まとめ連合

北川景子激似の女の子を先輩から紹介してもらった。その子は先輩のセフレで・・・

二年前の夏休み前、そんな時期であるからして学部生たちは色めきだっていた。

ある日の昼、学食で飯を食っていても所々では夏休みの旅行の相談。カップルらしき男女は海に行く算段を立てて喜んでいた。

しかしまぁ、僕のように院生、なおかつ不真面目で結果が思うように出ていない院生は、盆も暮れも関係なく明日の実験のことしか考えていなかった。



旅行らしい旅行なんて、学部生の頃所属していたサークルの仲間とスキーに行った程度。しかも野郎のみ。

そんな、灰色の青春を謳歌していた僕は、いつも通りの夏が始まるなぁと思いを巡らせていた。



「おーいノブ」

後ろから元気な声がかかる。

振り返ると、しばらく顔を見ていなかったあたるだった。

スペックでも晒したが、あたるは同じ学部で浪人留年しているから二個上。入学当初から仲がいい。(というか、俺自身友達はそんなに多くなくてあたるとあと二人程度の友達しかいなかった。)



彼は高身長で眼鏡イケメン。高校は名門の出で、留年はしていたが頭は凄く良い。おまけにスポーツは球技なら大体出来た。正に俺と正反対。

だが、まぁ彼とはエロゲを貸し合ったり、コミケにも一緒に行くほど仲が良かった。



「久しぶりだな。元気してたか。」

「うん、まぁ。お前は?進級とかどうだ。前期終わったけども」

「わからんなぁwww実習とかやる気なくてwレポートも出してないやwwwwww」

「ちょ・・・おま・・・・・・」

「お前、あの実習で助手だったろ?なぁ先生に口添えしてくれないかw」

「俺は一回の院生だ。無理に決まってるよ。」



そんな、完璧超人のあたるの唯一にして最大の欠点それが無気力。

これさえなければ、彼は普通に進級してたし、もしかしたら飛び級もしていただろうに・・・



「まぁいいやwそれよかノブよ。お前、実験ばっかで疲れないか。」

「まぁね。でも好きでやってることだからさ。」

「たまには息抜きでもどうだ!そうだ、今晩うちで飲まないか?」

「今日は作業がたくさんあって、夜遅くまで出れないなぁ。」

「ばっか!お前、今日は金曜だぞ?夜遅くからでもいいからさ。」

「うちの研究室は土曜まであるんだよねぇ・・・」

「はぁそうか。いつも世話になってるお前にお返しがしたかったんだがなぁ。」

「お気遣いどうも。宅飲みなんて何時でも出来るじゃん今度な?」

「それが、多分”今回限り”なんだなぁ。おいしいスコッチもあるのに。」



今回限りというのを強調していたのは気になったが、自分的にはスコッチが大好物なので食いついてしまい。

作業を終えた0時過ぎ、あたるの家に向かうことにした。



あたるのアパートに向かう前に、コンビニで適当につまみを頼まれたので購入し、酒にありつけるとホクホクして向かった。

チャイムを鳴らすとあたるがいつも通り迎え入れてくれた。

ただ、部屋に入るといつも通りではなかったんだ。

部屋の真ん中にあるちゃぶ台の前に女の子がいた。普通にかわいかった。

というか、それだけで緊張した。



「ア・・・コンチャス・・・」

「あーこいつは高校の時の部活の後輩のけいこ。けいこ、こいつさっき話したノブな。」

「こんにちは。けいこです。ノブ君よろしくね。」

「ア・・・ハイ・・・・・ヨロシクオナシャス・・・」



女の子は黒髪のロングヘアーでスぺに書いた通り鼻がつぶれた北川景子みたいな感じ。

胸はそこそこあったし、何より隣に座った時凄く良い甘いにおいがしたもんだからクラッと来た。

俺は中高と男子校だったので終始緊張しっぱなしだった。



それから、酒飲みながら色々と聞いた。けいこはあたるがテニス部だった時の後輩らしい。

今はフリーターしながら資格試験の勉強をしているとのこと。

俺は、目の前のラフロイグが美味しくてグイグイと飲みながら、酒のおかげでけいことも話すことができた。

というか、酒がなかったら絶対喋れない。研究室の同期でさえ事務的な会話以外はあまりしないんだけども。



そうやって、三人とも段々と酔っ払い始めるとなにやらあたるのけいこに対するボディタッチが多くなって来ていた。



何やらけいこも「やめてくださいよー先輩!」と始めは拒んでいたが「ちょ・・・せんぱ・・・やめ・・・」と何だが声が甘ったるくなってきていた。

そんな光景は当然、彼女いない歴=年齢の童貞の俺には刺激が強すぎて、これだけで勃起していた。

ちょっと、冷静になるために外の空気でも吸って落ち着こう。そう決めて席を立ったがあたるも席を立ち、ちょっと話があると外に促された。



「なぁ、どうよ後輩。かわいくね?」

「まぁ・・・そうだね。」

「ちょっと興奮したか?あいつ、感度良いんだよ。乳首とかつまむと凄い声で喘ぐんだぜ。」

「え?ちょ。それってどういう」

「あぁ?けいこは俺のセフレだけども?」



そう、こいつは某生放送やら某つぶやきSNSで女の子を引っ掛けてはセフレにしている所謂出会い厨だったのだ。

それは知っていたが、まさか地元の後輩まで手なづけていたとは・・・



「それで、これは俺の感謝のしるしなんだが。どうだろう?アイツで男になれよw」

「へ?」



青天の霹靂だった。まさかこんな展開予想だにしていなかった。

だけども、部屋に女の子がいた時点でおかしいとは思っていたんだけど。



「いやいやいやいや、それよくわかんないから!仮の話だけど、そんなことには絶対ならないだろ!」

「いやぁ、お前。任せろって。大船に乗ったつもりでな。ハハハwww」

「うわぁ・・・とんだ泥船だよぅ」



この時点で俺も酔っ払っていたので、そんなことにはならないと思いつつあたるに任せることにした。



部屋に入ると、テレビを見ていたけいこが不思議そうな顔して此方を向いた。



「先輩とノブ君どうしたんですか?何かお話でも?」

「いや、ちょっと学校のことでノブに相談したいことがあってな。ちょっと二人で話したかったんだ。」

「そうだったんですかー話終わりました?なんなら席外しますけど。」

「いやいや、大丈夫。話は終わったよ。な?」

「あ、あぁ。」



と、今まで見たこともないような満面の笑顔で彼は俺に微笑みかけた。

そのあと、棚に置いてあった箱をおもむろに漁り始め、四角い黒い塊を俺らの前に取り出した。

そして、突然大声で



「さーーって、始めましょうか!おいちょかぶ!!やっぱ、賭けないと面白くないので、皆何かしら賭けること!!」

「俺、そんな金持ってないぞ!」

「私もです!!」

「君達何言ってるのさ。ノブ、お前男だろう?少なくていいからさ。ほれ」

と、中は一万円を取り出した。



「宣言しよう。お前らに俺は負けない。だから最低一万賭けよう。でも、お前らはいくらでもいい。どうだ、悪い話じゃないだろう?」

「わーったよ。仕方ない。お前がそこまで言うなら乗るよ。」

「えっ、えーーー!ちょっと待って下さいよ!先輩たちと違って私、今給料日前でお金がないんですよう!」

「けいこはーそうだな。服、下着類一枚につき五千円から一万円でいいぞ。どうだ?」

「・・・・・えー。うー。ぬ、脱ぐんですかー。仕方ないのでお金賭けます。絶対脱ぎませんから!!」



とまぁ、渋々けいこも乗ってきた。みんなお酒入ってたからね。しかたないね。

そして、はじまるおいちょかぶ。

おいちょかぶはみんな知ってるかもしれんが、花札使ってブラックジャックするゲーム。

俺もけいこもルール知らんかったから、親をあたるにやってもらった。

というか、ほとんど親はあたるがやっていた。

考えてみれば当たり前であたるはいい感じで負けながら、大きく勝って自分の思うままにゲームを支配していた。



恐るべし。完璧無気力超人。

おすすめ記事情報



まとめ連合

コメント

  1. 名無しさん808004

    文章がキモいし妄想丸出し

  2. 名無しさん808830

    まぁ、又も頭も緩い女だから、そのうち浮気されるだろ

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)