まとめ連合

先輩「お尻の穴って、そんなにきもちいいの?」バイトの先輩に女装趣味がばれた結果、いじられて弄ばれ続ける羽目になったんだがwww



涼太「・・・」

彩香「涼太もまんざらじゃなさそうじゃん♪」

絵里「そりゃそうですよ、ね、りょうこちゃん?」

涼太「りょ、りょうこちゃんて・・・」

千尋「りょうこちゃん、ふふふ」

しばし我を忘れてしまったが、やっぱり女装姿を見られるのは恥ずかしかった。

まだ誰にも見せたことが無いのに、よりにもよってバイト先の先輩

しかも同時に4人にも見られるとは・・・

涼太は縮こまるしなかった。

しばし涼太の女装姿で盛り上がったところで、また飲み直すことになった。

涼太「じゃ、じゃあ、僕着替えてきます・・・」

そそくさと階段へむかおうとすると彩香が手で制した。

彩香「そのまま!」

涼太「ええ、ちょっと、でも僕これじゃ・・・恥ずかしいっす・・・」

千尋「ぼく?ぼくじゃないでしょ、今はりょうこちゃんなんだから、僕じゃなくて?」

涼太「えっ?!」

彩香「わたし!わたし、だろ!?はい、わーたーしー」

涼太「わ、わたし・・・」

千尋「そうそう、良く出来ました。じゃあ飲み直しましょう?」

結局涼太の女装はとくことを許されずそのまま宴が再開された。

20分程度宴がつづいたあと、さらに場がハイテンションになったところで、

千尋が言い出した。

千尋「じゃあ、王様ゲーム、しない?」

彩香「いいっすね!もう何でもやろう!な!」

絵里「はーい♪」

美咲「もう・・・みんな酔いすぎなんだから・・・」

涼太「お、王様げーむ・・・」

涼太はまた新たな不安が浮かんだ。

なにかこう、セクハラされるのではと・・・

普通美女4人と王様ゲームといったら、

自分が王様になったときの楽しみに期待を寄せるのが普通だが

今の涼太は何故か逆の心配をしていた。

そしてまたしても、その悪い予感は的中することになる。

しばらくは他愛の無い命令が続いた。

一気飲み、デコピン、歌を歌う・・・

まぁ、コレくらいなら安全かな、と涼太も少し安堵していた。

涼太が王様に当たったとき、ダメ元で、王様は男に戻りますと言ってみたが

千尋・彩香コンビにあっさり却下された。

そして、きっかけが生まれた。

彩香が王様を引きあて、そろそろぬるい命令は終りだとばかりに胸をもむという命令を出した。

幸い涼太があたることはなかったが、これ以降、ムードは加速していった。

彩香「じゃあ、どんどん行こう!王様だーれだっ」

千尋「はーい!」

絵里「千尋さーん♪」

彩香と絵里は涼太の背後で必死に指を立てている。1と4を表しているようだ。

自分が何番かをこっそり知らせているのだ。

ちゃっかり美咲も、膝の上でひかえめに2本の指を出した。

千尋「じゃあね、3番と王様が、キスしましょう。」

絵里「さ、3ばーん?」

彩香「はい、だれー?」

涼太「・・・あ、あの・・・ぼ、ぼくです・・・」

彩香「ぼくぅ?」

涼太「・・・あ、いや、わ、わたしです。」

絵里「え・・・」

彩香「じゃあ涼太と千尋さんきっすーー」

千尋「うふふ、おいでりょうこちゃん・・・」

涼太はしぶしぶ千尋の前に座った。

千尋が涼太の頬に手を寄せると、そのまま静かに唇を重ねた。

涼太はぎゅっと目をつぶってじっとしていたが、

5秒たっても、10秒たっても唇は離れようとしない。

それどころか、千尋はそのまま舌を忍ばせてきた。

涼太「・・・っ!」

涼太はびっくりして体が硬直してしまったが、

千尋の柔らかな舌の感触に心地よさを感じてしまい、そのままなすがままにされていた。

ねっとりと舌と舌が絡み合う、初めての体感。

絵里「千尋さんちょっと!ながい!ながい!」

彩香「千尋さん、舌入れてんでしょ!」

千尋「んん・・・んぅ~・・・」

涼太「んんんん!」

ひとしきり涼太の口内の感触を楽しんだ後、千尋はちゅぱん、と音を立てて唇を離した。

一瞬二人の間で唾液が糸を引いた。

千尋「あー、涼太くんの唇美味しかったわ♪」

絵里「もう・・・」

彩香「じゃあ、次いってみようか?」

彩香が割り箸を束ね、呆然としている涼太を取り残して次のゲームを促した。

涼太以外が引き終わり、涼太も彩香にこづかれて割り箸を引いた。

王様は彩香たった。

そして他の女子3人はまたしても彩香にサインを送っていた。

おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)