まとめ連合

伝言ダイヤルで知り合った25歳の人妻と遊びまくった結果www





その後、3回ほどメッセージのやり取りをしてから、会うことになりました。



待ち合わせ場所は、私の住む町のメイン駅前。



特急電車の到着時間に合せて駅前で待っていると、少し背の高い一際綺麗な女性が現れました。



『まさかね・・・』と思いつつ女性を見ていると、その女性は躊躇せず私の車に近付き窓をこんこんと叩きました。



祥子との出会いの瞬間でした。



その日は一緒に昼食を取り、色んな話をした後に祥子の指定する場所まで送り届けました。



私は当時まだ高価だった携帯電話は持っておらず、祥子にポケベルの電話番号だけ教え別れました。



その後、祥子からは何の連絡も無く、伝言ダイヤルの私のボックスにも祥子からのメッセージも入りませんでした。



5日ほど経った昼前の事、ポケベルが鳴るので確認すると見た事も無い番号が表示されていました。



そのまま放置していたら再度ポケベルが鳴り、同じ番号が表示されていたのでピン!と来るものがありました。



近くの公衆電話からかけると「はい、○○です。」と、なんとなく聞いた事があるような声。



「祥子さんですか?」と聞くと「ハイ私です。」と・・・。



私は、連絡を待っていた事、是非また会いたい事、正直惹かれている事を伝えると、



「明日はお忙しいですか?」と聞くので、夕方から時間が取れるので会いたい・・・と伝えました。



祥子は少しはなれた大都市に住んでおり、その都市のシティホテルのロビーで待ち合わせする事にしました。



祥子と待ち合せたシティホテルは、私が伝言ダイヤルで女性との待ち合わせに良く使うホテルでした。



その都市一番の高級ホテルで、予め部屋はリザーブしておき、会った女が気に入ったらそのまま部屋で・・・が大体のパターン。



私は既に祥子に夢中で、部屋も予約したし絶対自分のモノにしよう・・・と決めていました。



翌日の約束の時間、私はロビーではなくホテルの部屋で祥子からの連絡を待ちました。



私は美しいだけではな、く頭の良い女性を求めていました。これは一つの賭けです。



待ち合わせ時間を20分ほど過ぎると、私のポケベルが鳴りました。



表示された番号はホテルの代表番号、私は賭けに勝った!と思いました。



部屋の内線からフロントに電話を掛け、



「○○さんがフロントにいらっしゃるから部屋まで電話をして欲しいと伝えてください。」



とお願いしました。



一度電話切ると、折り返し内線がなりました。



「もしもし、祥子です。今から其方に行ってイイですか?」



私はシャワーを浴びて、バスローブに着替えていました。



暫くすると部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けると祥子が入ってきました。



流石に少し緊張した顔をしていましたが・・・。



祥子とは二時間ほど部屋で過しましたが、抱く事は出来ませんでした。



「もう少し時間を下さい・・・」と言われたからです。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)