まとめ連合

女の子「おじさん、いつもここに居るね」無邪気な言葉に俺の性欲が爆発してしまった。社会的な影響を及ぼすほどの大騒動を起こしてしまった…



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:24:56.10 ID:KK/x9cxo0
―――朝 バス停

男「……」

少女「……」

男「……」

少女「お、おはようございます」

男「え?ああ、おはよう」

少女(九月になってからこの人とは毎日会うなぁ)

少女(こんな田舎のバス停を利用するの私だけだと思ってたけど)

少女(最近、引っ越してきたのかな?)

少女「……あ、バスだ」

男「……」

少女(まあ、どうでもいいか)




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:28:49.61 ID:KK/x9cxo0
―――朝 バス停

男(毎朝、会うな)

少女「……」

男(中学生か……ま、通学なら毎日会うよな)

少女「お、おはようございます」

男「え?ああ、おはよう」

少女「……」

男(びっくりした……急に挨拶された……)

男(そういえば怪しい人には挨拶しろって今の子は言われてるんだっけ……?)

男(俺、怪しいのか……)

少女「あ、バスだ」

男(普通だと思うんだけどなぁ)

少女「……」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:33:01.64 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

男「……」

少女「おはようございます」

男「あ、お、おはよう」

少女(毎日会ってるし……お話しないと変かな?)

男「……」

少女「あの」

男「え?なに?」

少女「今日も暑いですね」

男「うん。そうだね」

少女「……」

男「……」

少女(会話止まった……)

少女「バスだ……」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:36:17.47 ID:KK/x9cxo0
少女「……」

男(話しかけたいけど……変な人だと思われるよな……)

少女「あの」

男「え?なに?」

男(向こうから話しかけてきた……別に警戒されてないのか……?)

少女「今日も暑いですね」

男「うん。そうだね」

少女「……」

男(何か話題は……中学生ぐらいの女の子ってどんな話なら食いつくんだ……?)

少女「……」

男(バスが来ちゃったか……)

男(まあ、別に無理に話すことはないよな)




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:39:55.94 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

男(今日は俺から挨拶するか……)

少女(あ……来た)

男「おはよう」

少女「おはようございます」

男(話題……)

少女(今日の小テスト自信ないなぁ)

男「あ、あの」

少女「はい?」

男「今日も暑いな」

少女「そうですね」

男(あ……昨日と同じじゃないか……)

少女(今のうちにちょっと予習しとかなくちゃ)

男「あ、バスだ」

少女(憂鬱……)




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:43:43.11 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

男(よし)

少女(……なんだろう。やけに気合い入ってるけど……なにかあるのかな?)

男「おはよう」

少女「おはようございます」

男「今日は涼しいな。やっと秋って感じになった」

少女「そうですね。もう九月も後半ですし」

男「えっと……中学生なの?」

少女「え……?」

男(やば……・やっぱりこんなことを訊ねるのはまずかったか……)

少女(はぁ……高校生なのに……)

男(露骨に変な顔された……やっちまったか……)

少女(早く大人になりたいなぁ)




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:48:49.70 ID:KK/x9cxo0
男「……」

少女「……」

男(もう駄目だな……これからは挨拶だけにしよう)

少女(大人の人からは中学生に見えるんだ)

男(気まずいな……はぁ)

少女(どうしよう……訊こうかなぁ?)

少女(でも、変な子って思われそうだし……)

男(なんか視線を感じるぞ……もう変人扱いかよ……くそ)

男(女の子って敏感って聞くもんなぁ……童貞の挙動に)

少女(聞きたいけど……うーん)

男「―――バスだ」

男(今度から時間ずらすか)

少女「あ……」

少女(明日、聞いてみようかな?)




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:53:45.14 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

少女「……来ない」

少女「どうしたんだろう?」

少女「この時間を逃すと二時間後にしかバス来ないのに……」

少女「寝坊かな?」

少女「あーあ……訊いてみたいのにぃ」

少女「大人の女性には何が必要なのかなぁ……」

少女「胸?彼氏?うーん……」

少女「大人の男の人ならきっと知ってると思うんだけどな」

少女「あ、バスだ」

男「はぁ……はぁ……間に合った!!」

少女(あ……今頃来た……遅いよ)

男「お、おはよう」

少女「おはようございます」

男(この時間ならぴったりか……よし、明日からはこの時間に出勤しよう)




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:57:21.41 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

少女「今日も来ない……」

少女「もしかして、私って避けられてるのかなぁ?」

少女「なんか失礼なことしたっけ……?」

少女「まあ、いいか」

少女「また今までの状態に戻っただけだし」

少女「本でも読もっと」

少女「……」

男「あ、れ?」

少女「あ……」

男「バス、まだ来てないの?」

少女「え?はい。そういえば今日は遅いですね」

男「そうか……」

少女「おはようございます」

男「あ、お、おはよう」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:01:42.96 ID:KK/x9cxo0
男(田舎のバスって遅れないって聞いたなのに……)

少女「あの」

男「え?なに?」

少女「少しだけ、訊きたいことがあるんですけど」

男「き、訊きたいこと?」

男(なんだ……・?)

少女(どうしよう……いざとなったら恥ずかしい……)

男(どうして見つめる……?)

少女(どうやって切りだそう……)

男&少女(困った……)

男「あ、バスだ……五分の遅れか……まあ、許容範囲か」

少女(あーあ、訊きそびれた)

男(助かった……)

少女(残念……)




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:06:15.44 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

少女(よ、よし……今日こそ訊いてやる)

少女「あ……バスが……ううん……今日は訊くんだから」

男「よし、間に合った」

少女「おはようございます」

男「おはよう」

少女「……」

男(睨まれてるぞ……何かしたか、俺?)

少女(緊張してきちゃった……大人の人ってなんか……緊張する)

男(なんだろう?鬼気迫るような顔つきだけど……)

少女「あ、お先にどうぞ」

男「うん」

少女「……」

男(相変わらず誰も乗ってないな)

少女(いつも後ろに座ってるよね……この人)




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:12:27.63 ID:KK/x9cxo0
―――バス 車内

少女「……」

男(な、なんで隣に座ってきたの?!この子、いつもは前に座って……)

少女(勢いで座ったけど……どうしよう……緊張して横を見れない……)

男&少女(どうすればいいんだろう?)

男(これって……もしかして俺に好意を持ってるってことか?)

男(もっと話したいとか、そういう意志表示なのか?)

男(くそ……学生時代は女の子と殆ど話さなかったから、もうわかんねえ)

少女(絶対に変な子って思われた……)

少女(乗客私達以外に誰もいないのに)

少女(うぅ……でも、今更席を移動するのも失礼だし)

運転手「ここから道路が荒れているため、少し揺れます。お立ち上がりなさいませんよう、お願いいたします」

少女(はぁ……)

男(話しかけるべきか?)




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:16:56.13 ID:KK/x9cxo0
運転手「次は高校前―――」

男(結局、何も話さずこの子が降りるバス停に着いたか)

少女(もう……着くの早すぎ……)

少女「はぁ……」

男「あ……」

少女「え?」

男「い、いってらっしゃい」

少女「あ、はい。いってきます」

少女(……なんとも思ってないのかな?)

男(これからもっと話しかけてみようかな?)




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:18:33.89 ID:9oi3dDTw0
いいねぇ
この初々しさ大好き




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:20:11.56 ID:KK/x9cxo0
―――翌日 バス停

男「おはよう」

少女「おはようございます」

少女(いつもと変わらない……やっぱり私の考え過ぎかな?)

男「あ……いつも本読んでるよね?

少女「あ、はい。小説、好きなんです」

男「へえ……それはどんな本?」

少女「れ、恋愛小説です……」

男(まずい……引かれた!?)

少女(うぅ……なんだか恥ずかしい)

男「あ、ごめん。変なこと訊いちゃったね!!」

少女「え?いえ、そんなことはないです」

男「そ、そう?」

少女「は、はい」




35: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/09/01(木) 13:21:09.44 ID:e65s1yYK0
俺‥‥明日からバスで通勤するわ‥




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:25:24.06 ID:KK/x9cxo0
男(……会話なくなったぁ……映画は何が好き?とか訊こうか……いやいや、ベタすぎるか)

少女(折角、向こうから話しかけてくれたのに……私が会話止めちゃった……)

男(どうする……勇気を出してみるか?)

少女(大丈夫……この人は別に私のことなんてなんてなんとも思ってないはず……)

男&少女「あの」

男「あ、な、なに?」

少女「え、いや、あの、なんですか?」

男「君からど、どうぞ?」

少女「いえ、貴方から」

男「……」

少女「……」

男(ダメだ……かみ合わない……)

少女(なんで遠慮しちゃったんだろう……私の馬鹿)

男「はぁ……あ、バスだ……」

少女(昨日のリベンジ……してみよう)




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 13:30:07.59 ID:KK/x9cxo0
―――バス 車内

男(また隣に……)

少女(また緊張してきちゃった……)

男「あのさ」

少女「な、なんでしょう?」

男「えっと、なんで隣に座るの?」

少女「え……あ、そ、そうですよね、変ですよね、すいません」

男「いや、別にいいんだけど」

少女「あ、私、やっぱり前の席に移動します」

男「あ、う、うん」

少女(やっぱり変な子って思われてた……はぁ)

男(しまった……隣にいてほしかったのに……)

少女(もういいか……無理しちゃ駄目だよね)

男(もったいないことしたな……)

運転手「ここから道路が荒れているため、少し揺れます。お立ち上がりなさいませんよう、お願いいたします」




おすすめ記事情報



まとめ連合

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)