まとめ連合

先輩「この会社、ブラックだな」後輩「今更ですよそれ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:46:58.63 ID:BBuJMMpb0
後輩「まだ仕事終わらないんですか」

先輩「なんでだろうな」

後輩「なんででしょうね」


先輩「もう帰っていい?」

後輩「止めませんけど、明日が大変ですよ?」

先輩「…やるかぁ」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:48:48.51 ID:BBuJMMpb0

*

後輩「コーヒーでもどうぞ」スッ

先輩「さんきゅー。ゴク……苦っ」

後輩「すみません、そっち私のでした」

先輩「おっぱい揉むぞコラ」

後輩「セクハラで訴えますよ」

先輩「……早くそっち渡せ」

後輩「どうぞ」スッ

先輩「ったく、何度このやり取りを……けほ…苦っ」

後輩「すみません、そっちもブラックです」

先輩「先に言え」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:50:45.13 ID:BBuJMMpb0
後輩「言おうと思ってたんですけどね~。お砂糖どうぞ」スッ

先輩「ん。……あぁ。美味い」フゥ

後輩「先輩ブラック飲めないんですね」

先輩「何度も飲めないって言ってるのに、お前はブラックを差し出してくるよな」

後輩「いい加減気づきましょうよ」

後輩「この会社の様に、先輩にはブラックがお似合いってことですよ」

先輩「誰が上手いこと言えと」

後輩「……はぁ」

先輩「……ふぅ」



先輩「今日も徹夜でバグ潰しか……」ズーン

後輩「私なんて、明後日までにこの量のモデリング終わらせなきゃなんですよ……」スッ

後輩「夢見てゲーム会社入ったらこの有様です」

先輩「世知辛ぇ……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:55:11.05 ID:BBuJMMpb0

*

先輩「そういや、何で後輩は俺しかいないこんな場所で作業してるんだ?」

先輩「キャラデザって隣じゃなかったっけ――――あっ」ハッ

先輩「後輩、俺はお前の味方だからな……」ポン

後輩「ハブられた訳じゃないです」

先輩「まさか俺のこと…!?」ドキッ

後輩「好きでも無いです。あといちいち反応がキモいですよ」

後輩「隣、狭くて三人分のスペースしか無いんです」

後輩「なので一番下の私が…って感じですね」

先輩「もうボッチじゃなくなったんだな」

後輩「お陰様で、ね」

後輩「それより先輩こそ、何故こちらに?」

先輩「ハブられた。おめーの席ねぇからって…」

後輩「ですよね」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:57:13.44 ID:BBuJMMpb0
先輩「ですよねってなんだよ」

後輩「なるべくしてこうなったと言いますか」

先輩「良いもん。あんまり人が居ない場所の方が集中して出来るし!」

後輩「集中力乱れまくってませんか?」

先輩「そんなエロい体してる後輩が悪い」

後輩「……ヘンタイ」

先輩「これからも俺のストレス発散の為にセクハラされてくれ」

後輩「最低ですね。彼女とかいないんでしょうねきっと」

先輩「失礼な」

後輩「いるんですか?」

先輩「…いないけど」

後輩「ですよね」

先輩「なにこの後輩、腹立つわ~」

後輩「これからも私のストレス発散の為にイジられてくださいね」ニコッ

先輩「……ヘンタイ」

後輩「私の真似しないでください」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:59:36.31 ID:BBuJMMpb0

*

先輩「終わんねぇ…バグ潰したと思ったら違う所がって無限ループしてる」

後輩「大変そうですねぇ~」

先輩「こいつ他人事みたいに…」

後輩「他人事ですからね」

先輩「言っとくけどな、俺らがこうやってしないとゲームにならないんだぜ?」

後輩「そうですよ。だからちゃんとお願いします」

後輩「苦労と愛を込めて作り上げたものが、クソゲー呼ばわりされるのは嫌ですから」

先輩「妙案を思いついた!」

後輩「早くバグ潰してくださいよ」

先輩「まぁ待て、焦ってもバグは潰れんぞ?」

後輩「先輩が手を止めなければ潰れます」

先輩「このバグさ、仕様として入れたら良いんじゃないか…?」ゴクリ

後輩「良い訳ないじゃないですか」

先輩「『えっ?これ明らかに不具合のバグだよね?』…いいえ、仕様です」キリッ

先輩「ほら!乗り切れる!」

後輩「ちなみにどんな感じなんです?」

先輩「ボス戦前にパーティ変更しようとするとフリーズするバグ」

後輩「致命的で、クソゲー待ったなしですねそれ」

先輩「だよねぇ~…はぁ……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:02:02.17 ID:BBuJMMpb0

*

先輩「おっぱいにはさ、無限の可能性を感じるんだ」

後輩「急にどうしました?」

先輩「俺は後輩のおっぱいに夢と希望が詰まってると思う」

後輩「そうなんですか」

先輩「俺にも夢と希望を分けてくれないか?」

後輩「どうやって?」

先輩「揉んで」

後輩「触りたいだけですよね?」

先輩「そうとも言う」

後輩「そうとしか言わないですよ」

先輩「この煉獄の闇に染まりかけている俺に希望の光を……」

後輩 (時間は、深夜1時過ぎ…)チラ

後輩「深夜は変なテンションになるのは構いませんが、私に絡んでこないでくれますか」

後輩「それでは、私はそろそろ寝ますので。お静かにお願いしますね」ゴソゴソ

先輩「休憩室で寝ろよ」

後輩「この為にわざわざ寝袋を買ったんで遠慮しておきます」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:04:19.30 ID:BBuJMMpb0
後輩「それに、他人が入ってくるかもしれない、という緊張で落ち着かないんですよ」

先輩「俺は?」

後輩「先輩は別に」スルスルッ…

先輩「あぁ、そ…。てか、何度も言うが下着姿のまま寝るなよ。俺居るんだぞ」

後輩「私を襲ったりしますか?」

先輩「襲わねーよ」

後輩「なら良いじゃないですか」

後輩「寝る時は下着のみと決めているんです」モゾモゾ

先輩「じゃあ襲っちゃおうかな~」

先輩「男の前で下着姿になるってことは、いいんだろ?」

後輩「ではどうぞ」

先輩「えっ」

後輩「どうしたんですか。ほら、はやく」

先輩「いや、そのぅ……」

後輩「……いくじなし」ボソ


後輩「ふあ…ぁ……。おやすみなさい」zzZ

先輩「……おやすみ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:06:13.28 ID:BBuJMMpb0

*

後輩「ひゃっ」ビクッ

先輩「朝だぞ。コーヒーの冷たさはどうだ」

後輩「首に当てないでくださいよ…。あとせめてホットでお願いします」

後輩「う”ぅ”…急に起こされたから頭痛い……」

後輩「アラームかけてるので、別に起こさなくても…」

先輩「それを起こすのが楽しいんじゃないか」

後輩「趣味悪っ。このクズをはやくどうにかしないと……」

先輩「寝起きの性格が悪すぎるな」

先輩「あーそれと、これ」スッ

後輩「なんです…?」

先輩「お前んとこのヘッドから渡された」

後輩「リーダーですか。ん~…げっ。一昨日渡したの全部やり直し……」

先輩「安心しろ。俺も増えてるから」

後輩「不安しか感じませんね…」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 21:09:58.79 ID:BBuJMMpb0

*

後輩 (はぁ…昨日は疲れた)

後輩 (やっぱりここで寝るより、家の布団の方が疲れは取れるなぁ…)スタスタ

後輩「おはよ~ございま~す」

後輩「…って、先輩まだ来てないじゃん」チラ

後輩「来てないというより、居るけど席を離れてるだけかぁ……ん?」

後輩「スマホにメッセージが。10分前……」

  先輩
【社員証をデスクに忘れたから助けて\(^o^)/】

後輩「……」ススッ

 後輩
【m9(^Д^)<プギャー】

後輩「よし、おっけー。仕事しよっ」

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)