まとめ連合

男「少しホテルで休もうか」女「ダメッ 人妻よ」→同窓会で再会した元カノとW不倫に発展したったwww



歓喜の充子の生膣深くへの生中だしを堪能し余韻を楽しんでいると

「中に出されているのが分かったわ」と抱きついてきた。

ゆっくりと充子の生膣から陰茎を引き抜くと中だししたザー●ンが滴りでてきた。至福の絶景である。

「中はだめッて言ったのに・・・もうぉ~」

「危ないのか?」

「多分大丈夫だと思うけど・・・分からないわ」

腕枕をしてやると

「あんなに舐められたのは初めてですごかったわ」

「何度もイッタみたいだね」

「バカッ・・・」

しばしのまどろみを楽しんだ。



2回戦に向け充子の手をとり休憩中の陰茎に触れさせた。

驚いたことにおもむろにフェラを積極的に始めた。

充子のフ●ラを堪能していると陰茎はムクムクと硬さを増してきた。

十分な硬さと大きさになると充子は「大きいわ」と言いながら跨ぐと自ら生膣に陰茎をあてがい腰を沈めてきた。

陰茎をすべて生膣深く咥え込むと同時に

「アアッ アッ~ イイッ」と腰を動かし始めた。

充子の腰を掴み下から突きあげてやると早くも眉間に皺を寄せながら

「イキそ~ イクッ イイッ~」と大きな艶声を出して達した。

体を入れ替え充子に覆い被さりながら2回目の余裕の中激しく生膣を突き捲ると

「ダメェ~ またイッちゃう~ イクッイクッ~」としがみついてきた。

さらに激しく屈曲位で長いストロ-クで充子の生膣を突き捲くると今度は

「アアッ ダメェ~ おかしくなっちゃう~ イイッ イクッ」と眉間に皺を寄せながら仰け反り始めた。

「またいっしょに いこう」と告げ

「イクッ イクッ~」の連呼の艶声を聞きながら

「充子の中に出すぞ」と勢い良くドクッドクッドクッと生膣奥深く歓喜の雄雌の呻きとともに精液を流し込んでやった。

最高な至福の時である。



充子は艶声も出ないほどグッタリしたまま生膣に中だしした陰茎を咥え込んだままである。

「もう~ だめぇ~」と嬉しそうに微笑んでいた。

生膣から陰茎をゆっくりと抜くと注ぎ込んだばかりの精液が生膣からまたも垂れ出てきた。

ティッシュを渡すと充子は生膣を拭きながら

「もう2度もあなたを生で受入れてしまって・・・すごすぎて・・・」と抱きついてきた。

「もう離れられないわ」と男冥利に尽きる言葉をくれたのでキスしてやると

「うれしいッ」と微笑んでいた。



近くの駅まで車で送っていると

「あっ あなたのがまた出てきた」と微笑んできた。

「ばれない様にしろよ」と忠告するのが精一杯であった。

「また会ってね」とねだってくる顔には淫乱さが滲み出ているような気がした。

他人の持ち物の人妻の生膣奥深く生中だしできる至福の時を過ごすことができると思うと次回の逢瀬が楽しみである。

できたら危険日に中だししてみるのも一興かも。



「生理がきたわよ」と人妻充子から連絡が来た。

「ちょっと心配だったけどよかったね」

「また会いたいわ」と誘ってくるが少々焦らすことに。

「今月は無理だけど来月なら・・・連絡するよ」と人妻充子の危険日を計算して逢うことにした。

待ち合わせのSC駐車場で人妻充子を乗せホテルに向けドライブ。

「あれ以来旦那とはしたの?」

「夫婦だから当たり前でしょ でもゴム付よ」

「旦那には同情するけどやはり生が最高だと思うけどな」

「自分勝手にいってすぐ寝る人だから」と相変わらず旦那に不満を抱いている様子であった。

ホテルの部屋に入り抱き寄せキスすると「会いたかったわ」と情熱的に抱きついてきた。

シャワ-を使いソファ-でコ-ヒ-を飲みながら待っているとバスタオルを着けただけの人妻充子が隣に座り寄りかかってきた。

バスタオルを緩め乳房を揉み始めると甘い吐息を出し始めた。

足を少し開かせ生膣に触れるとピクッと体を硬直させるがクリトリスを擦り生膣に指を入れる頃にはしがみついて

「アアッ アッ イイッ~」と甘い吐息が艶声に変わっていた。

バスタオルを剥ぎ取りソファ-に座らせたままM字開脚させ人妻充子の生膣を露にしてやると

「イヤァ~ン 恥ずかしい」と可愛いことを口にするが下の口の生膣は素直に濡れ輝き始めていた。

人妻充子の両足を抱え込むように生膣に顔を近づけると充子は舐められ易いように腰を前に突き出してきた。

そしてゆっくりと舌先でクリト●スを舐め生膣を舐め回すと

「アアッ イッ うれしいッ~」と艶声を出し始めた。

しばらく焦らすようにゆっくりとクニリングスを続け生膣が淫水で溢れ出すと激しく口唇全体で生膣を吸い舐め回すようにすると

「アアアッ~ すっすごいッ アアッ イイッ イッ」と歓喜の艶声を部屋中に響くほど出し始めた。

たっぷりと人妻充子の生膣を味わい弄んでから

「硬くして」とソファ-の前で仁王立ちになると人妻充子は気だるそうに体を起こし陰茎を握り締め嬉しそうにフ●ラを始めてくれた。

おすすめ記事情報



まとめ連合

コメント

  1. 名無しさん811432

    何が面白いんや?

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)