まとめ連合

彼氏のいる女友達とAVを見た結果→まあ一緒にそんな事するとこうなるよねwww





エロビデをセットし、巻き戻しをするのを忘れて再生ボタンを押してしまった。



つまり前回のフィニッシュポイントから始まったのだ。



いきなり騎上位で女がアンアンいってる様がブラウン管に映る。



美香子「っていきなりじゃんw」



俺「巻き戻しするの忘れてた・・最初から見る?」



美香子「いんや、このままで・・」



すでにスイッチが入っていたのか、あまい声だった。



美香子「へ~・・すごいね~・・ていうかこの女優声だしすぎじゃない?」



俺「たしかにw俺も思ったw」



そういう感じでいろいろ会話をしていたがそのうち会話は途絶えていき、



画面の向こうの女の声だけが部屋中に響き渡った。



20分ぐらいたっただろうか?エロビデもいよいよクライマックス、男優が女優に顔射するシーンだ。



美香子「いいね、こういうの結構好き・・」



とろんとした目でそう言う美香子に俺は興奮して何も言えなかった。



エロビデも終了した。



美香子「なかなかよかったね~」



俺「いいっしょ、結構お気に入りの作品w」



美香子「お気に入りなんやwwあ、もしかしてたっちゃったりする?」



俺「お、おう、びんびんだぜ」



さすがにこのセリフを言うのは恥ずかしかった。



美香子「まじで~・・」



そう言って美香子がなんと俺の股に手を伸ばしてきた。



俺「え?なになに?」



美香子「ちょっと触らしてよ~」



そういって俺の股をさすってくる。



俺「ちょっ、それはやばいって」



いきなりのことでてんぱっていたがなんとか理性を振り絞り手を払いのけた。



美香子「えーいいじゃん~なんで~?」



そう言うと美香子は俺を押し倒した。



そして俺のチンチンをズボンのチャックからだそうとしている。



俺(やべーこいついつもの美香子と違う・・)



女の子の香りが鼻をつき、時折美香子の胸が俺の体にあたる・・



ぶっちゃけもうどうなってもいいや~と思った。



俺は一応抵抗するふりをしたが全然力をいれていない。



美香子はいよいよファスナーを下ろし俺のチンチンをだそうとしている。



「うふふ・・」



美香子が意地悪っぽく笑う。



(ま、まじかよ)いつも知ってる美香子とは違う美香子がそこにいた。



俺はそのギャップに興奮した。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)