まとめ連合

「俺たちのS●Xを見てくれ」友達から信じられない誘いを受けた。友達の彼女とはよく大学で会う仲だった



大学の友人に、「俺たちのS●xを見てくれ」と言われた事があった。

その時は、とんでもない、と断ったがしばらくしてその友人と飲んでいると再び誘われた。


「アツシ、だめかな。この前の」

焼酎を飲みながらその友人、堀川サトシが言った。

「この前のって…?」


思い当たるものが無く尋ねる。

「あの、俺と真理のするの見て欲しいって…やつ。」

「あーー….」

断った事を思い出す。
あの時もこんな感じで飲んでいた。

人の、ましてや親友のS●xを見るなんて。
とその時はそう思った。

だが、その日は少し違って感じた。

「なんで?」

素直に理由を聞いてみる。前はろくに理由すらも聞かなかったように思う。

「マンネリ….つーか、好奇心。かな。」

「人の前でするって…どうなんだろうって。」

サトシは少し考えて言った。

「真理ちゃんは…..どうなんだ?」

サトシの彼女、真理の事はよく知っている。
大学でもよく合うし、第一俺の彼女と友人だ。

「真理は…承知したよ。いいって」

「本当?」

聞き返した。

「うん。 アツシなら、良いって」


少し考える。
サトシの裸…決して見たくは無いが、真理の裸なら…見たい。

密かにいいなって思った事もある。
身長160センチくらい。

茶色がかった長い髪にくっきりとした顔立ち。
女としての魅力は、はっきり言って、俺の彼女より上。

「……よし、いいよ。」


俺は意を決してサトシに言った。
ただし、俺の彼女には内緒だ、という事を条件に。


サトシは早速、真理に電話した。
彼女はサトシの部屋にいるとの事。


しばらくの間、会話をしてサトシが電話を切った。

「アツシ、今から行こうか。」


サトシと俺は残っていた焼酎を飲み干すと、会計を済まし、サトシの家に向かった。

サトシの家までもう直ぐ、というところで言われる。

「ちょっと、準備するからコンビニでまってて。」

「準備できたら電話する。」


俺はセブンで立ち読みして時間をつぶした。
その間15分くらい。

ブブブブブ….ブブブ….


携帯に着信。出ると、

「おう。準備できたから。」

とサトシの声。
ドキドキしながら家に向かう。

(ああ……どうしよ、どうしよ)


サトシの家に行くのに、こんなにドキドキしたのは初めてだった。

がちゃっ…


ドアを開ける。鍵は掛かっていなかった。

「サトシー。入るぞー。」

そう言って部屋に入る。

部屋では、真理とサトシがベッドに座って待っていた。
鍵を閉めてベッドの横へ座る。


「真理ちゃん….いいの?」


パジャマ姿の彼女を見やると、コクンと恥ずかしそうに頷いた。


「じゃ…….」

「アツシ、そこで見ててな。あと、真理に触るのはだめ。」

「…分かった」


少し残念に思えたが、この状況ではそれはどうでも良い。
いつコトが始まるか、どのように始まるか、と生唾を飲んで待っていた。

「真理…いい?」

サトシ真理の肩を持って言った。

「うん…..」

真理はそう言うと、サトシにキスをした。
それがきっかけとなった。


おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)