まとめ連合

万引きした女は、とんでもない名器の持ち主だった


ミナは、後悔していた。なぜ、あんなものを万引きしてしまったのかを…

ミナは、とあるスーパーの事務所にいた。

店員の渡辺が「店長!この女、ほかに何か万引きしているかもしれないすよ」

少し、興奮しているのだろうか? 鼻の頭に汗をかいている…汗かきの渡辺の特徴だ。

「まあ、まちたまえ渡辺君、まだ、彼女が盗んだとは断言出来ないぞ!しっかりとした、証拠を掴まないと…」店長の長谷川が渡辺に答えた。

長谷川は、椅子にうつむき加減に座っているミナを、下から上に舐めるように見た。



店長の長谷川の目の前には、今にも泣き出しそうなミナの顔と、Fカップはあろうか?豊満なバストがあった。



すると渡辺が「証拠なら、ありますよ! そのエコバックの中に…」ミナの持っていた、エコバックを指差した。



「ちょっと、失礼」そう声をかけ、長谷川がバックに、手を伸ばそうとした時



「あっ」ミナが、小さな声を上げてこちらを見た。



その目には、うっすらと涙が浮かんでいる。



長谷川は、ぞくぞくと背中に走る電流があった。

(この女、もしかしたら…)



長谷川は、試してみることにした。

彼女、ミナがM女であるのかを…



「すみませんが、ミナさんの疑いを晴らすことにも、成るんです」さっきよりも、強めの声でいいバックの中身を机の上に出した。



店で売られている、制汗スプレーがあった。

「この商品を買った時のレシートはありますか」長谷川がミナの顔を見て聞いた。



ミナがウルウルした目で、「違うんです!私じゃないんです、知らない間に」必死になっている



渡辺が「違うって じゃあ早くレシートを出せよ!」かなり強い口調で言った。



「あっ … 」まただミナは、肩を2、3回ぶるっと震わせた。



長谷川は、思った(この女間違いない! M女だ)そうと解ると、長谷川はミナが放つ、切なげな色香に、惑わされそうになる。



「違うんです。これは…あの…」ミナが腰をもじつかせて涙声で訴えた。

ミナが続けた「あとで、代金を払いにこようとしたんです」涙声だが、はっきりした声で答えた。

渡辺が思わず「そんなの解るもんか!口だけだ」目を見開いて怒鳴っている。



「まあ、渡辺君落ち着いて、だいたいの事は…把握できた、渡辺君は仕事に戻りなさい。」



渡辺はまだ、何かいいたげだか、しぶしぶ仕事に戻った。



ミナはその間も、腰をもじつかせている。

「お身体の具合でも、悪いのですか」長谷川は聞いた。



「いえ…あの…怒られてしまう」



「えっ 怒られる?」長谷川は思わず聞き返した。



「あの人に…ぁあ 」彼女は、甘い吐息を漏らしたまるで、オーガズムにたっしたように…ミナは椅子から倒れそうになった

長谷川は慌てて、「大丈夫ですか?」と駆け寄りミナの肩を起こした。



すると、ミナの身体 具体的には、腰からグゥググゥと鈍いモーター音が、聞こえた。



ミナの顔が、紅潮し憂い放った涙顔になった。



長谷川はすべてを悟った(可哀想に…彼女は無理やり彼氏にこんな事を)

長谷川は彼女、ミナを助けてあげたいと思った。

普段ならば、そんなことは気にならない、さっさと警察官を呼んだだろうしかし、ミナから放つ色香は長谷川の脳内をかき乱した。



ミナは、長谷川に身体を預けたままだ。



「ゥウ~ン ハァ~ん」ミナのけだるい、甘い喘ぎ声が、長谷川の耳元を刺激する。

(あぁ!今すぐ、彼女を抱きたい、濡れそぼった陰部に肉棒を刺し込みたい!)



その時ミナが「あの…お手洗いにい・いかせ…て…ください。」まるで、オーガズムにたっしたいように…長谷川にお願いしてきた。



(いや!きっと、彼女はいきたいのだ!ぐちょぐちょになっている陰部をまさぐりたいのだ!)



長谷川の頭にある考えが浮かんだ、紙とペンを手に取るとミナに「お手洗いに行ってそんなの取り外してきたらいい」とミナに言った。



ミナが首を2,3回横に振った。



「出来ないのかい!?なぜ…」長谷川が聞いた。



ミナが涙声で「ごめんなさい 許して下さい」と訴えた。



長谷川は紙にこの会話聴かれている?と書いた。

ミナは、紙を見て首を縦に振った。



なんという事だ!今までの会話が聴かれていたなんて…よく見るとミナの豊満なバストにペンらしき物がある あのペンらしき物がマイクレコーダ



長谷川は、「お手洗いに案内します」と言いながら紙に、住所と電話番号を書いて 悪いようにしない、君を助けてあげたいと書いた。



ミナがびっくりした顔で長谷川を見た。



長谷川はミナの前に紙とペンを差しだしながら、 「その後、警察に行きます、よろしいですね!!」と言いながら紙に信じてくれ君を助けたいと書いた。



ミナがようやくペンを手に取ると住所と電話番号を書いた。



長谷川は紙を見て「わかりました、では、書類を制作しますので今しばらくお待ち下さい」と言いながら紙に、彼の住所と電話番号も書いて、お手洗いはスーパーのはいけないだろうから、すぐ近くに私のアパートがあると書いた。



ミナは早くオーガズムにたっしていきたいのだろう、素直に紙に書いた。

その顔は、うっすら汗ばんで、頬が紅色に染まっている。



堪らない長谷川は理性を必死に保った。

「それでは、警察へ!」長谷川はミナの肩を抱き椅子から立たせた。



事務所を出ると近くにいたパートに「これから警察に行ってくる、そのままお昼に行ってくるから、何かあったら、携帯に連絡してくれ」と伝えスーパーを出た。



車で15分足らずで、長谷川のアパートに着いた。

車に乗っている間もミナの切なげな喘ぎ声が聞こえる。



車のミラー越に見えるその姿は、豊満な胸元が乱れ、身体全体が汗ばんでいるようだ!。



「ハァウ~ンハァ~ン」ミナの喘ぎ声がさっきよりも間隔がなくなっている。



長谷川は「着きましたよ!大丈夫ですか?」と後ろを振り返る。



ミナは長谷川を見るとうつろな目で“コクン”と頷いた。



長谷川はミナの肩を抱きながらアパートの自分の部屋に案内した。



さすがにミナがオーガズムに達するとき部屋にいたら恥ずかしいだろう

「私は、外にいるから…」長谷川はドアノブに手をかけた。

その時



ミナが覚悟を決めたそれでいて切なげな顔で長谷川を見つめながら「私の…私のイク姿見てぇ~下さい おねがいしま …す」「良いのかい?」長谷川は、耳を疑った。



「ハイ!私は、人に見られないとダメなの~イケないの~」ミナは自分の陰部を触りながら答えた



「わかった、俺が見ててやるから、イクがいい」長谷川が答えると同時にミナは自分の陰部をまさぐり胸を揉みしだきだす

ぐちょぐちょ卑猥な音が部屋に木霊する。



部屋がミナのフェロモンの香りでむせかえるようだ。



「アッアッ おま●こ~気持ちいいのぉ~ …ぐちょぐちょなの~ン 」



長谷川はその行為をじっと眺めていた。



まるでAVでも見ているように…

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)