まとめ連合

男性の○○が見たくて映画館に行ったらねハゲ親父に・・



「彼女みたいにカワイイ子がトイレでオナニーしてるのみて、おじさんもオナニーしたくなっちゃったよ」

そういうと男はズボンのファスナーをゆっくりと下げてみせました。

私はこれから起きようとする出来事に、身が硬くなり、目を閉じて男に服従する態度をみせてしまいました。

そして・・・男はズボンのファスナーをゆっくりと下ろすと、

「大きい声だしちゃだめだよ」

と私の耳元ちかくに口を近づけてささやきました。

「何をするんですか?」

私は馬鹿げた質問をしました。

男がこれからしようとしていることぐらい誰だってわかります。

かえってその言葉が男にとって、私が何かを期待していると思わせてしまったかもしれません。

男は私の手首をつかむと、手のひらをズボンの中へと導きいれました。

熱い脈拍が手に伝わってきました。

「どう、わかる?」

男の問いかけに私はうなづいていました。

「おじさん、彼女のオナニーしてるとこみてオチンチンがこんなに大きくなっちゃった」

私は抵抗もせず、男が私の手の平を使ってズボンの中の男性自身を愛撫させるのを、視線を落として見ているだけでした。

「名前なんていうの?」

男は呼吸が乱れてきていましたが、ニヤニヤした顔のまま聞いてきました。

「・・・」

私は黙っていると

「名前だけおしえて」

「・・・ようこ・・です」

私が名前を告げた事に、男は喜んだらしく、ニャーっと笑うと

「・・そうか、・・ようこちゃんか・・。ようこちゃんのオ〇ンコも、おじさんのオチンチンみたいに気持ちよくなってるか、さわらせてくれる?」

「イヤ!」

私はあわててスカートの前を押さえ、男の腕をふりほどこうとしました。

「なんでいやなの!ようこちゃん?・・女の人がポルノ映画なんかみにきて男に置換されたり、いやらしいことされてもしかたがないよね」

男はこの時はさすがにドスのきいた声で、私を支配しようと、先ほどとはまるで違う形相で私に言い放ちました。

「・・・」

私は今にも泣き出しそうな顔をしてみせましたが、男は容赦せず、荒々しくスカートの中に手を入れてきました。

そしてパンティの上から、さっきまで私が自ら慰めていた秘部を、慣れた手つきで揉みほぐしました。

「アアーッ・・」

私は声を出さずにはいられない快感に、体が思わず反り返っていました。

「ふふん、ほーらやっぱり気持ちよくなってる・・、ようこちゃん、

本当は映画館で男のセンズリなんか覗いてるより、こういうことされたくて、ここへ来たんじゃないかな?ん?

どうなの?男に置換されたくて映画館に来たんでしょ」

私は男の指使いに惑わされたように、考えとは違う返事をしてしまいました。

「・・はい、・・そうです・・・」

男はこの返事を待っていたかのように、ニヤーッと満面の笑みを浮かべると、

勝ち誇ったかのように姿勢を正し、小柄な私を見下ろしていました。

「じゃあね、今日はおじさんが、ようこちゃんがせっかく映画館まで置換されに来てくれたから、

ようこちゃんが満足するように、いっぱい、いろんなイタズラしてあげるからね」

私の体は、男が言った”イタズラ”という言葉に敏感に反応して、

ひとりでに秘部から、下着を濡らす液が溢れているのを感じました。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)