まとめ連合

男性の○○が見たくて映画館に行ったらねハゲ親父に・・



初めて入る成人映画館にドキドキしていたのを覚えています。

2階席を選んだのは、そのほうが人も少ないだろうと思ったからです。

さすがに男性のための映画館ということで館内は汚らしくナンカ変なにおいが立ち込めていた気がしました。

この日の私のいでたちは、黒のサマーセーターに黒のタイトスカートと

全身黒ずくめの格好で、場内でも目立たないようにとしていました。

扉を開けて場内に入ると、スクリーンいっぱいに男と女が交わりあっているシーンが目に飛び込んできました。

そして、目を凝らして場内を見回すと7~8人の観客がいるのがわかりました。

私はさっそく好みの男性を後姿から探し出し、見つけるとそっと音もなく斜め後ろの席に腰を下ろしました。

男性は後ろから二列目の席に座っており、30代後半といった感じでした。

前の席と間隔が離れているので身をのり出さないと様子を窺うことはできませんでしたが、

あきらかに男性の肩の動きは、自分のものをしごいているようでした。

私は他の客に気づかれないように、さりげなく身を前にのり出し男性の行為を見ることができました。

初めて見る男性のその行為は、まるで別の生き物をおなかの上に乗せ、

いとおしむかのように手首を動かしては、いろいろな速度で刺激を楽しんでるかのように見えました。

興奮して見入っている私は、急に人の視線を感じそちらに目をやると、男性客が私をいぶかしげに見つめていました。

私は姿勢を正し、そ知らぬ顔でスクリーンの方を見ました。

しばらくして、私を見ていた男性客が席をたったので再び、前の席の男性の行為を見ることに興じました。

いよいよ映画のクライマックスシーンとなり、男性の手の動きもリズミカルとなり、発射の瞬間を迎えているのがわかりました。

足が硬直し、男性自身を前に傾けたかと思うと、激しい手の動きとともに、

数回に分けて白い液が前に飛び散るのがわかりました。

気が付くと私はスカートの上から股間をおさえていました。

なんともいえない満足感を覚えた私は、続きの自己処理をするためにトイレへと向かおうと席を立つことにしました。

ふと見ると先ほど私を見つめていた男性客が、後ろの壁にもたれて映画を観ていました。

私はその前をそそくさと通り抜け、トイレへと向かいました。

 そのあとこそが、私にとって忘れられない異常なできごとの始まりだったのです。

場内から外へ出た私は、先ほど見た男性の行為の興奮さめやらぬまま小走りで女子トイレへと向かいました。

トイレに入ると「ふーっ」とため息をつき、初めて入るポルノ映画館の女子トイレの中の様子を眺めました。

チョット汚い感じでしたが、とりあえず一番奥の個室を選び中へ入ると、我慢していた用を足しました。

備え付けのトイレットペーパーで尿の処理をして、そのまま指を局部へとすべらせました。

「あぁっ」と思わず吐息をもらし、指をワレメにはわせるとヌルヌルと指にまとわりつく液であふれていました。

場内での男性の性器を思い出しながら、私はしばらく自分で局部をもてあそびました。

映画のシーンのいやらしい声がトイレの中まで聞こえてきていることに気が付き、

私はそれを聞きながらさらに指を激しく動かしました。

私は立ち上がるとスカートをまくり上げ、目をつぶって男性のマスターベーションのシーンを回想して、

いつも家でしているように腰を前後に動かしながら、局部への指の出し入れをして快感を味わいました。

20分ほどが過ぎ、さすがに疲れた私は、トイレットペーパーで局部と指をぬぐうと、パンティをあげ身支度を整えました。

とりあえず化粧直しに洗面所へ向かおうと個室のドアを開けようとすると、何かにひっかかっているようにうまく開きませんでした。

どうしたんだろうと錠を何回か動かしていると、今度は急にドアが引っ張られるように開けられました。

そしてそこに男が立っていました。

男は場内で私を見ていた男でした。

ニヤニヤと笑みを浮かべて私をなめるように見るその男は、50代半ばといったところで、

長身で眼鏡、頭頂部まで禿げ上がった髪をポマードで固め、

煙草の匂いのしみ付いたヨレヨレのジャケットを着た、汚らしい感じのする人物でした。

「何してたの?」

男は小声で聞いてきました。

「えっ?」

私は何のことを聞いているのか、すぐにはわかりませんでした。

「オシ○コにしては長いね」

「・・・」

私が答えずにいると

「オ●ニーしてたでしょ」

私はとっさに先ほどの質問の意味がわかり首を横にふりました。

「本当?おじさんトイレの下の隙間からずっと見てたんだよ」

血の気がひき、顔がかぁーっと熱くなるのがわかりました。

男はさらに言葉を続けました。

「さっきも映画みてるふりして、前の男のセンズリ覗いてたよね、それで興奮してトイレへオ●ニーしにきたのかな」

すべてを察しられていることを知り、私は萎縮して思わずあとずさりをしてしまいました。

すると男は私を奥へ追いやるように顔を近づけながら、個室の中へ入ってきました。

男は個室の錠をかけ、ドアを背にして立ちふさがりました。

「なんなんですか」

私は抵抗の意味もこめて男の目をにらんで言いました。

「よく来るの?」

男は逆に聞いてきました。

「・・いいえ、・・・はじめてですけど・・・」

私が答えると、男はまたニヤニヤしながら

「女の人があんまり一人でくるような所じゃないよね、今日はどうしてここへ、ポルノ映画館へ来てみようと思ったの?」

男の真相をつく質問に私は小声で答えました。

「べつに・・・映画が観たかったから・・・」

男は嘘ををついている私をニヤーッと笑いながら見て

「女の人がポルノ映画なんかみてると置換にあうよ。そんなに足のでてるスカートなんかはいて・・・。置換されたくてきたの?」

そう言うと、私の体を下から上へ舐めるように見て、またニヤーッと笑みを浮かべました。

「違います・・・」

私の声はさらにか細くなっていました。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)