まとめ連合

友人のスマホにある動画を見るとそこに映っていたのは友人夫婦に開発されている彼女の姿だった





希美「自分で持って見せて」

美香はええ、と一瞬とまどったが、希美が美香あ~と甘えると自分で太ももを持って広げた。画面には美香のアソコと思い切り自分でM字に広げた脚が・・・

その時、永井が「ありゃーもうなんかたまんない、イキそう」とか言ってきた。

横にカメラが動くと、永井が自分でシゴいていた。かなり興奮したのだろう。



希美「ああ・・・もうしょうがないな、美香、ちょっとイカせてあげて」

美香「ええ・・もう・・・」

いそいそと永井がまた美香の顔の横に。

希美は引いた位置に携帯を一端置いて、カメラに3人が入るようにしたようだ。

画面が固定されると、希美がローターを持って(希美も全裸だったw)

M字に広げたままの美香の脚の間に入った。

すぐに、美香が激しく喘ぎだした。



「ああっ、はあ、は・・・はあん、いや、だめ・・・」

永井が顔の横にゴムが付いたままのモノを近づけると、美香はすごい勢いでしゃぶりだした。

モノを口だけでしごくように、激しく前後に頭を振る。

すぐに永井が、「ああ、もう・・・」とギブアップしてきた。

気がついた希美が、慌てて携帯を取り、カメラを近づける。



画面いっぱいの美香の口がテカテカと唾液で光り、永井のモノを口だけでストロークしている。口の中でまた舌がヌラヌラと動いているのがカメラでもアップで・・・

永井が「ああ、いく、いく」と言って腰をビクンとさせた。

たぶん出てるのだろう、でも美香は夢中で首を動かして吸っている。



永井「あ、はんぱない、これ、おお・・・」と唸って、しばらくビクビクしていた。

しばらくして、美香が口をゆっくり離すと、ゴムをつけた永井のモノが姿を見せた。

永井は驚くほど射精していた。ゴムの先がタプタプになっていた。

希美「ちょっとお、あたしの時より多くない?」

永井「いや、ぶっちゃけ気持ちよかったかな・・・」



希美がゴムをはずし、慣れた調子で永井のモノを口でキレイにしていた。

ぼーっとしている美香に携帯を持たせて、撮らせたのかアップでフェラ、

ついでにちょっと舌を絡めた本気のフェラ、20秒ほどで永井は元気になった。



まあ、飲んでいるとはいえ女2人のいやらしい姿を見てるのだ、俺でもすぐ立つだろう。

正直、こっちのフェラも興奮した。全裸も初めてだが、希美ちゃんのフェラ・・・

そして、また希美は永井にゴムをはめると、

希美「じゃあ本番ね」

ローターをいじっている美香の前に永井を座らせ、

希美「じゃあ、いい?」

永井はうなずくとすでに濡れているであろう美香のアソコにゆっくりと沈めていく。



美香「ああ、はあああああ・・・」

満足げなため息をもらして、自分で脚を持ったまま美香は永井のモノを受け入れていた。

希美「美香、どう、気持ちいい?」希美は結合部を撮影しながら聞いている。

美香「ああ、あ、はあ、いい・・・」

美香はすでに動き出した永井のモノで、快感に浸っているようだった。



希美「永井、頑張ってよー」

永井は美香の脚を自分の肩まで上げ、深く入れていた。

美香「ああ、それ、・・・あはあ、」

美香も段々と声が大きくなる。永井はしばらく突いてから体位を変えようとした。

美香が気がついたようで、なんと自分から上に跨っていった。



希美「美香、積極的ー。アップで撮っちゃおうっと」

希美が撮っているまえで、美香は永井のモノを自分でつかみ、上になって踏ん張った姿勢でモノを沈めていった。

美香「あ・・・は・・あ」永井「おお・・・う」同時に2人が言った。



多分深く入ったのだろう。

希美「美香、自分で動いたら?」

美香はそのまま、酔ってるのかふらふらしながらゆっくりとモノを上下に出し入れ。

こんないやらしい格好、普段は絶対にしない。酔って理性が飛んでいるのか・・・



さすがに腰がつかれたのか、しばらくしたらグッタリとそのまま永井に倒れ込む。

俺が少しだけほっとしたのは、最中2人はキスをしなかった。どういう気持ちだったのか、心に罪悪感が少しあったのか・・・

永井はまた正常位に戻ると、激しく美香を突き始めた。



美香はローターでイキかけていたのがはじけたのか、「ああん、ああ!だめ、だめ!奥、奥!」また希美が上の乳首をずっとローターで刺激していたのでよけい感じたのだろう、カラダがだんだん桜色になってくるのがわかった。イク寸前のようだ。



希美は美香とディープキスをしていた。このときは携帯は枕元で、2人がキスしていたのがわかった。しばらくしたら、スパートをかけたのかまた永井が

「やべ、だめ、いくわ」と言いながらパン、パン、と腰を打ち付け始めた。



希美「わかった。今度は私がしてあげるからちょうだい」

美香が激しく喘ぎ始めた。もう時々声にならないような喘ぎをあげて、ラストに向かって上り詰めていく。カメラで希美が興奮して、はあ、はあ、と言っているのが聞こえる。美香の胸がイキそうなのか、ちょっと乳首が尖ってきた。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)