まとめ連合

祖母が危篤の知らせを受けて病院に駆け付け、ベッドに横たわる祖母を見た時小さすぎて驚いた。非現実的なほど小さくて、うっかり吹き出すところだった

□□□チラシの裏2枚目□□□
884: 名無しさん@おーぷん 2014/12/30(火)17:09:32 ID:JUp
隣県住まいの父方祖母が危篤の知らせを受け、旦那に子供預けて行ってきた。 臨終には間に合わなかったんだが、 病院に駆けつけ、ベッドに横たわる祖母を見た時、 「おばあちゃ~ん(泣)」みたいな悲しみより、「小さっっ!!」と驚いた。
         
  • 元々小柄な人(140cm代)だったけど、 亡骸となった祖母は「ヨーダかっ」てくらいの縮尺だった。 病気で寝たきりが3年続いて、筋肉がほとんど無くなったのもあるとは思うけど。 また祖父が大柄な人だったらしく(40歳前で他界した人で会ったことない)、 父やその兄弟姉妹5人がみなすごい大柄で、 その大柄な6人に囲まれてるので、 非現実的なほど小さくて、うっかり吹き出すところだった。 祖母の最後の顔はちょっと笑ってた。 「こんなに大きな子たちを、この体から6人も産んで育てたのよ。すごいでしょう」と 勝ち誇ってるようにも見えた。 それは確かにすごいことだよね、 よくやり通したねと思ったら、やっと悲しくなった。

    おすすめ記事情報



    まとめ連合

    コメント

    1. 名無しの墓場

      全然、二人で喋った記憶もない無口で大人しい婆ちゃんだったけど、この間亡くなったとき無性に泣けた
      血縁の人の死を目の当たりにするとやっぱり駄目だわ
      自分も頑張って生きようって思う

    2. 名無しの墓場

      >亡骸となった祖母は「ヨーダかっ」てくらいの縮尺だった。

      最後のしんみりするとこまで読んでもコレの所為で笑いが止まらんw

    3. 名無しの墓場

      間に合わなかったとしても、駆けつけてくれる孫がいるっていうのは
      幸せな人生だったと思いますよ

    4. 名無しの墓場

      孫さん立派に育ったな。なんか泣けた。

    5. 名無しの墓場

      良いお孫さん。
      笑った後泣いたよ。

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)