まとめ連合

「見てよこれ」車内で寝ている人妻のスカートをめくって遊ぶ友達…やがてめくるだけじゃ飽き足らなくなり…


これは俺が人妻である斉藤弘子に挿入してしまった話です。

事の経過からお話しします。

俺は大学に入ってから、とある飲食店でバイトを始めました。そのとき斉藤さんは子供が小さいからということで昼の短い時間だけパートで働いていました。

大学が早く終わってたまに遊びがてら店に行くと、すれ違う程度で本当に「お疲れ様」くらいの言葉を交わす程度でした。

1年が過ぎ、斉藤さんの子供が少学生になったということで、斉藤さんはフルタイムで夕方5時まで働くようになりました。

そこからは引継ぎ等で毎日顔を合わすようになり、よく喋るようになりました。

土曜日もたまに出勤していてどんどん仲良く喋るようになり、休憩時間が重なると下ネタで盛り上がることもしばしばありました。



調理場に入ったときは、さすが主婦ということで包丁さばきも上手く、色々教えてもらうことも多くなり、更に仲良くなっていったのです。



飲み会もしばしば行われており、斉藤さんは結構お酒がすきでいつも酔っ払うまで飲んでハイテンションになっていました。

飲み会のときは俺と家が近いからということで、大抵は俺が家まで車で送っていきました。

もちろん俺は飲んでいませんよ。お酒自体特に好きという訳でもなく、車が無いと帰れないから飲み会ではいつもウーロン茶やジュースを飲んでいました。



年が明けると俺の友達の健太郎がバイトを探しているとのことで、俺の紹介で入ってきました。

健太郎は俺を通じて斉藤さんと喋るようになりましたが、斉藤さんはあまり健太郎のことが好きではなさそうで、良い雰囲気とは言えない関係でした。

確かに健太郎は自我が強く、自己中なところもあったのであまり好かれるタイプではなかったと思います。

俺はなんとなく気が合って仲良くなったから気にはなりませんでした。



斉藤さんと二人で話しているときも健太郎の愚痴がかなり出ていたし、健太郎も「あのババァむかつく」等と言っていたので、間に入っている俺としては色々気を使ったものです。



なんだかんだで4月を向かえ、正社員の新入社員がうちの店に配属となり、新入社員歓迎会を開くことになりました。



俺と健太郎は大学3年生になり、斉藤さんの子供は少学2年生になりました。

そして斉藤さんは今年34歳とのことです。

当然、この日までは斉藤さんを女性として見たことや、性欲の対象として考えたことは一度もありませんでした。



斉藤さんは俺よりも一回り以上も年上であり、旦那さんもいます。そして子供もいる。

ただの仲の良い職場仲間としか考えた事がありませんでした。



その日、いつものように盛り上がっていたが、俺は最近抜いていなかったからか、かなりムラムラしていたのです。

当然職場仲間には年齢の近い女性もいるし、その子達の脚を見ていると更にムラムラしてきたのです。



健太郎に「これ終わったら風俗行こうぜ」と誘い、風俗に行く約束をしました。

そして歓迎会終了間近に斉藤さんがかなり酔いながら

「修くん(俺)、今日も送っていってね~」

と言ってきましたが、これはいつもの事なので想定内でした。



健太郎には斉藤さんを送ってから風俗に行こうということになりました。

歓迎会も終了し、俺の車に3人で乗り込みました。

俺が運転し、健太郎が助手席、斉藤さん真ん中のシートに座りました。

でかいワンボックスカーであり、斉藤さんの後ろにも更にシートがありました。

車を走らせるとすぐに斉藤さんは眠りに入りました。これもいつものことでした。

お酒は好きなのだろうけど、お酒に強いか弱いのかよくわかりませんでした。



ここから斉藤さんの家まで25分くらいです。

この途中で過ちを犯してしまったのです。

信号待ちで止まっていたときのことでした。

健太郎が

「しかし無防備だよな~」

と言ってきました。

「何が?」

と答えると

「いや、このばばぁ、よく寝れるよな。」

と言ってきたのです。

「え?別にいいじゃん。」

と答えると

「旦那さんもいるのに、こんなんじゃいつか犯されるぞ。」

と言ってきました。

「誰が犯すんだよ(笑)」

そう答えると健太郎は後ろを振り返って何かしています。

「見てみろよ。こんなことされても起きねぇんだぞ。」

と言ってきたので後ろを振り返ると・・・

健太郎が斉藤さんのスカートを捲り上げていたのです。

パンスト越しに斉藤さんの白のパンツがはっきりと見えました。

思わず「ばか、やめろよ」と健太郎の手を離させました。

何か見てはいけないものを見てしまったような感じでした。



再び信号待ちになると健太郎は再び斉藤さんのスカートを捲り上げました。

俺は斉藤さんのパンツを見つつも健太郎の手を離させました。

走行中、健太郎は後ろを向いたまま何やらごそごそしていて

「うぉっ、すげぇ!」

と言ってきました。 >

信号待ちになり、後ろを振り返ると・・・斉藤さんの脚が広げられ、スカートが捲り上げられていました。

脚が開いている為、斉藤さんのパンツの股間の部分が露わになっていたのです。

俺は健太郎を阻止することができず、斉藤さんのパンツを凝視してしまいました。

そして斉藤さんが女性であることを認識させられてしまったのです。

パンツの股間部分を凝視しながらこの布の向こうは・・・と女性の性器を想像してしまいました。



そして次の信号待ちのときも振り返って斉藤さんを見ると、スカートが捲り上げられた状態のままになっており、再び斉藤さんのパンツの股間部分を凝視してしまいました。

この時点で俺の理性は無くなっており、斉藤さんとやることを考えていました。



俺は生唾を飲み込み、何かを訴えるように無言で健太郎と目を合わせました。

健太郎は俺の考えていることがわかっているようで

「やる?」

と言ってきました。

俺は「大丈夫かな?」

と答えながらも別の方向に車を走らせていました。



「やっちまえば大丈夫だって!やるんなら協力するよ。」

と言ってきました。

俺は地元なので人の来ないところなんていくらでも知っている。

俺は堤防沿いの道を走らせていました。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)