?」

男「だって! AV女優が来たら、その人がAV女優だってわかるっていうから!」

女店員「あのねえ。ちがいます。同じバイトの先輩が教えてくれるの、いちいち」

男「…………そ、そうなんですか。ですよねえ」

女店員「ていうかなに?」

女店員「その手のビデオに出そうな人に見えるってこと、私は?」




63: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:23:25 ID:zexUZEyq7


男「め、滅相もございません!」

女店員「べつにいいですけどね。あなたにどう思われても」

男(そりゃあそうだ。AVに出演だなんてなあ)

男(でもこの人がAV女優だったら、それはそれで興奮するなあ……でへへ)

女店員「……ひとりでなにニヤニヤしてるんですか?」


男(いやしかし、それだとなんだか寝取られたような気分だな)

男(画面越しに犯される店員さん)

男(そしてなにもできずに、ナニするオレ)

男「うううぅ……」


女店員「なんで今度は涙目になってるんですか?」




65: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)20:26:01 ID:zexUZEyq7


男(しょせん童貞では男優には勝てないということか! くっそ!)

女店員「顔が怖いんですけど。聞いてますか?」

男(もう風俗デビューしようかな)

女店員「もしもーし……えいっ」

男「ふわぁぉ!? な、なにするんですか!?」

女店員「ちょっと首に手を当てたぐらいでオーバーですよ」

男「ボ、ボクは首が弱いんですからねっ」

女店員「聞いてませんし、聞きたくもありません。
    というか急にどうしちゃったんですか?」

男「すみません、なんか自分の世界に入ってました」

女店員「まあなんでもいいですけど、今回の期限はどうしますか?」

男「七泊八日じゃなくていいんですか!?」

女店員「なんかもうどうでもよくなりました」




おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)