まとめ連合

淫語をいいながらア○ルを舐めてくれる彼女に興奮しっぱなし





この言葉にさらに勃起強度が高まった私は、彼女の手を自分のチンポに導きました。

「ほら、仁美ちゃん。硬くなってるのわかる?、俺のチンポ」

「はい…裕二先輩も興奮してるんですね…はぁはぁ」

「そうだよ。彼氏はこのままチンポをおまんこに入れちゃうの?」

「はっ、はい…舐めてって言われるんですけど、いつも私が断っちゃうんですよ…」

「舐めるって何を?」

「オチンチンをです…」

「仁美ちゃん、オチンチンってのは子供の言葉だよ。大人はチンポって言わないと。」

「えー、やらしいです…」

「そんなことないよ、仁美ちゃんのオッパイとおまんこで俺のチンポビンビンになってるんだよ。素敵な証拠だよ」

「そうですか~?あっ、んっ、んっ…やだ裕二先輩、いじらないで下さい…」

こういう風に淫語を導く間にも、体を刺激して身も心も性感を高めてあげます。



「さあ、何を舐めるのか言ってごらん」

「はい…チンポです…」

「チンポをどうするの?」

「チンポを舐めます…」



最初は「何を舐めるのを断ってるのか?」と聞いてたのですが、彼女は趣旨が変わったことを興奮しすぎて気付いていません。

「じゃあ俺のチンポ舐めてみて」

「うーん、さっきも言いましたけど1回しかやったことないから、多分下手だと思いますよ…」

「俺が教えてあげるから。じゃあまずはこの先っちょをぱくっと全部咥えちゃって。」

「はい、こうですか?」と亀頭をカプっと全て咥えました。



私が股を開き、仁美が私の股間に顔を埋める感じです。

「そうそう、上手いじゃない。舌も使ってみて。そうそう。」

「こうですか?」

「そうだよ、上手い上手い。何で彼氏にはやってあげなかったの?」

「うーん、何となくです。何かやってあげようって気になれなかったんですよね」

「へええ、じゃあ俺のは大丈夫なんだ。ありがとう。でも風呂も入らずにごめんね」

「いえ、でも裕二先輩のオチンチンそんなに臭くないですよ」

「おいおい、名前が違うだろ」

「あ、チンポ…そんなに臭くないです」

「そうそう。で、彼氏のチンポは臭いの?」

「はい、何か白いのがついてるんです…臭くて…」

「ああ、彼は包茎なんだね。じゃあ俺のチンポはこれからも舐めてくれる?」

「はい、裕二先輩のチンポなら大丈夫だと思います。ふふふ。」

もう抵抗は無くなってきた様だ。



チンポと言わせることに成功したので、次はアナル舐めです。

彼氏へのフェラチオの話を聞いて、舐めさせる道筋を考え付いていました。

「次はもう少し下の方を舐めてくれる?玉袋のあたりを」

「えー、下ですか?少しだけですよ…」

「おお、うまいうまい。玉袋の中の玉を口の中に咥えて転がすように舐めてみて…」

「ふぁい。こーでふか?コロコロ」

本当に上手いんです。おそらく素質があったのに、彼氏の包茎のせい(?)で今までそれが開花せずにいたのでしょう。



「ああ上手いよーもうちょい下いける?」

「もうちょい下ですか?はぁ…」

仁美は蟻の門渡りを舐めだしたのですが、すると仁美の口から願っても無い言葉が飛び出しました。

「男の人のお尻の穴ってこんなところにあるんですね~初めて知りましたーフフフ」



渡りに船、と思った私はすぐさまお願いしました。

「仁美ちゃん、肛門も舐めてみてくれる?男は皆そこ舐められるのが大好きなんだよ」

「ええええっ、それはちょっと…だって…その…汚いでしょう」

「仁美ちゃん、彼氏のチンカスのついたチンポだって舐めたことあるんでしょ?

だったら大丈夫だよ。同じようなもんなんだからさ。それに俺って多分体臭少ない方だからさ。ちょっと舐めてみてよ。」



ついに言ってしまいました。

気が引けて妻にも言えなかったお願いを、一回り以上も下のサークルの後輩に。

私のお願いに根負けしたのか、彼女も渋々ですが応諾してくれました。

「ちょっとだけですよ…ふぅ…ペロペロ」



頭の中に電流が走ったような気持ちの良さでした。

風俗では念入りにシャワーで洗ったあとにしか舐めてもらえないのですが、

今、サークルの後輩に、洗う前の肛門を舐めさせているのです。

柔らかい舌が肛門をヒタヒタと舐め回します。



「仁美ちゃん、肛門の周りじゃなくて、肛門のしわしわを中心に舐めてくれる?」

「はい…ペチョペチョ」

「彼のチンポと俺の肛門とどっちが臭い?」

「先輩の、結構平気です。彼の方が臭かったかも…」

「ちゃんと言わないと分からないよ。」

「裕二先輩の肛門より、彼のチンポのほうが臭いです…」



最高の気分でした。

本当であればこのままアナル舐め手こきで出してもらいたいのですが、まだそこまで教えるのは時間がかかりそうでしたので、

攻守交替することにしました。



「ありがとう、最高だよ。次は俺が仁美ちゃんのおまんこを舐めてあげるからね。」

恥ずかしがる仁美を尻目にクンニを始めました。

さっきはいじるだけでよく見れなかったのですが、綺麗なおまんこです。

乳首の色は茶色ですが、おまんこのビラビラは綺麗なピンク色をしています。

クリやビラビラも全体的に作りも小さく、本当にかわいらしいおまんこです。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)