まとめ連合

俺「この女、俺に触られたがってやがるぜ」痛ーい勘違いをした俺が痴女の上級生に痴漢した結果→まじでヤバいことになったんだが・・・

28:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:00:17.31 ID:JXdSzgVWO

早く

早く続きを頼む



29:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:01:28.83 ID:Um8404K10

はやく!はやく!



31:1 ◆khwdj.8Iqs :2011/10/12(水) 21:03:45.05 ID:+yRAfRh10

 
その日の午前中の授業は、「どうしよう」というパニックで、まったく頭に
入らなかった。

俺は(今でもそうだが)小心者だ。
Aからは「○○部の女子の先輩たちは怖い」と聞かされていたし、中学は
運動部だったから「先輩はとにかく怖いもの」という考えがしみついていた。
その先輩に痴漢して呼び出しをくらってしまった。しかも非は100%俺にある。

さんざん説教とか吊るし上げされるだろうとか、先生に言われたら学校中で
噂になって退学だとか、いや警察に通報されたら犯罪者だとか本気でガクガク
ブルブルしていた。

昼休みになったが、食欲もまったくなかったので俺は弁当に手も付けず、
12時半が近づくと、同級生に適当な口実を言って教室を抜けだした。



32:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:03:49.12 ID:N2/KXAPA0

ハァハァハァハァハァハァハァハァ





ふぅ



37:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:07:15.60 ID:SAKXnPVB0

>>32
もうちょいがんばれw



34:1 ◆khwdj.8Iqs :2011/10/12(水) 21:06:28.66 ID:+yRAfRh10

 
もう処刑台に登るような気分で、校舎から離れた部室棟にある○○部の部室に
向かった。部室は部活の時にしか使ってはいけないことになってたんで、部室棟の
周りにはほとんど人気もなかった。

○○部と書かれたドアの前に立ち、おそるおそるドアをノックした。
「どうぞ」と声がした。
「…し、失礼します」
ドアを開けた。

部室は6畳間ぐらいの広さで、倉庫みたいに使われているらしく、壁には段ボールが
積み重ねてあった。
部屋の真ん中に大きな会議テーブルがあって、何脚かパイプ椅子もあった。

ドアの正面に窓があるんだが、その日は曇り空で、カーテンも引かれていたんで
部屋の中は薄暗かった。



36:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:06:45.69 ID:pY4m/9lH0

んでんで



38:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:07:51.87 ID:j2+ZkMWS0

おっさん!妄想も大概にせえよ。




早く続きをお願いします。



40:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:10:26.89 ID:skMvnzIj0

おっさん今日はキレがあるな



41:1 ◆khwdj.8Iqs :2011/10/12(水) 21:11:26.01 ID:+yRAfRh10

 
なんか人民裁判みたいに、怖い先輩がずらっと並んでいるのかと思っていたが、
想像に反して、中にいたのは窓際の椅子に座った青田さん一人だった。

青田さんは冷たい目で俺をジロっと見て言った。
「ちゃんと来たね。そこ座って」
俺が椅子に座ろうとしたら、青田さんは一言
「いや正座ね」

膝が悪いので正座は避けたかったが、言い返すわけにもいかず、青田さんから
1mほど離れた床に正座した。もう取り調べされる犯罪者の気分だった。
青田さんが冷たい声で話し始めた。

「名前とクラス」
「…1年○組の(俺)といいます」
「なんで呼ばれたかわかってるよね?」
「…はい」
「いっつもああいうことしてんの?」
「…いえ、初めてで…」
「ウソつかないでよ。何日か前からゴソゴソしてたのわかってんだよ」
「…(やっぱりバレてた!)すいません…」
「電車の中で触ってくるとかさ。気持ち悪いねあんた。変態だよそんなの」



42:1 ◆khwdj.8Iqs :2011/10/12(水) 21:13:10.39 ID:+yRAfRh10

 
女性とろくに話したこともない16才純粋童貞にとっては、青田さんのような
美人から面と向かって「気持ち悪い」だの「変態」だのと言われるのは
本気でキツかった。

「…すいません」
「あんた□□先生のクラスだよね。先生に言ったら退学だね」
「…すいません」
「警察に言ったら捕まるよ。犯罪だもんね」
「…ずびばぜん」
俺はちょっと涙ぐんでいた。



47:名も無き被検体774号+:2011/10/12(水) 21:16:03.18 ID:N2/KXAPA0

>>42
ご褒美じゃねーかwww
むしろ喜べよ。





ふぅ



43:1 ◆khwdj.8Iqs :2011/10/12(水) 21:14:31.75 ID:+yRAfRh10

 
しばらくの沈黙の後、青田さんはポツリとこう言った。

「…興奮したの?」

「はい?」

本気で意味がわからなかった。

「だから興奮したの?」
「え???」
「あたしのこと触って、興奮したのか?って聞いてんの」

まったく意味がわからなかったが、青田さんの目は冗談を言ってない目だった。
びびりまくっていた俺は正直に答えた。

「はい。すいません、興奮しました」
「じゃあ、見せて」



おすすめ記事情報



まとめ連合

コメント

  1. 名無しさん808108

    九州男はクソキチガイ
    日本のゴミ

  2. 名無しさん808646

    どっかのラノベパクったんだろう

    • 名無しさん808653

      そうは言っても最後まで読んじまったんだろ?

      作り話でもなんでもいいじゃん
      どうせ自分とは関係ない他人の話なんだから
      面白けりゃいいんだよ!

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)