まとめ連合

淫語をいいながらア○ルを舐めてくれる彼女に興奮しっぱなし



私は30代の既婚のサラリーマンで、春樹という者です。

今までの会社生活では苦も楽もありましたが、概ね順調です。

自分で言うのも何ですが、結構人当たりが良い方だと思います。

見た目は十人並み(男にもこの表現使うのでしょうか?)で、人畜無害な印象を与えるようです。会社の上司やおばさんの受けもよく、同僚は私のことをいわゆる「いい人」と見ていると自分では思っています。



妻も同様で、私のことを優しくて誠実な夫だと信用してくれています。

そんな私ですが、変わった性癖を持っています。淫語プレイとアナル舐めが大好きなのです。

淫語プレイでは、特に女の子が”チ〇ポ”と口に出して言うことに非常に興奮してしまいます。

やはり恥ずかしいと思う女性が大半のようでなかなか言ってくれませんが、言わせるまでの過程も楽しいものです。



また数年前にネットで”Ass Eater”という、女優が男優の肛門をひたすら舐めまくるというアメリカポルノを偶然見つけました。

しかし当時の彼女にお願いしたところ、「馬鹿じゃないの?!」と軽く一蹴されてしまいました…



今でも忘れられず、そのプレイが私の願望として心の奥にずっとあります。

妻にはどうしても頼むことが出来ず、そういう衝動に駆られた時はもっぱら池袋の某風俗にお世話になっています。



前置きが長くなりましたが、こういう具合に私の心の奥にはセ〇クスに対する物凄くドロドロとした願望があります。

何故でしょう。もしかしたら少しSなのかもしれません。SMには全く興味ありませんが。

妻には申し訳無いのですが、性欲を解消してくれる理想のSFが現れないかとずっと妄想していました。



ある時大学のサークルの後輩の3年生一同からOB訪問の申し込みを受けました。

OB会の幹事とかもやったことありましたので、学生からも顔を覚えられていたようです。

全員で10人くらいいましたが、私も全員のことを知っていました。

酒を飲みながらざっくばらんに話した方が私も気が楽ですし、彼らも私の本音を聞きたかったそうなので、居酒屋で全員まとめて話をすることにしました。



乾杯の途端に早速「給料はいくらだ」とか、「残業はどれくらいか」「酒の付き合いは多いのか」とかいう質問が始まりました。

もともと話好きでしたので、面白おかしく話をしていると、そのうちに学生も酔いが回ってきて調子に乗り出し、

「可愛い女の子は多いか」とか、「社内の不倫は多いのか」とかソッチ系の話に話が逸れて行きました。

こういう話も大好きなのでちょっと話に乗りかかると、テーブルの隅の方で、学生の1人の仁美がつまらなさそうな顔をしています。



年に2度のOB会でしか顔を会わせない学生たちでしたが、中でも仁美は私の好みのタイプでしたので、良く覚えていました。

少しぽっちゃりしていますが気になるほどでもなく、やせている子が好みの私でも食指が動く感じのスタイルです。



Eカップくらいはありそうな大きい胸が印象的で、顔と胸を合わせて、芸能人で言えばMEGUMIみたいな感じでしょうか。

滅茶苦茶可愛いというわけでは無いのでサークル内でもそんなに人気のある子では無かったようですが、私の好きなタイプだったので良く記憶に残っていました。



そういえば下ネタとか駄目な子だったっけなあ…と思いつつ、その学生との話を打ち切り、さりげなく仁美の横に移りました。

「よっ、仁美ちゃん。久しぶりだね~今年は会うの2回目かな」とフォローのための当たり障りの無い話を始めました。

すると、

「はあ、そうですね~」

と素っ気ない返事。

やっぱり下ネタ(というほどでもなかったのですが)で気を害したのかなあと思い、更にフォローを続けました。



「毎年OB会で1回しか会わないから良く分かんなかったけど、もう3年生なんだ~」

「裕二先輩、私まだ2年生ですよ。」

「え、そうだっけ?でもOB訪問って3年生でやるものでしょ?最近は2年生から就活始めるものなの?」

「はあ、まあそんなもんですよ…」

今思えば私に会うためにこの日に顔出したんだな、と思いますが、その日は何でこんなに不機嫌なんだろうとしか思えませんでした。

私はタイプだった仁美に冷たくされて、気が沈んだままその日はお開きになりました。



翌日学生たちからお礼のメールが届き、仁美からも届きました。

「昨日はありがとうございました、また機会がございましたらお話伺わせて下さい。」という紋切り型のものでした。

私は前の日の仁美の態度が少し気になっていたので、冗談半分で飯に誘いました。

「昨日の話は参考にならなかったかな、ごめんね。お詫びにおじさんがおいしいご飯をおごってあげよう!」

すると1分後に即答でした。

「昨日は変な態度ですみませんでした。私もお会いして謝りたいと思ってましたので、是非!」



数日後、私の会社帰りに会うことにしました。

最初は他愛も無い話をしていたのですが、突然仁美がOB訪問の話を切り出してきました。

態度がおかしかったのは彼氏(あの中にいたそうで、私も初めて知りました)と喧嘩しててイライラしていたから、そんな時に私が馬鹿話をして彼氏を含む皆と騒いでいたのが嫌だったから、とのことでした。

なるほど、やっぱ下ネタは嫌いだったか…と思いながら私は質問しました。



「ところで何で仁美ちゃんは俺にそういうことを話してくれるの? OB訪問も必要は無かったんでしょ?」

鈍感の極みのような質問でしたが、仁美ちゃんは照れながらも答えてくれました。

「だって裕二先輩大人だし、大学入ったときから憧れてたし、久々に会いたいと思ったんです…」

私も好みのタイプの仁美ちゃんにこういうことを言われて舞い上がってしまい、その後のセックスのことを一瞬で考えてました。



しかし妻のことを愛していましたし、サークルの先輩が後輩に手を出すという図式が嫌だったので、

ここは一旦大人の余裕を見せて引き下がろうと思いました。

「そういう風に思っててくれたんだーありがとね」と手を握り目を見つめながら答えました。

仁美は嫌がりはせず、にっこりとしながら笑い返してくれました。



その日はそのまま彼女の最寄り駅まで一緒に電車で帰り、仁美のアパートまで彼女を送り、私もそこからタクシーで家に帰りました。

仁美の家までの帰り道、ずっと手を繋いだままでした。強引にいけば最後まで行けたでしょうが、しませんでした。



その日家に帰り、ベッドの中でじっくりと今後のことを考えてみました。

「妻には悪いけど仁美ちゃんは可愛いなあ」

「純情そうだし、今の彼氏がお互い初めての恋人だと言ってたから、セックスに対する知識も少ないはず」

「従順そうで、淫語プレイもアナル舐めもしてくれるんじゃないか?」

「ひょっとしたら、彼女こそ俺の探してた理想のSFになってくれるんじゃないか?」



数日後また仁美からメールがあり、彼氏と別れたいという内容でした。

相談したいというので、また私の会社帰りに会って話をすることにしましたが、その時点で既に私の心の中は決まっていました。

妻には出張でその日は帰らないことを告げていました。



酒を飲みながら仁美は愚痴りまくります。どうやら彼女は酔うと口数が多くなるようです。

「あー、あいつ頭にくるんですよー!私のこと大切にしてくれないしー!その点裕二さんは大人だからなー奥さんが羨ましい…」

終始こんな感じでした。

私はというと、

「彼氏にだっていいところあるだろう?今が踏ん張り時だから頑張りなよ」

といいながら、頭ではその後の展開を考えていました。

時計を見ながら終電が過ぎるのを待ちましたが、1時頃に仁美がそれに気付きました。

「あれー終電なくなっちゃいましたよー!ごめんなさい!」

「うーん、泊まっていくわけにもいかないから、とりあえずタクシーで仁美ちゃんちまで送るよ。」



タクシーの中では彼女はずっと私の指に指を絡ませ、腕に腕を絡ませ、大きくて柔らかい胸を私の腕に押し当てたままでした。



彼女の家に着き、玄関の前まで送ると、彼女が

「裕二先輩、今日もありがとうございましたっ!!」

といって抱きついてきました。

「おいおい仁美ちゃん、こんなことしたら彼氏に悪いだろ。」

「裕二先輩ってどこまでも優しいんですね~奥さんが羨ましいよ~」

「そんな可愛いところ見せられたら俺も我慢できなくなっちゃうかもよ(笑)」

「裕二先輩ならいいですよ…」

「じゃあ今日は朝まで仁美ちゃんの愚痴に付き合っちゃおうかなあー」

「え、でも奥さんは?」

「そういうことは気にしなくていいんだよ。さっ、先入ってて。タクシー精算してくるから」



部屋に入るなり彼女からキスをして来ました。

酒の勢いもあってか、私の舌や歯茎を舐めまわす物凄く濃厚なキスでした。

純情なイメージだったんですが、一連のモーションといいタクシーの中といい、結構積極的なのかなと思いました。

しかし多少積極的である方が、彼女の羞恥心をくすぐった時に燃えてくれるかも(?)と、勝手に妄想していました。



そうこうしているうちに彼女が急にシクシクと泣き出しました。

「裕二さんの奥さんに凄い悪いことしてるよー」

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)