まとめ連合

肉親に見捨てられた女の子を保護した・・・。どうして捨てられたのか聞いたら壮絶な家庭環境が明らかになった。

1:


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:12:54.25 ID:ZHB95xhe0

男「………うちに何か用事?」

少女「………」

少女「………」フルフル

男「………」

男「………そう」

男「………」バタン

少女「………」

男(鍵がなくて親の帰りでも待ってたのかな)

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:19:11.82 ID:ZHB95xhe0

男「………」カタカタカタ

男「………………」カタカタカタ

男「…………………………ふぅ。ちょっと休憩」

男「コンビニ行くか」

ガチャ

男(……まだいた)

少女「………」

男(……あれから3時間だぞ?)

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:25:26.44 ID:ZHB95xhe0

男「……………部屋の鍵もってないの?」

少女「………」

少女「………」フルフル

男「……………」

男「風邪引かないうちに部屋に帰った方がいいよ」

少女「………」

男「……………」

男(コンビニ行こ)



1:


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:31:25.68 ID:ZHB95xhe0

ーーコンビニ

男(女さんがいないと途端に手抜きになるな)

男(もともとの性格がだらしないんだろうな)

店員「460円になります……はいちょうどですね。ありがとうございましたー」

男(ついでに明日の晩飯用にスーパーで食材買って帰るか)ピポパ

男「……もしもし。女さん?明日の晩飯なにがいいですか?」

女『愛情たっぷりのラブカレーにして!』

男「カレーですね。了解です」

女『ただのカレーじゃないわよ!ラブカレー!隠し味にラブジュー』プツン…ツー…ツー…

男「……さて、手早く買って帰るか」

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:37:23.54 ID:ZHB95xhe0

ーー自宅

男(飯食ってもう2時間ほど勉強して寝よ)

男「………」

男「………………まだいる」

少女「………」

男「…………」

男(……関わり合いになるべきじゃない)

男(所詮は赤の他人だ)

男「…………」ガチャ…バタン…

少女「………」


1:


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:44:20.17 ID:ZHB95xhe0

ーー翌朝

ガチャ

男「………さすがにいないか」

男「………」

男「……なんだったんだろうな」

ガチャ

婦人「あら。おはようございます」

男「あぁどうも」

男(……6C号室の人か。ここに住んで日が浅いからか初めて見たな)

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 13:52:19.37 ID:ZHB95xhe0

ーーバイト先

女「やあやあ今日も元気かね勤労ボーイ!」

男「お早うございます。今日もテンション高いですね」

女「いやー昨日は忙しくてオ○ニーできなかったからエナジー溜まっちゃってさ!生理前ってこともあってムラムラし」

男「やめろ絶壁女」

女「絶壁じゃねー!そんなに言うなら見せてやんよこのオ○ニストめ!」

男「これはこっちに戻しちゃっていいやつですよね」

女「聞けよ!」


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)