まとめ連合

女子高生の妹に胸キュンした結果→肉欲をぶちまける事に・・・





しばらくするとぼくの隣に来て寝転んだ。

その時フワッとスカートが捲くれ、その様にぼくはドキドキしてしまう。

「あはははっ、あれ馬鹿だねぇ……」

可笑しそうに笑いながら体を震わせる。

そのたびにスカートが乱れ、白い太ももが動くのにぼくは一々反応してしまう。



(ああ……いいなぁ……奈美のやつ、こんなに綺麗な脚して……)

久々に見る妹の肉体に、テレビそっちのけでぼくは興奮していた。

 しばらくそうして妹のスカートが乱れるのに心を躍らせながらテレビを見ていると、可笑しい場面で妹の笑いが起こらないことに気がついた。



見るといつの間にか妹は気持ち良さそうに寝息を立てている。

茶色の長い髪が顔にたれているのが何とも色っぽい。

「奈美……?」

声をかける。

妹の寝息に変化はない。

これはチャンスだ。

ぼくの心に囁く声があった。



ずっと女子高生にしたかった行為を妹相手にしてしまえ。

声はぼくを急かす。

その誘惑を断るほど、ぼくは肉欲に満足しているわけではない。

しかもたった今、目の前でさんざん興奮させられてしまった。

その責任を妹に取ってもらうのだ。



そんな風に自分を納得させると、ぼくは妹の体に触れる決意をした。

数度声をかけ、完全に寝入っていることを確認する。

体を起こし妹の横に座ると、その白い太ももをジッと見つめた。

妹の脚は太すぎず細すぎず、実にいい太さをしている。

スカートの端を持つと勢いよく放り上げる。



 フワッと広がったスカートは、股間の辺りに一瞬白いモノを見せながらすぐに元の状態に戻った。

 ヒラヒラするスカートが興奮を誘い、ぼくは心臓をバクバクとさせながら再びスカートを持ち上げ放り上げた。

 すると今度は、あまりにも勢いが付きすぎたのか、スカートが太ももを隠さず捲くれた状態になった。



目の前には、妹の股間を隠す白いパンティが見える。

ぼくはゴクッと生唾を飲み込んだ。

太ももに手を伸ばす。

触れるとスベスベとした気持ちのいい感触が伝わってきた。

たまらなくなり手を動かし始める。

(ああ……何て気持ちいいんだろう……)

その肌触りはまるで絹を撫でるかの様だ。



片手だけで我慢できなくなったぼくは、さわさわと両の手のひらを這わし始めた。

(うわぁ……すげぇ気持ちいい……)

少し力を入れて揉むようにもしてみる。

柔らかい肉の感触がたまらなかった。

しばらくそうして太ももを触った後、今度は上半身へと体を移動させる。

(大きい……)

 目の前には、いつの間にこれほど大きくなったのか、ブラウスを押し上げる妹の豊かな胸の膨らみがあった。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)