妻の身体に異変が起きた。 末期の癌であり、早くて3ヶ月、もって半年だと言う。


【スレよ】嫁に先立たれた奴集まれ 2 【進むな】

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1260071484/


334:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 20:31:03




自分語りスマソ。

話の始めはスレ違いに思えるかも知れないが吐き出させてくれ。


10年前の春、私(♂)夫婦と同居している私実両親のうち、母が3年の闘病の末亡くなった。

俺様な父は自分の妻の葬儀にも喪主を私にマル投げ、面倒なことは全て私と妻がやり終えた。


居なくなった母の家庭内での役割を出来るだけ私達夫婦で分担したつもりだが、

私には仕事もあるので、夕飯時などは妻が家事を一人でこなしていた。

父は止める母が居なくなったのを良いことに朝昼晩と酒を絶やさなくなった。


後から判ったことだが、どうやらその頃から、舅の嫁イビリが在った模様だ。

妻は、当時独立してまもなく自営業を軌道に乗せようと必死になっていた私に心配を掛けまいとしていたらしい…


母が春に亡くなり、その夏、妻の身体に異変が起きた。


末期の癌であり、早くて3ヶ月、もって半年だと言う。


長くなるので、分けて書きます。









335:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 20:42:01




334です。


余命宣告に目の前が真っ暗になった。

まだ子供は小学2年生、それも少し前まで可愛がってくれていた祖母を亡くした哀しみを何とか乗り越えたところだと言うのに…


当時サラリーマンから転進して自営を始めて間もない私は、勤め当時とは比較にならない収入を上げられるところまで頑張れたのも、

妻との未来を想定してのことだったのに…


若い妻の生きたい、と言う力を信じて、手術が行われた。切除した部位により、もう息子は兄弟を持つ望みが無くなった。

外科手術、その後の化学療法、掛かる費用は尋常ではなくなっていた。

簡保などでは到底追いつくはずも無く、あれが勤めの頃なら、経済的に破綻していたに違いない、と確信できる。


一旦退院できるまでに奇跡的に回復し、定期的な通院による化学療法を受けることとなった。


しかし、その副作用は当人以外には想像出来ないほどのダメージを与えるものだった。


続きます。







337:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 20:57:25




334です。


妻は、自慢の髪が殆ど抜けてしまったとき、さめざめと泣いた。

私は、ただ抱きしめてあげるしか出来なかった。

自分は、もしかしたら、病気以外の苦しみを更に与えてしまっただけではないのか、と。

しかし妻は、母親の大好きな息子に、苦しむ姿を見せることが無かった。

それでも、化学療法は通院と言えど、2週休んで2週入院、と言う半入院生活。

病院に居るときには父が孫の世話をする日が続いた。

それが後々、とんでもない間違いだった、と言うことになるのである。


一年後、1回目の手術で取りきれなかった部位の切除の為、2度目の手術を行った。

1回目に当てに出来た医療保険は、2回目のときには何処にもそっぽを向かれた。

全て自費、である。高額医療費貸付制度なども最大限利用して日々の暮らしを頑張っては見たものの、

目に見えるほどではないが、ジリジリと財政が危なくなるような悪い予感がした。


2回目の手術を終え、定期的な通院による化学療法をひと段落終え、自宅での生活が始まった。

息子は中学受験を目指すことを申告してきた。母の病気を治す医者になる、と。


続きます。







336:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 20:56:34




>>334

思う存分書きな。







339:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 21:21:44




>>336

ありがとう。


334です。


もともとお手伝いさんが居るほどの大きな家で幼少を過ごした父は、戦争で何もかも失って孤児院に行くことを余儀なくされた人だった。

それゆえ父は、生来のお坊ちゃんならではの我侭と、戦争孤児により世を恨む虚無主義とが混在している、実に難しい老人になっていた。

そんな父に、妻が入院中、息子が情緒を育まなくてはならないときに、父が孫に吹き込んだ思想、

「どんなときでも自分以外は信用するな」所詮この世は苦しいことだらけ、と言う考え方は、後々息子の思考パターンを支配してゆくことになる。


通院とはいえ、化学療法はやはり患者自身にとっては辛い。

全身を襲う倦怠感、それにより家事も侭ならぬことが多くなってきた。

私も出来るだけ家事に関わり、時間の許す限り手伝ったが、生前の母のような世話が息子の私に出来る訳も無く、

父は酔っては文句を言うようになって来た。

「もう退院してるんだから、家事をちゃんとやって貰わんと困る」

癌が完治した訳でも無く、死に至る病を抱えて、妻は気丈に頑張ったが、

ある日、亡き母に託されていたことを僕の居ない間の夕食時に妻が父に言った

「お義父さん、お酒は控えましょうね。お義母さんにも言われていたのでお伝えしますよ。」

そうすると父は逆上し、

「やっとブレーキが亡くなって好きなだけ飲めると思ったのに、何でそんな事云うんじゃ!

お前の顔見取ったら酒が不味くなるから、二階に上がって貰ってエエ」

と。

そう云われたことがきっかけに、妻は鬱になった。

2回の寝室に引きこもりがちになり、笑顔が減った。


続きます。長い話で申し訳ありません。







338:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 21:17:32




>そっぽを向かれた


人の命を見殺しにしようとする保険会社の名前を出してください







341:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 21:52:24




>>338

癌の治療についての保障はしない、と言う名目でした。


334です。


何とか中学受験を突破した息子は、誰よりも強いモチベーションがある、と信じていた。

しかし、後にも述べるが、優しい心の持ち主だった息子は、ずるさを身に着けてしまった。


引きこもりがちになった妻に、父の容赦ない言葉の暴力が降りかかるようになった。

「何もせんのは、甘えているだけと違うのか」

私は当然抗議した。貴方は現状を理解できないのか、と。そうすると、

「ワシは不幸じゃの。親にも捨てられ、妻にも先立たれ、今度は嫁にも見捨てられ、

嗚呼、この世は憎い、ワシはこの世で一番不幸じゃ。」

こちらの話を聞こうともしないで、自室に戻り、寝る。

そんな日々が続いた。出来るだけ息子の目には触れないように配慮したが、

父は、孫と二人のときに、かなり刷り込んだらしい。

「ワシは父に捨てられたようなもの。オマエの父親もそのうちお前を見捨てるかも知れんぞ。

所詮この世で信じられるのは自分だけ。よく覚えておけ。」

父は自分の手を汚すことを是としない人で、掃除、洗濯、調理買い物と、

家事の殆どを私がすることになった。

それでも妻の手をとって一緒に父不在時の折には居間で楽しい時間を演出するように心掛けていた。

どうやら、父には、「彼女」と呼べる女性が外部に居るようである。


そうこうして数年が経った。余命長くて半年、と言われてから6年が経っていた。

私は、病院治療のほかに出来ることは無いか、と、

心もとない英語力を生かして薬事法の所為で国内正規販売できないハーブティーの個人輸入をして

妻にそれを飲んでもらったりして、この数年間は、マーカー値も安定して、今思えばまるで夢のようだった。


しかし、病魔はそれを許さず、確実に進行していたのだった。


続きます。







350:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 19:14:45




334です。

支援して下さる皆さん、有難う。


妻が亡くなって、もう2年半経つのに、まだジタバタしています。

それでも子供は大きくなって行き、父は年老いて行きます。

毎日が進んでいくのです。

僕が凹みきって、歩みを止めてしまえば、全てが終わってしまう。

このおよそ900日弱で、何が変わったといえるのか…

それは、逢いたい妻はもう居ない、逢えない、ということ。

何とか子供が成人するまでは、と、それが妻との約束だ、と思って頑張っているつもり。


思い出して、くじけそうになり、みっともないところを吐き出してしまうかもしれませんが、

どうか許してください。







351:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 19:31:49




334です。


化学療法を5年続けた妻は、疲れきっていた。

息子の成長だけが、妻の気持ちを支えていた、と言えた。


その5年の間に、何度も妻が訴えた。

「お願いだから、殺して。」

「このまま少しずつ弱って死ぬだけなら、今生きる意味は何が在るの?」

泣きながら訴える妻に、僕はまるで壊れたおもちゃのように、繰り返すしかなかった。

「それでも僕や子供にとっては、世界で一番大切な存在なんだ。

子供にとっては、今父親よりも、母親の方がずっとずっと必要なんだよ。」

また時には、掛ける言葉もなく、僕もただ泣きながら抱きしめるしかなかったときも数多在った。

そんな状態でも、してもらえないことに対する不満が絶えず父から僕たち夫婦に投げつけられた。

「今出来ないことがどうしてもある。我慢して欲しい。」と言っても、

父は、「それならワシは、お前らの足手まといだと言うのだな。死んで欲しいと思ってるんだな。」

とすぐに極論に走る。


そんな折、妻の実家の母親(義父は僕たちの結婚の翌年に亡くなっていた)の癌が発見された。

妻と同じ部位の罹患、ストマとウロストミの装着と相成ってしまった。

妻には兄が一人居るのだが、そのアニも糖尿から網膜症、失職して破産手続き、生活保護の対象となっていた。

義母は義父の遺族年金で何とか暮らしていけたが、それでも足りないところは、僕が補わなくてはならない。


今もそうだが、内憂外患、満身創痍の状態だ、と認識するのに、そう時間は掛からなかった。


続きます。







353:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 19:58:04




334です。


経済的には、表向きは何とも無いように振舞っていた。

特に子供には、財政が切迫していることを悟られぬように頑張った。


まだ僕の母が元気だった頃、母の悲願であった「持ち家」をもつこと、そうすることで親孝行をしたい、と思った僕は、

30歳になったばかりだったが、勤めから独立をして、25年のローンで土地を買い、小さいながらも家を建てた。

そのローンだけでも月に8万強、ボーナス時には40万弱の支払いが毎年発生する。

事業を起こしたばかりの初めの数年は、それでも幸先良いスタートを幸運にも切れたようなので、

息子を中高一貫校にも進学させてやれたし、母がずっと気にしていたお墓も購入できた。

しかし、妻の治療には、サラリーマンの平均月収くらいの額が平気で掛かってしまう。

前述のように保険が使えない。国保の制度で一番安く上げようとしても、それでも10万以上のお金が毎月治療費として出て行くことに。

それでも、自営業者になったのは、妻の治療費を払う為だったんだ、と自分を納得させながらの日々が続いた。

ふと足を止めようものなら、そのままヘナヘナとなってしまいそうな自分を奮い立たせることで精一杯だった。


気が付いたら、僕は糖尿になっていた。

因果関係もはっきりしないが、EDにもなっていた。

若いときの交通事故で、肝臓障害の残る僕は、自分が医者に行くことも侭ならなかった。

朝5時に起きて子供の弁当、そして父と妻と息子の朝食を作り、

洗濯と買い物、身体が痛む妻の身体をさすり、入浴介助をし、部屋の掃除の後、昼食を準備し、

昼食を取らせている間に夕食準備をし、その後仕事に出掛け帰ったら、

山のように積んである洗い物をし、妻の様子を見、会話をして自分が寝るのは

夜の2時を過ぎないことがなかった。


僕はそれでも、妻に生きがいを持ち続けて欲しかった。


続きます。







354:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 20:18:50




334です。


盆や彼岸、年末になれば、僕の家の墓と母の実家の墓(母の兄が当主なのに、世話をしないので母がしていた)、

加えて妻実家の墓と義母の実家の墓参りに僕は車を走らせた。父は、自分が入ることになる墓にすら、世話をしようとしない。

口癖のように、「ワシが生きた時代は、神も仏もなかった。信じられるのは自分だけ」と言う。

今では彼を、自己愛性人格障害者だ、と僕は認定している。その自己愛性人格で、僕の居ないあいだ孫に説いているらしいから堪ったものではない。


それでも、某テーマパークが好きな妻の笑顔を取り戻そうと、大型の休みのときには、車を関西から千葉にまで走らせたりした。

しかし、妻の鬱が頂点に達するのは時間の問題だった。僕は余りにも無力だった。


ある日妻が僕に云った。「化学療法を止める。治らない病気を苦しんでまで戦いたくない。QOLを上げることに協力して欲しい。」

つまり、彼女は、死を受け容れることにしたのだ。

彼女の発病から5年が経っていても、僕にはまだその心の準備が出来ていなかった。


続きます。







355:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 20:34:51




334です。


妻は通院治療を止めた。僕はせめて、「フローエッセンス」だけは飲んで欲しい」と頼んだ。

不味いハーブティーだが、それはしぶしぶ承諾してくれた。僕は毎日、それを煎じて作り、毎日それを飲んでもらった。

日常的には、今までと余り変わらぬように思った。脱毛した頭髪も復活し、妻はことのほか喜んだ。

そして抗癌剤の副作用から解き放たれた妻は、少しずつではあるが笑顔を取り戻すようになっていた。


そんな日々が一年ほど続いた。子供は医者になるべく勉学に勤しみ、成績もそれなりのものを持ち帰ったりしていた。ただ、家族と言う点での家事への協力は不十分だったが。

僕はこのまま、妻の病状が治癒まで行かずとも固定してくれれば、などという幻想に似た希望を持つようになっていた。

相変わらず毒を吐く父に対しても、特に何も出来ずにいた。スルー以外の余裕がなかったと言えば言い訳になるのかも知れないが。


そんな、今思えば根拠のない、甘い夢を見ていたときはすぐに終わりを迎えた。

そう、僕はその時点でもまだ、情けない話、覚悟すら出来ていなかったのである。


2008年を迎えた冬のある夜、妻が暗い顔で僕に告げた。

「ストマから出ていた便が出なくなった。かわりに、奥で閉じたはずの膣から便が出ている。」と。


とうとう恐れていたことが起こった。病気は確実に進行していたのである。


続きます。







356:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 20:48:12




334です。


ここからは、本当に辛い思い出を書くことになります。

もしかすると、キーを打つ手が鈍ることもきっとある、と思います。

そんな時もどうかご容赦を戴きたい、と思います。


あの表面上は平穏な日々が続くかもしれない、などという幻想は、

一瞬にして断ち切られることになった。

つまり、本来の出口でないところから便が出る、と言うことは、

腸が破れてしまっている、と言うこと、そして閉じた膣奥が開いてしまった、と言うことなのだから。


頻繁に腹痛を訴える妻は、それでも救急車を呼ぶことを拒んだ。

まるで押し問答のような日々、そう長くはなかったが、最後は余りの痛さに救急車を呼ぶ事を承諾してもらった。

「な、病院で痛みを取って貰おう。そうしたら、またきっと笑えるようになるよ。」

僕も息子も、半分泣きながらではあったが、妻を精一杯元気付けようと必死だった。

痛さの余りにショック状態の妻。平日の夜中の救急で指定された病院へ付き添う。


思えば、妻が自宅に戻ることは、それ以来もうなかったのである。


続きます。







357:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 20:59:12




334です。


妻が搬送されたときに着用していたTシャツなどは、病院での着衣に着替える為に、鋏などで裁断されたのだが、

僕は未だに、それらが捨てられずに居る。気持ちの悪い奴だ、と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、

どうしても出来ないのだ。


救急で搬送された病院で、落ち着いて眠りについた妻と処置室で一夜を明かし、

翌朝、以前化学療法を施してくれていた総合病院へと救急車で運ばれてゆく妻。

救急車には妻に付き添う息子が乗っている。

僕は、その救急車を見送るときに、付いて行くための自分の車に乗り込んだ瞬間、

溢れ出る涙を抑えることが出来なかった。声を上げて号泣した。何度も妻の名を呼んだ。

何も事態は変わらないのに。


妻の、延命ではなく、終末緩和医療が始まった。

とにかく優先するのは妻の苦痛を最大限に和らげること。

はるか昔に、妻と二人で、そのときを想定すらしていないときに二人で決めた約束事。

最期は、眠るように、と言うこと。


とうとうそのときがやってきたのだ。

それでも僕は、まだ覚悟なんてこれっぽっちも出来ていなかった。

ヘタレの極致、ですよね。


続きます。







380:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 22:05:27




>>334です。

ここ数回の投稿が、332になっていました。ごめんなさい。全て334です。


病院に着くと、個室とナースステーションを行き来する看護士の姿が見えた。

妻との約束で、決して人工呼吸器などはしない、というのがあったので、

自力での呼吸が止まるといよいよとなる。尿が止まって2日経っていた。


妻の身体は腫瘍熱により僕より熱い感じがした。

もしかしたら、同じ感じを伝えたかったのかも知れない、と僕は解釈することにした。

なんだか、理由も無く誇らしかった。きっと熱でイカれていたのであろう。


血圧が少し持ち直し、少しほっとして、その夜は酒を飲みそびれて機嫌の悪い父と、

息子と僕の3人で交代で様子を見ていた。そして明け方近くになって、息子が付き添っていた。

僕は病室を出てすぐ隣の待合ソファーのあるところで横になっていた。


突然、息子が泣きそうな顔で出てきた。

今までに無い血圧の低下らしい。主治医がやってきて、あれこれ看護士に指示をしながら

僕たち3人に入るように促した。

もう、マスクも帽子も手袋も白衣も要らないらしい。

もしかすると、そのときを個室で迎える為の配慮だったのかもしれない。

「ご主人、息子さんも手を握ってあげていて下さいね。」

僕の手よりも更に熱い妻の手を握り締めていた。

いよいよその時が来たのである。

東向きにベランダの在るその病室の大きな窓から、朝日が差し込んできた。

妻は晴れ女だった。そしてまさに、まさに眠るが如く、静かに息を引き取った。

僕は息子をしっかりとハグした後、妻に向き直り、

いろんな計器や管を取り外されて身軽になった妻に語りかけた。

「長い間、良く頑張ったね。お疲れ様。」妻の頬をなで、その顔を覗き込むようにして。

溢れる涙は抑え切れなかったが、それでも微笑んで、精一杯微笑んで言った。


妻の長い戦いは終わった。

癌が見つかって余命3ヶ月、長くて半年、と言われてから6年と8ヶ月が経っていた。


…なんかもう顔がぐしゃぐしゃです。今日で終わりにする、と言っておきながら、

今日は最後までもう書けそうにありません。ごめんなさい。

明日には全てを書き終えます。


今日は今から帰って、家事をします。おやすみなさい。


明日に続きます。







381:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 22:12:34




>>380



今夜はゆっくり休んでくれな







382:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 22:41:58




>>380

乙、

書くことで、気持ちが楽になるなら書いてくれ。


無理はするなよ。







384:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/22(金) 09:40:01




>>380


しっかり吐き出せよ。


好きなときに、好きなだけでいいさ。


おまいさんの体が心配だ。







386:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/22(金) 21:40:40




>>334です。


温かいお言葉を掛けて下さる方々、有難うございます。


今日で書き終えようと思ったのですが、義母の体調が思わしくなく、

仕事が終わったら直ぐに隣市へ向かわなくてはならなくなりました。

誠に勝手な言い訳で申し訳ないのですが、この週末は義母の世話をしに参りますので、

どうかご容赦を下さい。

おやすみなさい。







388:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/22(金) 22:17:53




>>386

律儀な人だな。体調大丈夫かいな・・・







394:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 21:02:24




>>334です。


おかげさまで義母の様子も小康状態を取り戻したようで、数日後に退院できるようになりました。


妻の身体から色んな管やコードが外され、酸素マスクが外されたとき、

妻が亡くなったのだ、と言うことを思い知らされた。

手を握ると、まだ腫瘍熱の名残で充分温かい。まだ生きているようだ。

しかし、もうあの荒い呼吸をしていない。

力なく口を僅かに開けたまま、妻の目が開かれることはもうないのだ。

僕は暫く、阿呆のようにただ妻の傍に腰掛け、じっとその顔を見下ろしているだけだった。


母が亡くなったときには、その臨終には間に合わず、今のこの妻の状態と同じときに病室に駆け込んだんだなあ、と今になって思った。

「まだ温かいじゃないか」同じ台詞を口にしていた。


汗をかいていた妻の顔をタオルでゆっくりと拭いてやりながら、汗っかきが悩みの種だった妻を、もう汗をかくこともないことを寂しく思った。


何か色んな書類を受け取り、それと並行して簡単な死化粧と清拭をしてくれていたようだった。

元々アイライナーの不要なほどクッキリ眼だった妻。唇には紅が差してあった。


葬儀会社の方が妻の亡骸を引き取りに来た。担当医と少数の看護士に見守られて、亡くなった患者だけが通る通路を一緒に出た。

葬儀会社の車に妻を載せ、葬祭会場へ運ぶのだ。妻を載せた車には、息子が同乗して行った。


世話になった担当医と看護士の皆さんに心から厚く御礼を申し上げ、僕は、朝日の強く照らす中、病院の外周を歩いて回って自分の車を留めてある駐車場に向かった。

歩きながら、自分の足が地面に着いている感覚が無かった。


いつかこの日が来ることは解っていた筈なのに、とうとう僕は最後までその覚悟が出来ないままこの日を迎えてしまった。7年前に母を亡くし、その喪主を父にマル投げされ、あたふたとするままに色んな法事を迎えた直後に発覚した妻の癌。

それから6年と8ヶ月、目まぐるしくも、本当に沢山の事が在り、長く感じることもなく、実にあっという間のことのように思えた。まるで他人事のように、ゆっくりと思い出されては、消えていった.


続きます。







395:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 21:33:01




>>334です。


葬儀会場に着くと、その控え室のようなところに妻は安置されていた。

葬儀社の方が妻の身体の周りに、ドライアイスをセットしていた。

その間に僕は、息子には妻の傍に居てあげるように指示をし、息子の学校関連に連絡をし、一両日の忌引きの旨を伝えた。

僕の知人関係にはccでのメールで知らせた。また妻の知人達には、何故か一人ずつメールや電話でお知らせをした。また、妻の実母や実兄には電話をしたが留守電だったので、その旨を吹き込んでおいた。

返信はその日には無かった。


妻が運び込まれたとき、その葬祭場には既に告別式の方が居られ、僕たちは控えの棟で待機することになった。また翌日が友引だった為、妻の通夜は更にその翌日と言うことに決まった。

この控え室に二日居ることになったのだ。


必要な書類などを近くの自宅に取りに帰ると、父は相変わらず酒を飲んでいた。

「写真を選ばなくてはならんのー」と、心なしか嬉しげに見えた。少しイラッとした。

「明日が友引と言うことで、通夜は明後日、告別式はその翌日となります。こちら(自宅)に電話や訪問者があれば、その旨お伝え下さい。」と父にお願いすると、

「そんなことは全て、喪主のオマエの仕事と違うんか?ワシはそんなことよりも、母親を亡くした○○(孫:僕の息子)の事が可哀相で、呑まにゃおれんのじゃ。」とのたまう。


続きます。







396:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 21:43:59




>>334です。


反論する気もなくした僕は、そのまま家を後にし、町内会の隣保の世話人に、この度のことを伝え、町内放送でのお悔やみのお知らせ(これは町内会のルールでもあるので)をお願いした。


お腹も空いたであろう息子のことを考え、とりあえず弁当を何食か買って葬祭場の控え室に戻ると、妻はすっかりドライアイスに周りを囲まれた姿で眠っていた。


今日は奇しくも日曜で、明日は平日だが友引、明後日の通夜の日は祝日とあって、まるで出来すぎのような日取りだなあ、と反芻しつつも、息子には何か食べておくようにと弁当を渡し、自分もその一つを食べたが、

モノを噛んで味わっている感覚がしない。葬儀社の方の段取りの説明もあったが、まるで頭に入らない。とりあえずメモを取って、対応するしかなかった。


母のときも、なんだか用意されていた段取りに流されたような節もあって、今回もそうなるのかなあ、なんて、まさに他人事のように呆けていたのかも知れない。


しかしその考えは甘かった。身内にアレほどまでに振り回されようとは、このときには知る由もなかったからである。


その日は、一旦自営する職場に戻り、告別式の日には休まねばならない事の段取りをし終えて、妻の元へと戻った。


息子には、自宅に戻って通夜や告別式に向けて身体を休めるように伝え、自分は、この控え室で夜を明かす事に決めた。妻一人では寂しいじゃないか、と何故か思ったからだ。


物言わぬ妻は、まるで眠っているようだ。しかしその身体は、限りなく冷たい。僕は妻の亡骸に並ぶように座布団を敷き、其処に身体を横たえた。手を繋いでやりたかったが、

妻の両手は、胸の上で固く結ばれており、その上に何か重厚な布が掛けられてドライアイスまで載せられていたので、それは断念するしかなかった。


安らかに眠っている妻の身体に手を伸ばし、その肘辺りに手を添えて、僕は妻に「おやすみ」と言った。


続きます。







398:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 22:07:23




>>334です。


遺体と夜を過ごすのみならず、添い寝をする事には、恐怖や一種異常さ、更には狂気を感じる人も居られるかもしれない。

でも、その時の僕は、何ら異議を感じる事も無く、自然にそう出来たのである。

僕は少し眠ったのかもしれない。でも、妻は夢には出てきてくれなかった。

その事に僕は少しだけ残念な思いがした。


夜が明け、平日の月曜であるが、今日は友引であり、葬祭場は実質お休みである。

この控え室に僕と妻が居るだけであるが、程なくして息子がやってきた。今日はギリギリまで妻の傍に居て、仕事に通常どおり出かけ、最短で仕事をこなした後、最速で再びここに戻ってくるまでの間の交代要員として息子に来てもらったのである。


僕が息子を妻の傍に残している間には、後に判ったことだが、息子は妻と沢山対話をしたようである。僕は少しでも早く、息子のグリーフケアをしないといけない、と思うに至った。僅か14歳で母親を亡くしたのである。

まだまだ男の子にとっては母親の存在は大きい年頃。

しかも彼のその今までの人生の中で、半分が闘病している母親とのモノでしかなかった。

彼をそんな境遇に生まれてきた事に対して、本当に不憫で申し訳なく思った。

これは今でもずっと思い続けている。仕方のない事だとは言え、僕自身が母親を亡くした35歳のときですら悲しかったのであるから、まだまだ母親にも甘えたい男の子の14歳では、その悲しみは如何ばかりであろうか。息子には、一生詫びなければならないだろう。


こんな父の下に生まれてきた息子よ、どうかこの父を許して欲しい。母親の愛を充分に受けられたとは決していえない息子よ、どうか愛を知る大人に育って欲しい。


続きます。







399:334:2010/10/26(火) 22:30:57




>>334です。


奇しくも二晩、妻と共に夜を過ごせた。なんだか理由も無く誇らしかった。

ホントに他には誰も居ない二人きりの夜。まるで恋人時代の二人に還ったような気すらしていた。

もしその時の僕を眺めるものが居たら、異様なものに見えたかもしれない。

遺体に手を伸ばし、同じ天井を眺めるが如く、物言わぬ遺体に話しかける様は。


通夜の日になって、慌しくなってきた。それこそ、色々な人(葬儀関係者)がやってきて、色んな手続きをしたり、するべきことが一杯である。先ずは遺影を決めなければ。


僕は実は既に決めていた。

まだ息子が園児だった頃、近くの公園に出掛け、ツツジの一杯咲くところで息子がカメラのシャッターを押した一枚の写真。

僕は野球の捕手のように屈み、妻はそれに横から覆いかぶさるように、

それでも顔は前に向けてニッコリとした写真が在るのだ。

妻の瞳はしっかりとカメラを持っていた息子に向けられ、その瞳には小さくとも息子が映っていたに違いない写真が。

その事が父には気に入らなかったらしい。自分が仕切りたかったのだ。

酒臭い息を吐きながら、僕に散々罵詈雑言を浴びせて悪態をついて自宅に戻っていった。

どう思われようとも、僕はこの写真を遺影にする事にした。


妻は今も変わらず、あのときの息子に向けていた笑顔を僕たちにくれている。


修羅場が次々と襲ってくる事になるのだが、それはまた明日に書かせてください。

自宅に戻って家事をします。本当に長くなって申し訳ありません。

でも妻が亡くなって2年半経って初めて書く気になれたのです。

どうか我侭をお許し下さい。

皆さんおやすみなさい。


明日に続きます。






406:334:2010/10/27(水) 22:03:19




通夜が始まり、友人知人たちが沢山来てくれた。

妻の好きだったミニーの気ぐるみパジャマを着せ(妻との約束)ミッキーとミニーのブライダルペアマスコットを添えてあげた。

それも父は気に食わないらしい。

通夜が終わって、僕の友人が残ってまで力づけようとしてくれていた。

義兄は来てくれていた。義母は来なかった。

遺影選びで不貞腐れた父は、通夜が終わるとさっさと自宅へ戻り、酒を飲んでいるらしい。

僕の友人たちは義兄と面識が無い。当たり前の話だが。

その友人たちに義兄が絡んだ(素面なのに)。

「お前ら、何人の顔ジロジロ見とるんじゃ!!」まるでヤ○ザの因縁である。

二者を隔離して、友人たちに詫びた。

喪主はとにかく忙しい。悲しんでいる暇すらなく、目まぐるしく立ち回る。

すると自宅に戻っていてくれた弟夫婦と何かあったらしく、

弟に父が切れ、取っ組み合いの喧嘩をした後、家を飛び出した、との電話。

飲みに出掛けたらしい。


じっと妻の傍で静かに悲しみをこらえる息子だけは、そっとしておいてやりたかったので、

それにのみ気を配り、後は機械的に動いていた。







407:334:2010/10/27(水) 22:07:38




夜が明けて告別式。

やっと義母も来てくれた。

父は親類縁者たちに孫の自慢をしたいらしく、やたらと息子を色々連れまわそうとする。

僕と息子はお越し下さったお客様たちに入り口でご挨拶をしなければならない、といっても、不服そうに睨み付ける。今は余り家族間で揉めたくは無い。

出棺の際、最後のお別れで、息子が泣きながら大きな声で、

「僕がこんな病気をこの世から無くしてやるんだ!」と言ったのが今も耳に残っている。

彼の最大のモチベーションとなることを願っている。


告別式が終わって斎場へ向かう。とうとうお別れだ。

火葬される前にもう一目妻を見た。そしてその頬に手を添えた。

さようなら、僅か15年余りの結婚生活ではあったが、ありがとう。

もうこの手に君を抱くことも出来ないが、ずっと傍に居て欲しい。

息子を授けてくれてありがとう。幸せにしてあげられなくてごめんな。

もう苦しくも痛くも無い所へ行くんだね。

もう暫くしたら、僕もそちらに行くから、そのときはまた一緒に居てくれるかい?

火葬場の扉が閉じられ、着火されるのが判ると、僕はその場に膝を落として、静かに泣いた。


僕の妻は、灰になってしまった。

骨拾いのときに、僕はこっそりと小指の骨であろう一片をそっと包みに入れた。

通夜のときに清拭業者に頼んで分けてもらった遺髪と共に、その遺骨は

今僕の持ち歩く小さなポーチに入っている。

逢えなくて寂しい。声が聴けないのが寂しい。

共に笑えないのが寂しい。成長していく息子を共に見れないのが悲しい。


さようなら、僕の妻。

こうして、妻は旅立っていった。







408:334:2010/10/27(水) 22:17:21




皆さん、こんなただ長ったらしい話にお付き合い下さって有難うございました。


書きながらどうしても涙が出てきて仕方ありません。


妻の居ない生活も2年半が過ぎようとしていますが、その間にも色々なことがありました。

その中で、自分の父が自己愛性人格障害者であることや、

息子がそれに影響されて良くない傾向にあることなど、

まだまだ吐き出したいのが正直な気持ちです。

でも、もしかするとそれらの内容はスレチかも知れません。

ですから、この続きをどうしようか悩んでいます。

今現在の地獄のような生活は、まさにこの期間のことなのですから。


今日はこれで家事に帰ります。

長い稚拙な駄文にお付き合い下さり、有難うございました。







412:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 23:01:53




>>408

334氏、すべて読んだから。

奥様の冥福をお祈りします。







413:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 23:18:57




>>408

父親と息子のことは、役所か福祉事務所に相談しろ

一人で解決しようと思うなよな







410:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 22:51:07




息子心配だな







411:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 22:59:53




お疲れさん

現在のことについては家庭板や育児板などに

吐いたり相談できるスレがあるんじゃないかな

気団にも該当スレあるかもしれないし

人生相談板もある


おこがましいかもしれないが

334が嫁さんにしてあげたことはベストだったと思うよ







415:334:2010/10/28(木) 21:31:05




皆さん、温かいお言葉、ありがとうございます。


結局、妻の葬儀関係(その後の経費も含めて)では、合計300万以上掛かってしまった。

互助会のようなものには入っていたにも拘らず、なんかオプションが付く度に跳ね上がっていく。

更に、家の宗旨は仏教ではない為、オプション扱いで何かと高いものばかりだった。


葬儀を司る祭司(仏教で言うお坊さん)に、あんなに費用が掛かるものとは想定外だった。

母親のときは、医療を含む損害保険や、生命保険のおかげで、手元から出て行くお金はそんなにも無かったのだが、

妻の場合は、損保も生保も無い上に弔問客も沢山来てくれたので(会場にも入りきれないほど)、規模としては大きなものになってしまった。

中には逢ったことも無い親戚(妻側)とか、名前すら聴いたことの無い親戚も来て、何かと出て行くものが多かった。


仏教で言うところの四十九日にあたる法事が終わって納骨となった折も、お墓に名前を刻んでもらったり、祭司に来てもらったりと

何かと出て行く費用は馬鹿にならなかった。


ここからは、正直、僕の甲斐性が無い、ただ単に稼ぎが悪いことから来るものだ、と猛省している。

収支がだんだんと狂ってきた。

出来る手立ては手を尽くした。自分が仕事で居ない間の父の浪費が痛かった。

いわゆる、エコとは真逆の行動である。

光熱費は倍以上に上がった。後でわかったことだが、男3人になってしまった当初、

夕飯は父にお願いをしていた。今思えば、大きな間違いだった。

息子には父が固く口止めしていたらしいが、夕飯の殆どがレトルトか牛丼、

そしてスーパーの弁当のローテーション。これでは駄目だ、と思った僕は、

仲の良い従兄を通して、妻側の遠い親戚にあたる隣町に住む女性に、夕飯時のお手伝いを頼むことが出来た。

その女性は、DV被害から逃れ、親と住んでいたので、快諾してくれた。

それがあんなことになろうとは。







416:334:2010/10/28(木) 21:53:35




父は昔からよく僕たちに云っていた。それこそ耳タコレベルで。

父は幼い頃、大きな家に住んでいて、そこには使用人もいて、自分は何もしなくてよかったと。

しかしあの戦争が全てをワシから奪ったんじゃ、と。家も家族も裕福な暮らしも。

彼は、自分にその才能があったにも拘らず、孤児院に身を寄せるしかなくなって、

結果、中学までしか通わせてもらえなかった、と。

中卒の所為で自分は、お前らには想像も出来ん苦労を味わったんじゃ、と何度も同じ話を聞かされていた。

ワシをそんな風にしたあの戦争が憎い。あの時代が憎い。

そして何より、先見の明なく家族をばらばらにしてしまった父親(僕の祖父:僕は写真でしか知らない)が憎くてたまらない。

父親の所為で、ワシはほんの9歳で、母親を失ったんじゃからのー!と

そして自分は、その裕福な時代、祖母にはものすごく可愛がられた、とも。

戦前の頃で、直系嫡子なのだから、よくある話だとは思っているが、

その全ての要素が、彼の、いわば「自己愛」フィルターによって捻じ曲げられた思い出と解釈に変換されてしまっているのだ。

かわいそうな人だ、と思う。哀れですらある。しかし、その父親に対する憎悪が、あんな形で僕に降りかかろうとは思いもしなかった。

どうやら、彼の中では、「父親は息子にひどいことをした」というのが定着していて、その所為で彼は僕にどんな酷いことをしたとしても

彼がその父から受けたことに比べれば甘いもの、なんだそうだ。だから、彼はことごとく僕のやることなすことに逆らうのだ。

(僕には弟がいるのだが、結婚して家から出ているので、何ら近づこうとはしない。)

そして、孫は溺愛する。僕がいくら息子を自立できるように厳しく指導しようとしても、安易な助け舟を出して台無しにしてしまう。

このままでは息子は、父のコピーとなってしまう。

だから僕は、件の女性を招いたのだ。何より、息子が学校から帰宅した折に「おかえり」と言ってくれる女性の声があることの和やかさ。

男3人で1年過ごしてみて、息子がそれを渇望していることが見て取れた僕は、ちゃんとパート代に相当する費用を払って来て貰えるようにした。

当初は、息子も非常に喜び、よく懐いていた。その女性も、残した息子と同じような年齢の息子を重ねるように接してくれていた。

しかし、父は大きな勘違いをしていた。







417:334:2010/10/28(木) 22:30:38




父は、息子のために来てもらって夕食のお世話をしてくれるその女性を、自分の為に来たお手伝いさんだ、と思っていた(る)ようだ。

裕福な家に育った時代の、使用人だとも思いこんだっぽい。

そしてあろうことか、その女性に手を出そうとまでしたのである。

幸い、未遂に終わったが、その話を聞いて、僕は即刻、その女性に詫び、来てもらうことを止めて貰った。

そのことが、父にとっては、せっかく自分にあてがわれた女を、息子である僕が引き剥がした、と解釈したのである。

「オマエまでもがワシから何もかも奪うんか!?」と罵倒された。

「やはりこの世に信じられるものは居らん。みんなが敵じゃ!」と。







418:334:2010/10/28(木) 22:32:25




僕は今でも朝5時に起きて子供の弁当と父と息子の朝食を作り、

子供が学校に出掛けた後(その間も父は呑みながら3時間掛けて朝食をとる)、仕掛けておいた洗濯物を干し、

その後、洗い物や掃除をした後、父の昼食を作り、

彼がまたもや飲みながら昼食を2時間くらい掛けてとっている間に、父と息子の夕食を調理し、

後はレンジで温めるだけ、と言う状態にして仕事に出掛ける。

10時ごろに仕事が終わると、帰路途中にある深夜も開いているスーパーで割引商品などを選んで購入し、

帰ったら、山のように積み上げられている昼食と夕食の洗い物を片付けて、浴槽のお湯を洗濯機にバケツで移した後、朝に仕上がるように洗濯機をセットし、

寝るのは早くて1時、遅くなると3時くらいになる毎日だ。

何度説明しても彼らに節約とかエコの概念がないので、節約できるところは僕が削っていくしかないのだ。

それでも、電気水道ガスを、まさに湯水の如く使う父。

米は新米のコシヒカリでないと機嫌が悪くなり、それでも食べるかどうかもそのときの気分しだい。

余ったご飯を冷凍保存しても、冷凍米は不味いから、と食べない。

無駄をなくするために、少なめに炊くと、僕の食べる分が必然的になくなる。

おかげで糖尿の良い対策にはなっているが。

ただ、それでも足りない費用は、僕が自分の保険を解約したり、手持ちのコレクションを売ったりして凌いで来たが、

そろそろ僕も疲れた。

息子が当初の目標どおり東京に進学し、もし父も居なくなったら、

この家を僕独りで住む意味を見出さなくなった。

本当は今すぐにでも蒸発したいくらいだが、妻との約束がある。

息子を一人前にして初めて、その約束を果たしたことになる。

父は、僕を使用人としか思っていないようだ。彼らが用意した普通の食事をしている間、僕は洗い物や彼らの次の食事の準備をしている。

僕が食事を取らないのが普通になっているようだ。

おかげで、妻を亡くしてから30キロほど減量できた。もとは太めだったからなあ。

自分が食べない米を研ぎ、自分が食べない食事を作り、自分が殆ど居住していない家の支払い・掃除、メンテをし、

世のお母さん方がある日突然の蒸発願望を抱くこともあることを、今実感している。







419:334:2010/10/28(木) 22:33:26




最後は、ただの愚痴になってしまいましたが、これでもし、義母がどうにかなってしまったら、

義兄の世話も僕がしなければならなくなるのです。


何の為の人生なのか、判らなくなってしまっているのが今です。


奥様を失ってしまわれた諸兄の方々、こんなヘタレも居るのです。


なんか、変な終わり方でごめんなさい。鬱かも知れませんね。


ハッピーエンドでなくて、申し訳ありませんでした。


このスレは、心が折れそうになったら、また覗かせて下さいね。


さようなら、皆さん。今まで有難うございました。







420:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 22:54:43




お疲れ様







422:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/29(金) 01:36:29




父親捨てろと背中押されたくて来たんだろうからはっきり言う

追い出せないなら施設なり入れてしまえ、金はかかってもいいじゃないか?

はっきりいうが10年後を考えると子供に全力投球しないと先がない

先がないというのは子供自身だよ、そんなの見てて結婚とかできるか?

普通の生活に幸せがないって思い込んでるだろう

そしてきっと自分も父親にああしないといけないと思い込んでるだろう

全部抱え込んで自分はそれでいいが、本当の家族の単位である息子が気の毒だ

きっと心の中で自分の地位の低さに泣いて育ったんだろう

今からでも遅くないから本当の家族を大切にしろ

義理は義理なんだから背負い込みすぎるな所詮他人だ…嫁は死んでないが言わせて貰った







1001:以下、名無しに変わりまして既婚男性がお送りします:2012/10/01(月)11:11:11.11ID:kidan




教頭「先生を殴るなんて前代未聞、この子は犯罪者予備軍ですよ」


死んだ母の形見である俺が作った紙の指輪を嫁にビリビリに破り捨てられた


彼氏にプレゼントしたら二品プレゼントのうち一品は取り替えを要求された


「吹部は時間がないから8割は高校に行けないで就職するのよ、可哀相 」


家に来た宗教の勧誘がずうずうしい。


友人Aが亡くなった時、友人BがAの両親に「Aに三万貸していたので返して欲しい」







  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:20833

      洗脳されてんだな、この相談者…。

      10回くらい地獄に落としたくなる老害だ。こんなのが長生きして空気吸ってると思うだけで吐きそうだわ。

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:20835

      あちゃー自分に酔ってんなー
      皆に優しくされて勘違いしちゃった?

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:20837

      なんで父親と別居しないのか・・・

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:20839

      なんか呪われてそう

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:20841

      とにかく気持ち悪い

      Reply
    6. 名無しの墓場 ID:20843

      な阪関無

      Reply
    7. 名無しの墓場 ID:20845

      このヘタレが実父を捨てられなかったせいで
      嫁に負担がかかり息子がおかしな影響を受けたんだな・・・・。
      老害でしかない糞親父を捨てて嫁と息子を
      守るのに集中すりゃ良かったんだよ。

      Reply
    8. 名無しの墓場 ID:20847

      さっさと父親を捨てることは考えなかったのかね

      Reply
    9. 名無しの墓場 ID:20849

      努力は立派だけど、守るものを決めて、それ以外を捨てる決断も必要だろ。

      Reply
    10. 名無しの墓場 ID:20851

      こんな父親捨ててしまえ。

      Reply
    11. 名無しの墓場 ID:20853

      俺ならさっさと子供を連れて家を出る。
      妻(子供にとっては母)を殺したのは、病が半分、残り半分はこの爺だろ。
      妻の仇と同じ屋根の下で生活なんて反吐が出る。

      他人に迷惑かけるばかりのくせに「俺を捨てるんだな」とか言ってくるような屑は、実際に捨ててやればいい。
      普通の人は捨てられないために相応の気の使い方をしてる。
      それができない人は、捨てられても仕方ない。
      こういう屑には、それを思い知らせてやらないといけない。

      こちらの努力に労いの言葉をかけてくれる人ならまだしも、
      何をやっても罵倒しかしてこない屑をいつまでも食わせてやる必要は無い。
      1銭のやらずにすっぱり縁を切ればいい。

      Reply
    12. 名無しの墓場 ID:20855

      男の敵は男というのがよく分かる話ですね

      Reply
    13. 名無しの墓場 ID:20857

      つ姥捨山

      Reply
    14. 名無しの墓場 ID:20859

      うちは実父が同レベルの屑だったけど、縁を切ったよ。
      死ぬまで世話してやれば遺産が手に入るんだろうけど、資産価値としてはせいぜい2千万程度。兄弟で割ったら1千万切る。
      たった1千万のはした金のために屑親父の世話を何十年もやるとか、ありえない。

      縁を切ってからの生活は本当に平穏だよ。
      家に金入れる必要もないから、収支も安定してる。
      アイツが死んだ時には何かしら言われるんだろうけど、知ったこっちゃない。

      Reply
    15. 名無しの墓場 ID:20861

      >外科手術、その後の化学療法、掛かる費用は尋常ではなくなっていた。

      高額医療費使えばそんなに目の玉が飛び出るほどにはならんがなぁ?

      Reply
    16. 名無しの墓場 ID:20863

      もう随分前の話しだろうけど、正直爺にも自分の身を犠牲にしてる報告者にも呆れた。
      糞爺捨てなよ。
      あと義理の母はともかく、狂ってしまった兄の世話までしなくていいよ。
      婚姻関係切る手続きして、息子連れて逃亡しなってのが第三者の意見。

      しかし当事者は思考停止してるんだろうなー
      家事、支払い、家族の世話、仕事をする機械になってしまってるんだろうね。
      今は元気になってたらいいけど、報告者生きているのかも危ういよね

      Reply
    17. 名無しの墓場 ID:20865

      もう二年過ぎたけど、どうしてるんだろうね。
      当時、他所のまとめで読んだけど
      ものすごいフルボッコだった覚えがある。

      結果論だけど父親は最初に捨てるべきものだったよなあ。
      なんだかんだ言いつつこの爺に依存してるんだと思うけど。
      もう息子と自分しかいないんだから、腹を決めて親子二人で再出発するほうがいい。

      Reply
    18. 名無しの墓場 ID:20867

      長いし気持ち悪いし誰も得しないだろこのまとめ

      Reply
    19. 名無しの墓場 ID:20869

      さっさと親父捨てないのは何故だ
      読んでる最中ずっと思った

      Reply
    20. ̵̾�������� ID:20871

      生活を圧迫するほどの葬儀費用は絶対にかけるべきじゃない
      だが地方だと選択肢が無いゆえに異様に高額ったりするんだよな

      Reply
    21. ̵̾�������� ID:20873

      棺おけに片足突っ込んだ老人にかける手間は
      息子に注ぎ込めよ・・・

      Reply
    22. 名無しの墓場 ID:20875

      不幸の極致みたいな感じに見えるけど、わりとありふれた話だよね。
      この糞爺が良い例だけど、不幸を呼び込む類の人間の近くにいると次から次へと不幸が襲ってくる。
      この話でも、見ればわかるとおり、癌以外の全ての不幸をこの爺が引き寄せてる。
      もしくはこの爺ではなく、スレ主自身が原因なのかもしれんが。
      糞爺の言動は明らかに酷いが、それをいつまでも放置して妻や子や自分を苦しめたのは他ならぬスレ主自身の判断だしな。

      何にせよ、悪い方向に滑り出した人生は、どっかでリセットかけなきゃ好転せんよ。
      爺とスレ主の関係性が起点になってるんだから、そこを切るのが第一だ。

      Reply
    23. 名無しの墓場 ID:20877

      妻の闘病と仕事だけでも常人なら参ってしまいかねん
      そこを親が必死に足を引っ張るってとても耐え切れない状況だよ

      Reply
    24. 名無しの墓場 ID:20879

      なにコイツ馬鹿なの?糞親父放り出せよ
      息子も医療費掛かってるのに中学受験て寝言は寝て言えよ

      報告者が糞だから苦しんで死んだようなもんだろ

      Reply
    25. 名無しの墓場 ID:20881

      地獄の亡者みたいな親だな・・・・・

      Reply
    26. 名無しの墓場 ID:20883

      そもそもなんでこの人は父親追い出すか
      自分達が出ていくかしなかったの?

      Reply
    27. ̵̾�������� ID:20885

      僕はこんなに不幸なんだよーって感じの嫌な感じ
      創作だろこれ

      Reply
    28. 名無しの墓場 ID:20887

      文体に見覚えがあるな
      創作だよ

      Reply
    29. 名無しの墓場 ID:20889

      実際にしきゅう癌、にゅう癌、肺癌、脳腫瘍に縁があった立場としてはなんだかね

      Reply
    30. 名無しの墓場 ID:20891

      とっとと父親を捨てなかったこの相談者こそが自分の妻を死においやったんだよ。
      人格障害者はそれを支える他人がいなければ成り立たない。
      こういういいなりの奴隷になる奴がいるから悲劇はなくならない。

      Reply
    31. 名無しの墓場 ID:20893

      なんの感動もないな
      これが創作ならまさに自慰

      Reply
    32. 名無しの墓場 ID:20895

      胸糞悪い読まなきゃ良かった

      Reply
    33. 名無しの墓場 ID:20897

      ジジイがガチクズすぎて闘病云々がふっとぶレベル
      酒にちょっとずつタバコの歯とか発がん性あるカビとか混ぜて処分すべき老害

      Reply
    34. 名無しの墓場 ID:20899

      創作ならばの話だが駄目だな。悲しくともずっと付きまとう父の存在で話に集中できない
      事実ならそのヘタレ加減が嫁を苦しめた

      Reply
    35. 名無しの墓場 ID:20901

      笑える。
      このガチクズ爺、うちの祖母そっくりだ。
      母親が癌でいびられて死んだ所も父親がデモデモダッテでこき使われた所も同じ。
      ただ、うちは娘で医者になるほど優秀でもなく、介護家事要員として使われた挙げ句、同じ思想刷り込みの結果、狡さやある種の強さではなく鬱と精神的にやられた。
      祖母はすでに痴呆でまともではないが、
      未だに我が家は祖母に支配されている。

      Reply
    36. 名無しの墓場 ID:20903

      創作ならそれでいい。嫁があまりにも可哀想だ。

      Reply
    37. 名無しの墓場 ID:20905

      報告者がヘタレすぎてしかも無駄に自己陶酔したクッソ長ったらしい文章でイライラしっぱなしだったわ。
      しかも

      >あんな形で僕に降りかかろうとは思いもしなかった。

      こういう言い回しばっかしてるのにそこになかなかたどりつかない上に辿り着いてもそんなもったいぶって言うことでしたかってレベル

      爺とは結局共依存なんだろうね。もう奥さん庇うことも放棄してたっぽいし、そりゃ死にたくもなるわな。子供もこんな頼りない父親を見て育ってたら辛いだろう。うちの祖父はこの爺と比べ物にならないほど苦労した人だけど最後の最後まで物凄く出来た立派な人だったよ。自尊心も貫いてたからみっともないまねはしなかった。こんな爺さん甘えてるだけだ。捨てればいいのに、なんなの?

      Reply
    38. 名無しの墓場 ID:20907

      さっさと父親を見限れば妻はもっといい余生を過ごせたし安らかに旅立てた
      息子に妙なこと吹き込んでるのを知りながら放置
      こいつは父親にそっくり
      自分だけが可愛いクズ
      気取ってるのが何よりの証拠

      Reply
    39. 名無しの墓場 ID:20909

      家の父みたいだ
      早くに自立して家でて良かった
      不幸だから周りを不幸にしていいわけない

      Reply
    40. 名無しの墓場 ID:20911

      長すぎる自慰

      Reply
    41. 名無しの墓場 ID:20913

      悲しい気持ちになったが、※欄がいつもどおりで安心した。

      Reply
    42. 名無しの墓場 ID:20915

      うちのクソ実家みたいでウケる、マジでウケんだけど。
      つかなんで奥さんと子供のためにクソジジイ捨てねぇの?

      Reply
    43. 名無しの墓場 ID:20917

      >外科手術、その後の化学療法、掛かる費用は尋常ではなくなっていた。
      >簡保などでは到底追いつくはずも無く、あれが勤めの頃なら、経済的に破>綻していたに違いない、と確信できる。

      大嘘乙

      Reply
    44. 名無しの墓場 ID:20919

      父親がクソだが、こういうのに限って長生きしちゃうからな…。

      Reply
    45. 名無しの墓場 ID:20921

      爺、おかしいよね?読んでて相談者がなんで爺を捨てないのか分からない

      Reply
    46. 名無しの墓場 ID:20923

      毒父を捨てろ
      子どもの未来をクソジジィのために潰すな
      もう半分未来に毒がまわっているじゃないか・・・・

      ※39
      闘病の妻を支えながら経済的にも自営をまわす、しかも民主不況まっただなか
      それって並大抵のことじゃないと思う
      たぶん仕事と家庭のストレスで近視眼的になり、長期的な展望ができなかった
      直近の仕事や、明日の弁当のことなどで、すべてが後手後手だったのだと思う
      今からでも息子についてどこかで助けを得られればいいが

      Reply
    47. 名無しの墓場 ID:20925

      相談者も相談者の父親と同じく自分のことを一番かわいそうだと思ってることに気づいてないから驚く。
      父親となんとしてでも距離を取るべきだった。

      Reply
    48. 名無しの墓場 ID:20927

      創作でもなんでもいいけど、書いた人、身内のお通夜・葬式、体験した事ないんじゃないのかなぁと思った
      お通夜まで、ご遺体と夜に一緒にいるのは珍しい事じゃないし

      なんだろ…文章書いて、自己陶酔しているような感じがしたよ

      Reply
    49. 名無しの墓場 ID:20929

      ※49
      そりゃ自己陶酔でもしなきゃこんなの書けないだろ

      書いたこと事態の是非は置いといて、あんたはどんなことでも冷静で客観的にかけるタイプか?もしそうなら検死とか捕殺とかそういう仕事がむいてるんじゃないかな?

      あれ?何を言ってるんだ俺は?

      Reply
    50. 名無しの墓場 ID:20931

      爺も報告者も自分が1番可愛いんだなぁ~って思った。
      報告者自身、息子の為に~とか言ってるクセに父親優先にしている所が面白い。
      本当に息子優先なら子連れて家出るか爺追い出してるわ。
      癌はストレスも要因の1つ。
      妻が亡くなったのも父親優先の報告者が原因の気がしてならない。

      Reply
    51. 名無しの墓場 ID:20933

      エネ男だな
      嫁生きてる間もずっとエネ

      Reply
    52. 名無しの墓場 ID:20935

      息子テラカワイソス。

      Reply
    53. 名無しの墓場 ID:20937

      この相談者イラつく
      とっとと親父切らないから
      嫁さんが辛い思いしたんだ

      こいつが親父以上のクソ

      嫁と息子はこのクソの犠牲者
      こいつが嫁の代わりに灰になれば良かったのに

      Reply
    54. 名無しの墓場 ID:20939

      途中で読むの飽きた

      現状をどうにかしようという気のないやつの人生など何の興味もわかん

      Reply
    55. 名無しの墓場 ID:20941

      クズの父親を見切って別居できなかった主が一番悪い

      以上

      Reply
    56. 名無しの墓場 ID:20943

      飛ばし読みしたが、本人が自分で言ってるように「長い稚拙な駄文」

      全部飛ばしてここ見てる奴がいたら、お前が正解だ 間違っても読もうと思うな

      Reply
    57. 名無しの墓場 ID:20944

      気の毒。だけどなんで爺を棄てないんだろう。要らんやろ

      Reply
    58. 名無しの墓場 ID:20946

      バカだろ。
      コイツ。
      奥さんもこんな旦那で気の毒にね~

      Reply
    59. 名無しの墓場 ID:20948

      へたれっぷりが親子って感じだな

      Reply
    60. 名無しの墓場 ID:20950

      ジジイさえさっさと捨ててれば
      嫁も鬱にならず息子もまっとうに育ったのに
      結局自分の家族より糞オヤジが大事という刷り込みのが買ったんだな

      ここまでされても死ぬまで面倒見てやるつもりっぽいことにドン引き

      Reply
    61. 名無しの墓場 ID:20952

      いや父親はクズだが、簡単に捨てられるわけねえだろ・・・
      着の身着のままで追いだすのかよ。
      別に父親はそれでもかわいそーとは思わんが
      世間体だってある。自営ならなおさら

      どっかに住まわせるにしてもかなりの金がかかる。

      Reply
    62. 名無しの墓場 ID:20954

      追い出せとは誰も言ってないでしょ。オトン息子がこの家から出て行けよ、と言ってるんだよ。まぁこんな基地外じぃとずっと住んでちゃあ何が普通で当たり前なのかも分からなくなってくるわな。
      普通で当たり前のことなんて無いのかも知れないけど。

      Reply
    63. 名無しの墓場 ID:20956

      やっぱ男には決断力が必要と改めて思った。なぁなぁ野郎じゃ駄目なんだよな。自分のことでもあるけど…
      変わろう。

      Reply
    64. 名無しの墓場 ID:20958

      なんかこの家族怖い。世にも奇妙な物語見せられた気分だわ。
      基地外の爺さんは置いといてまず親父さんは自分に酔いすぎだろ。奥さんをうつ発症させた原因の爺さんと同じ屋根の下で生活させるとか拷問以外の何ものでもないぞ。奥さんにとったら鬼と生活してるのと変わらんかったろうな。爺は顔を合わせれば罵詈雑言って自分が言ってんのに。
      んで息子は両親が爺さんから罵倒されてんのに黙って観てるだけ?小学生だか中学生だか知らんけど親を馬鹿にされて何の感情の起伏もないとかおかしいだろ。
      親父さんは行動を起こすタイミングずれてるよ。なんで自分が限界に来ちゃってからこんなとこに相談しに来てるんだよ。奥さんがうつを発症させる前、癌を告発される前、いや母親の葬式後にでも今後の生活をじっくり話し合うべきだったんだよ。
      もう過ぎてしまったことだけどさ。
      ただじぃ以外の幸せだけは願いたいよ。

      Reply
    65. 名無しの墓場 ID:20960

      なんで父親追い出さないんだ。
      これじゃエネ夫だったしエネmeじゃんか。

      Reply
    66. 名無しの墓場 ID:20962

      亡き奥さんと息子にとっちゃ、この人が真の敵だよね。
      息子さん、いま反攻してるっぽいけど、それってこの人(父親)に対して怒りを持ってるからじゃないのかなぁ…

      Reply
    67. 名無しの墓場 ID:20964

      ヘタレすぎだろ

      Reply
    68. 名無しの墓場 ID:20966

      優しいなんて微塵も思わない。

      奥さんを生贄にしただけ。クソが出ていかないなら自分達が出れば良かった。病と戦う「愛しい妻」を老害にホイホイと差し出して「鬱になってしまいました~」じゃねえよ。こいつもクソの同類だ

      Reply
    69. 名無しの墓場 ID:20968

      ※69

      何時まで自分に酔ってんの
      もう十分だろ

      おつかれ

      Reply
    70. 名無しの墓場 ID:20970

      悪い環境は、良い子供が育つかその真逆になるかのいい例だ
      投稿者にとっての父は、息子をまともに育て上げるための反面教師だ
      この父がいなければ、投稿者自身、まともになっていたかも分からない(まぁ、この父親を殴れない時点で既にまともではないんだけれど)

      人間、言い訳が残る環境では、失敗した場合にその言い訳に逃げてしまう
      息子がそうなるのは時間の問題だ
      投稿者しか息子を守れないし、救えない
      きちんと父親とケリをつけ、その姿を息子に見せ、息子に自分を誤魔化す逃げ道はないことを伝えなくてはいけない

      不幸の連鎖を止めるのは、その本人にしかできない
      運命なんかじゃない
      これまでも、これからの道も、すべて自分の選んだ道なんだ

      Reply
    71. 名無しの墓場 ID:20972

      ヘタレ過ぎてうざいわ

      Reply
    72. 名無しの墓場 ID:20974

      実際に直面したらムズカシイんだろうけど、毒親は毒祖父母にしかならない場合がほとんどなんだから子供のことを考えても絶縁なり施設に放り込むなりがベターよなぁ。。。

      親には世話になったけど近距離だから何とも心配。
      こっちもギリギリだし親はヒキニー弟と共依存やからもう無理ゲー。
      頼られても困るし自分自身とくに欲もないからギリギリ生きれるだけしか稼いでないわ。
      このパパさんは無駄に稼げてたせいで親も抱え込み、妻を延命させ、親戚筋をお手伝いさんとして雇ってしまえたのが全てではないけど裏目にでてるよな。。。
      妻の延命に関しては誰も正しい判断できんし長生きして欲しいと思うから俺もするけど、毒親だけは捨てて欲しかったよな。。。

      Reply
    73. 名無しの墓場 ID:20976

      あーあ、奥さんが生きてるうちだったら
      安い施設に優先的に入れてもらえたのにね。
      このクソ爺。
      父ちゃん仕事、子供は義務教育中、嫁さん病気、
      近い親戚も病気で頼れませんなら相当優先順位高いはず。

      Reply
    74. 名無しの墓場 ID:20978

      キモい。ひたすら自分に酔ってるだけ。父親さえいなければ妻は死ななかっただろうに。報告者が殺したようなもんだろホントにキモいわ。美談にすんなよ

      Reply
    75. 名無しの墓場 ID:20980

      うわぁ…何で苦祖爺を捨てないんだよ、バカだろ。
      何か自分に酔ってるけど報告者が父親と別居or絶縁しないせいで妻は残り少ない時間すら穏やかに過ごす事も出来ずに亡くなってるじゃんよ。
      報告者も妻の寿命を縮めるのに加担してるよ、何か綺麗な話っぽくなってるけど胸糞悪いわ。
      息子が歪んだのも爺の他に父親が爺を切り捨てる事もせずに母親が爺からどんないびられようが仕方ないと行動に移さず目をそらしてたからってのもあるんじゃない?
      妻と息子が一番の被害者だわ、報告者は被害者面しないでほしい。
      今も爺の事で色々あるみたいだけど自業自得じゃん。

      Reply
    76. 名無しの墓場 ID:20982

      小説

      Reply
    77. 名無しの墓場 ID:20984

      義兄の面倒なんて見る必要ないだろw

      Reply
    78. 名無しの墓場 ID:20986

      妻が搬送されたときに着用していたTシャツなどは、病院での着衣に着替える為に、鋏などで裁断されたのだが、
      僕は未だに、それらが捨てられずに居る。気持ちの悪い奴だ、と思われる方もいらっしゃるかもしれない
      父に対して何も出来ない方が気持ち悪いから
      お前も父も同罪だよ

      Reply
    79. 名無しの墓場 ID:20988

      なんかなぁ…毒親父を飼ってる時点でおかしいわ。
      嫁を責めるのも、子供に吹き込むのも、節約協力しないのも、女に手を出すのも、毒親父。
      それをどうにもできない投稿者。

      そこに気付いたら自分に酔って書いてる姿が浮かんで気持ち悪かった。

      Reply
    80. ̵̾�������� ID:20990

      人間ってこんなタフに生きられるんだな。すげーわ

      俺だったらかなり早い時期に親父をどうにかしてるわ

      Reply
    81. 名無しの墓場 ID:20992

      親だろうが何だろうが不幸の元と距離をとった方がええ。

      Reply
    82. 名無しの墓場 ID:20994

      即効ぶん殴って山に捨ててくるレベルのクソ爺じゃねえか

      Reply
    83. 名無しの墓場 ID:20996

      出来の悪いフェイクでしょ
      本当にこんな体験してたら、こんな気持ち悪い書き方できないししない

      Reply
    84. 名無しの墓場 ID:20998

      普通だったら親父をぶん殴って放り出すわ
      馬鹿じゃねーのか

      Reply
    85. 名無しの墓場 ID:21000

      最後まで読む気しねー
      なんでこいつ父親と同居してんの?親戚関係大事なの?

      Reply
    86. 名無しの墓場 ID:21002

      ジジイ放り出して終了だろう
      なんなら高速道路を走行中の社内から放り出してやれ

      Reply
    87. ̵̾�������� ID:21004

      ジジイと報告者のせいで
      亡くなった嫁さんがかわいそうだわ

      Reply
    88. 名無しの墓場 ID:21006

      爺捨てろ爺捨てろって言うけどそれは今だから言える事であって、嫁が生きている間=治療費がかかる間は爺を老人ホームに押し込む費用負担がどれだけ決死行になるか
      やるやらないじゃなくて可能不可能で不可能だろう
      それにおそらくクソ暴れるであろう爺、下手をすれば勝手に抜け出して襲来しかねない爺をどうやって入れる?どうやって請け負ってもらうんだ、ギリギリの状態で嫁を放り出してそんな見つかるかもわからない都合の良いものを探しに行くのは不可能だ

      Reply
    89. 名無しの墓場 ID:21008

      この相談者自体が多分ACだな。

      父親と離れても
      カウンセリングうけなきゃならんだろう。

      Reply
    90. 名無しの墓場 ID:21010

      こう人をイライラさせる文章書けるやつはある意味

      Reply
    91. 名無しの墓場 ID:21012

      イライラさせる文章やな
      こいつと結婚しなかったら嫁さん長生きしてたかもな

      Reply
    92. ̵̾�������� ID:21014

      何なのこれ、伏線つくりまくって回収しない出来の悪いラノベみたい。
      同情する気持ちも湧いてこんわ。

      Reply
    93. 名無しの墓場 ID:21016

      奴隷にしか見られてないのわかっててそのまま父親の面倒を続けてるんですね…
      義兄も義母も父も捨てて、楽になっていいんですよ。
      のこりの人生、せめて笑ってすごしたいじゃないですか。
      目をさましてほしい。
      あと、息子はちょっと親を思いやれなさすぎるかな…いくら祖父に吹き込まれたからといって、学校にも行ってるんだから祖父が異常とわかる年齢のはずなのに。

      Reply
    94. 名無しの墓場 ID:21018

      ウチの父親がどんだけ素晴らしいか再認識させてもらったわ。

      Reply
    95. 名無しの墓場 ID:21020

      コイツが悪い。俺なら最初の段階で糞親父から家族を離したところで生活させた。絶縁までいかないでも金があるならマンションなりアパートなり糞親父との縁を限りなく少なくできたはずだアホか

      Reply
    96. 名無しの墓場 ID:21022

      あの、もしかしたら本当のお話では無いかも知れませんが汚い言動で書き込まれている方も他人の気持ちがわからない方なのではないでしょうか?

      現在私の大切な人も肝臓癌の末期になっており、もぅ治療も出来なく、延命の為にホスピスに入院しています。
      毎日体調の上がり下がりの差が激しいです。
      私や彼の家族、病院の先生方にもその苦しみを消してあげる事は無いに等しいです。
      病院の薬などで処置を施す事も出来ない状態で、毎日彼の母や父、お姉さんなどが病院に泊まり込み彼を1人にさせないようにしています。
      もぅ、いつ、この今の瞬間に生命が消えてしまってもおかしくないからです。

      人間は弱いです。
      私も弱いです。
      皆さんがもし同じ体験をされた時、この方より全てを行ない、自分自身を完璧にコントロールし、奥様、子供、父親の心や身体、生活を支えていけるのでしょうか。

      Reply
    97. 名無しの墓場 ID:21024

      私も初めて彼の病名と余命を聞かされた日の夜、自宅に帰宅してから朝まで小さな子供のように大声で泣き続けました。
      何故それほど泣いてしまったのかはわかりません。
      彼の為に何も出来ない非力な自分が悔しく、何故彼がこんな運命を辿らねばならないのかと…
      現実を受け止めれずに居ました。

      上手く言葉をまとめられない事をお許しください。

      私は、この方は必死に自分の出来る限りの事をされたと思います。
      自分自身さえ壊れてしまってもおかしく無かったと思います。

      Reply
    98. 名無しの墓場 ID:21026

      私が彼の側に居る時、突然嘔吐を繰り返したり、呼吸困難になり視界も悪くなり、毛細血管が破裂している為皮膚の感覚が無く、歩く事も出来ない状態になってしまう時があります。
      でも彼は 大丈夫やで^ ^、 と息を乱しながら優しく笑うんです。
      そんな時私は 嘘つきやなぁ、ほんとはしんどいくせにさー^ ^ と、ふるえる声と自分の顔や身体を彼にバレないように笑います。

      私が決めた事は彼の前では絶対に泣かない、とゆうこと。
      彼の病院から帰る時には私は廃人に近いと思います。
      まともな思考も出来ず足元もフラフラ、吐き気が止まず仕事を休んでしまう事もあります。
      その事はもちろん彼は知りませんし伝える気もありません。

      Reply
    99. 名無しの墓場 ID:21028

      私などが言うのもおこがましいですが、奥様を亡くされた投稿者の方、何年もお一人で周りの皆さんを力の限りお支え続けた事、奥様は本当に貴方様と結婚をして、最期までずっと側に居てくれた事、本当に幸せだったと思います。
      これからも大変な事が沢山あると思います。
      ですが、奥様の残してくれた大切なお子様が辛い過去、まだわからない未来の支えになってくれるはずです。
      お子様は貴方様と奥様の半身を分けた宝なのですから。

      貴方様が以前より少しずつでも幸せを感じられる事をお祈りします。

      長々と文章力の無い者が失礼しました。

      Reply
    100. 名無しの墓場 ID:21030

      米欄で長文キモイので自分のブログでやって下さい
      文章力以前に迷惑も考えられるようになって下さいね

      Reply
    101. 名無しの墓場 ID:21032

      チラシの裏にでも
      端々から気色悪いオーラ出まくりだわw

      Reply
    102. 名無しの墓場 ID:21034

      毒親べったりデモデモダッテで嫁さん孤立させて癌にして死なせた奴、
      こんなふうに悲劇の主人公だったなぁ。

      お前がエネこいて余計なストレスかけたんだろうがよ。

      Reply
    103. 名無しの墓場 ID:21036

      タバコの搾り汁でも酒に混ぜて早々にくたばらせるべきだった

      Reply
    104. ̵̾�������� ID:21038

      男の人ってここまで親を捨てられないんだと驚愕した。
      今回は舅ではあったけど、こんなだから嫁姑問題がなくならないんだな・・

      Reply
    105. 名無しの墓場 ID:21040

      父親をとっとと移設に放り込んでりゃ、嫁がストレスでやられることも、息子が歪む事もなかっただろうに…
      とは後の祭りだわな。
      父親の支配から逃れられなかったんだねぇ。

      Reply
    106. 名無しの墓場 ID:21042

      なげぇ~し疲れる半分ぐらいにしてからアップしてほしい。一番やんなきゃいけないことをしないで俺はこれだけやっていると自分によっている旦那うぜぇ~。

      Reply
    107. 名無しの墓場 ID:21044

      長い。で、結局、報告者が妻を殺した様なもんなのね?アル中屑なんかと同居してるから、大変お寒い結末になったのね。

      Reply
    108. 名無しの墓場 ID:21046

      辛くなったらまたおいで。

      Reply
    109. 名無しの墓場 ID:21048

      これ本にしてほしいわ

      Reply
    110. 名無しの墓場 ID:21050

      親父をさっさと捨ててしまえばよかったな。嫁の兄もkzっぽいなぁ

      Reply
    111. 名無しの墓場 ID:21052

      他人への文句は一人前な人が湧いてるコメ欄ですな

      Reply
    112. 名無しの墓場 ID:21054

      凄く強い人だな
      普通に人なら気が狂ってるか父親刺し殺してると思うんだけど、この状態でこの人は父親の世話をしている。惰性かもしれない、そうじゃないかもしれない。

      この人の負担を軽減できる制度とかはないのかな?

      Reply
    113. 名無しの墓場 ID:21056

      途中で読むのやめた、この投稿者が糞すぎる
      妻の生きたいと願ってるのに
      実際は、生きながら地獄に合わせた

      Reply
    114. 名無しの墓場 ID:21058

      投稿者、苦労してるな・・・。息子が色々な意味で大きくなって、
      世の中の役に立てる様になる事を切望する。

      あと、父はもう追い出せ。野垂れ死んでも構わんだろ。

      ※107と114が地獄に堕ちますように。

      Reply
    115. 名無しの墓場 ID:21060

      さっさと爺を捨てんから。。 自業自得だろ。

      Reply
    116. 名無しの墓場 ID:21062

      社会を知らない人たちが沸いていますねw
      実際このような状況になったら、あなた達はこういう風にできますか?

      息子さんは可哀想ですが、自分の思ったことで相手が出来ないことばかりかくあなたたちも爺みたいですねw

      Reply
    117. 名無しの墓場 ID:21064

      115
      人殺し。地獄に落ちろ

      Reply
    118. 名無しの墓場 ID:21066

      すぐ離婚しろ離婚しろ言う奴を見ると簡単に言うなよと思うけど
      さすがにこれは父親捨てて家出ろよと思うわ
      家を売ってウィークリーマンションでも借りてそこに父親置いて逃げるとかさ
      心配しなくても父親も赤ん坊じゃないんだから
      一人になったって何とか生きていくよ
      面倒なんか見なくていい

      Reply
    119. 名無しの墓場 ID:21068

      我慢強いのも度が過ぎると考えものだな。
      私なら体力的にも精神的にも一ヶ月ももたない自信があるwww

      それにしても息子さん、皿洗いの一つもしないなんて。
      糞爺を見習ってしまってるからなのか?
      報告者自身も病を患っているようだし、万一糞爺と息子が残ってしまったらどうなるんだろうか。
      だから家事しないとってわけじゃないけど。
      なんとかしとかないと今よりさらに悪い事態にもなりかねないように思ってしまうね。
      まぁ既に報告から年月が過ぎてるけども。

      Reply
    120. 名無しの墓場 ID:21070

      今までみてきたなかで最もハードモードな方だ…

      自分も14で父親亡くした人間だけど、息子さんは十分父親である>>334に感謝してると思う。

      中高一貫、どこに行ったのか気になるが…

      Reply
    121. 名無しの墓場 ID:21072

      長い。文体が自己陶酔的に文学じみてるのに文才がないからキモい上に読みにくい。

      Reply
    122. 名無しの墓場 ID:21074

      こんな人のための生活保護だろ
      爺を施設に押し込んで生活保護を受けさせるんだよ

      Reply
    123. 名無しの墓場 ID:21076

      気の毒は気の毒だけど、すっげー不甲斐ないよ !!!
      息子と嫁が大切なら、ジジイを隔離しろよ。。
      仕事ばっかしてたんだろ。
      嫁も息子も可哀想だ。
      家なんか手放していいよ。もっと大事なものがあっただろうに。

      Reply
    124. 名無しの墓場 ID:21078

      ええー・・・・
      結局父親切らなかったこいつが悪いでFA?

      Reply
    125. 名無しの墓場 ID:21080

      爺は糞だし相談者も同じくらい糞
      加害者の癖に被害者ぶってる相談者が胸糞悪い
      こいつが糖尿になってざまぁって感じだ

      Reply
    126. 名無しの墓場 ID:21082

      バカ。
      ジジイを放り出せ。
      こういうバカみてるとイライラするわ。
      嫁さんも浮かばれないよ。

      Reply
    127. 名無しの墓場 ID:21084

      は?何が、ただ、家族と言う点での家事への協力は不十分だったが。だ

      息子に思う事じゃない、自分より最低なおじいさんを隠れ蓑に
      最低な自分をカモフラした自己愛者だな、これ書いた本人

      父親が子供過ぎて、息子がすごくかわいそう。
      息子はこんな親じゃ育たないのに文句まで言われて・・・。

      自分自分なこの男は息子の気持ちより、自分が助けてもらえない、
      けなげな俺でしょ?みたいな感じで胸糞うぇ

      そんなんじゃ息子のケアなんて形だけの自己満足でしかしないね、
      息子は一個も救われないのに形だけの
      俺はやりましたってポーズだけの、ケアという名の自分中心行為を
      いい親のフリでするんだろうな

      周りに大人がいなくて、息子が本当にかわいそう
      一生この卑怯父親に父親顔されて制圧されてしまうんだろうな、
      そんで少しでも普通の子供として生きたら、
      このダメ父親に、ずるさを覚えたとか、見当違いな解釈されるんだろうな

      こんな自分の都合しか考えられない毒親を持った息子が
      少しでも罪悪感を持たずに、父親と縁を切れますように。

      Reply
    128. 名無しの墓場 ID:21086

      いや・・・やっぱり↑は違うか・・・

      皆それぞれ弱さを抱えて生きてるから、悪い人は居ないのかもしれない。
      お爺さんを含めて、ダメなのはダメだけど・・・
      誰の肩も持つべきではなかったのかもしれない。
      ただ親があまりに自分に夢中で、それなのに周りに尽くしてるみたいな
      言い方していたから、息子のかわいそうさに気がついてあげて欲しかったと思ってしまった

      でも頑張ってる人のダメさを貶すべきじゃなかった
      良いところを見るべきだったのかもしれない

      お爺さんも親父さんも息子さんも奥さんも
      頑張ってたんだよな、きっと、それぞれがそれぞれに

      Reply
    129. 名無しの墓場 ID:21088

      一生懸命やった人の未熟さを貶してしまった自分が情けない、ごめんなさい、
      誉めるべきでもないけど、貶すべきでもなかった

      Reply
    130. 名無しの墓場 ID:21090

      気付いてるかは定かではないが、報告者とお父様はとてもよく似ている
      確かに苦労をしても頑張ってて実に哀れだ、同情するよ
      全力で自らの境遇を嘆いたらいいと思う、実の父親のように

      父親の性質を知りながら、縁を切れなかったのが貴方の最大の罪だ

      Reply
    131. 名無しの墓場 ID:21092

      先ずはキチ外ジジイを棄てろよ

      Reply
    132. 名無しの墓場 ID:21094

      毒親ってわかってんならなんで切らないのよ。
      結局、報告者も恩恵受けてんでしょ?
      毒親が自分の代わりに全部決めてくれるもんね。
      何か悪いことがあっても、自分が毒親の被害者でいられるもんね。

      報告者も人格障害でしょ。依存性人格障害。
      自己愛も依存性も、物事の非を自分以外の何かのせいにするところは同じ。人格障害は本当たち悪い。
      人格障害の国で暮らしてくれ。

      Reply
    133. 名無しの墓場 ID:21096

      悪いけど、こんな父親をみて何も思わない息子はすでに狂ってるね

      Reply
    134. 名無しの墓場 ID:21098

      あまりの身勝手なレスの多さにびびった。
      スレ主さんはよく頑張った。

      親を施設に放り込めとか別居しろとか言う人たち、どんだけ金持ちなん??
      どんだけ毒親でも、親を捨てるとか無いわぁ~~

      Reply
    135. 名無しの墓場 ID:21100

      語尾に~じゃ。って
      付けて喋る爺さんって実際いるの?

      Reply
    136. 名無しの墓場 ID:21102

      無策すぎる。
      息子も家事をやらなすぎ。

      Reply
    137. 名無しの墓場 ID:21104

      悩んで辛い息子に家事まで押し付けるとか鬼すぎwww

      Reply
    138. 名無しの墓場 ID:21106

      ↑言い過ぎた、どちらかの肩を持つべきじゃなかった、反省

      Reply
    139. 名無しの墓場 ID:21108

      嫁を守ってやらなかった屑が自分に酔ってて心底キモい

      Reply
    140. 名無しの墓場 ID:21110

      いや、たとえ毒親だって、切るに切れない事もあるんだって。。。ただ息子さんの事を考えると勇気振り絞ってもらいたいもんだが。。。あまりに世間知らずのガキの書き込みにドン引き↓

      Reply
    141. 名無しの墓場 ID:21112

      胸糞悪いな

      Reply
    142. 名無しの墓場 ID:21114

      ただただ、誰かが死ぬのって悲しくて怖いです・・・
      もしこれが自分だったら・・・

      皆さんとは少し違った的外れな発言かもしれませんが。
      悪い人なんて誰もいませんよ。
      お爺さんも息子も報告者もみんなかわいそうです。
      お爺さんに至ってはこんな利己的な性格なことになる要因さえなかったら
      全うな人生と人格を持てたはずなんです。残念としか言いようがない。

      Reply
    143. 名無しの墓場 ID:21116

      お疲れさまです

      お身体を大事にしてください

      Reply
    144. 名無しの墓場 ID:21118

      実際こういう毒親はいてもおかしくはないけど、なんかネタっぽいな

      Reply
    145. 名無しの墓場 ID:21120

      報告者がクズすぎるのは同意だが、2010年に書いた報告者は今は一家崩壊でもしているのかしら?

      経済的にも健康面でも持つわけがない。

      Reply
    146. 名無しの墓場 ID:21122

      親父との対立が怖くて放置してたようにしか感じられない。
      親父も問題だがなによりも性質が悪いのはあんただ。

      Reply
    147. 名無しの墓場 ID:21124

      二言目には自己弁護が入っててイライラした。

      Reply
    148. 名無しの墓場 ID:21126

      暴力は許されることではないと分かってるが……
      この父親は尊大な口がきけなくなるまで
      基本がビクビクオドオドになるまで
      なんというか「処置」したほうがいいと思えるな。

      しかし読むのが苦痛な文だった。

      Reply
    149. 名無しの墓場 ID:21128

      報告者もカワイソーなボクチャンが一番大事な自己愛性人格障害者だろ
      ボクチャンは悲劇の主人公で
      病気の嫁はその悲劇の発生装置
      パパはボクを苦しめる悪役で
      ムチュコタンは純真無垢な子供なのにパパに毒されてる
      報告者の頭の中にあんのはこの役割関係だけ
      自分以外の誰かも一個の人格があるとか考えた事もないんだろうなーとしか

      Reply
    150. 雪藤&松田 ID:21130

      クソオヤジを始末に来ました。

      Reply
    151. 名無しの墓場 ID:21132

      結論から言うとこれは「創作」です。

      下手な長文小説。
      もっと現実味のある文章を書きなさい。

      Reply
    152. 名無しの墓場 ID:21134

      こりゃ糞親父も報告者もどっちも人格障害だわwww
      報告者もどこか凄惨な状況を楽しんでいるようにも見られる
      普通は糞親父は張り飛ばして おまえはそこでかわいてゆけって
      切り捨てるべきだ。
      結局 報告者はドMなのだろう。
      この家族にはなにか悲惨な末路がまっていそうな感じがする

      Reply
    153. るい ID:21136

      いや、私は泣きましたよ

      2ch読んでて泣くなんて初めてだ

      あたしは信じてるよ

      ほんとの話しだってこと

      Reply
    154. 名無しの墓場 ID:21138

      徹頭徹尾、ファザコン。 親は子より先にしぬ。子の負担になるようなことはあってはならない。
      それを極限に追い詰められても理解出来ない主人公はただのファザコン。
      親離れしないとこうなるよ

      Reply
    155. ̵̾������� ID:21140

      この糞父を早くゴミ箱に捨ててこいよ
      胸糞すぎんだろオイ・・・

      Reply
    156. ̵̾������� ID:21142

      こんな夫いたらウザい
      妻が生きてるうちに
      爺と別居しとけばよかったのに
      どうせ父親(爺)に反抗できなかっただけだろ

      Reply
    157. 名無しの墓場 ID:21144

      読んでイライラした。
      クソ父と、決別しない本人に。

      かわいそうなのは妻を失った本人ではなく、妻と息子だ。

      Reply
    158. 名無しの墓場 ID:21146

      泣けた。
      父の事は役所で相談してほしい。

      Reply
    159. 名無しの墓場 ID:21148

      ん?最初の方で読むの止めちゃったけど国民健康保険に
      入ってたら高額医療費は殆ど返ってくるけど

      Reply
    160. 名無しの墓場 ID:21149

      自営だから滞納してたんじゃないの?

      Reply
    161. 名無しの墓場 ID:21150

      糞ジジイはブルジョアお坊ちゃまのなれの果てだから、気絶するまで鉄拳制裁食らわした後で海に流せ

      Reply
    162. 名無しの墓場 ID:21152

      ジジィ捨てないと。まだ分からないのか?

      Reply
    163. 名無しの墓場 ID:21154

      もっとコンパクトに文章をまとめろやって思いました。

      Reply
    164. 名無しの墓場 ID:21156

      さっさとジジイ捨てろよな
      どれだけ失えば気が済むんだバカが
      自分以外が敵だと思ってるのは、自分で勝手に敵を作ってるだけだろ
      そのまま死ぬまで敵を作らせて放置しておけ

      Reply
    165. 名無しの墓場 ID:21158

      なぜ義兄の面倒を?自分の生活もままならないようなのに、何故いつまでも使われているんだ…。

      Reply
    166. 名無しの墓場 ID:21160

      ※154
      むしろフィクションであってほしいわ。
      俺だったらきっと耐えれん。

      Reply
    167. 名無しの墓場 ID:21162

      壮絶だな…
      しかし父親クズ過ぎる
      何故捨てないの毒いがいの何でもないじゃん

      Reply
    168. 名無しの墓場 ID:21164

      追い詰められすぎて少々精神がおかしくなってる。
      他の人の言うように父のことは役所に相談した方がいい。このままでは投稿主が死んでしまう。

      Reply
    169. 名無しの墓場 ID:21166

      自己愛性人格障害一家だな
      爺、父、息子と色々パターンがあるが
      自分に酔ってる所は共通している

      血は争えないね

      Reply
    170. 名無しの墓場 ID:21168

      いろいろツッコミどころが多すぎだな。
      頼むから創作であってくれ。

      Reply
    171. 名無しの墓場 ID:21170

      奴隷かよ。
      同情よりへたれっぷりに苛々する。
      そんなクソ爺切ればいいのに

      Reply
    172. 名無しの墓場 ID:21172

      父親を可哀相と思って妻と息子の人生をメチャクチャにしてんじゃん
      何が大切で、自分の立場からしてどれを優先しないといけないかわかってないだけだろ
      お前は自分の人生に疑問を持ってるって思ってんのかもしれんが
      一番の被害者であり、人生に疑問を持ってるのは間違いなく妻と息子だぞ

      Reply
    173. 名無しの墓場 ID:21174

      俺なら撲殺しとるわ、間違いなく。

      Reply
    174. 名無しの墓場 ID:21176

      あのさー、ここに書いても主には届かないってわかってて書くんだけどさぁ・・
      主が立派なのはわかったよ 最愛のヒトを無くしたつらさも。
      想像を超える修羅場の数々 葬儀も大変だったね。元葬儀屋だから 喪主が悲しむ余地無く
      動かなくてはならないこと 本当に頭がさがるよ。
      でもさ、ちょっと 主さんよ ナルシスト まではいかないけど、自己愛?浸ってないか?
      親父さんがクズなのは早々にわかってて放置して、それが招いた害悪は少々じゃ済まないでしょ
      総じて言えるのは 「鬼」になれなかった結果 全てが悪く収まってしまった糞話 だなー

      Reply
    175. 名無しの墓場 ID:21178

      長過ぎて読むの止め

      Reply
    176. 名無しの墓場 ID:21180

      正直な感想としては、凄く悲惨だと思う。だけどその「悲惨」に酔ってる部分があるのがわかる。結局はその親父さんと同じく自分は不幸だ可哀そうになってる。結果論と言われれば終わりかもしれんが周りの環境も親父さんも、もっとどうにでも出来たはず、それをやらずに思考停止してしまった主の怠惰さがいけない。

      まぁ読まれること無いだろうが悪い事言わないからさっさと親父さんと絶縁して墓も自分は面倒見ないと宣言した方がいい。じゃないと子供が歪に育つぞ。

      Reply
    177. 名無しの墓場 ID:21182

      自分に酔ってるような文章が気持ち悪い

      Reply
    178. 名無しの墓場 ID:21184

      非道コメ多すぎて驚くわ…。
      糞親捨てろとか本気で捨てる事が出来ると思ってるんですかね…。
      爺の生活力なら自活もできず金も払えず周りの他人に迷惑かけていずれ死ぬのが予想できる。それを簡単に捨てればいいとか言えてしまうのは他人に迷惑かけても平気って言ってるようなもんだろ。
      あと文章力とか言ってる奴は作家でもない報告スレに何をそんなに期待してるの?完成された気持ちいい文章が見たければ本とか小説買えよw

      Reply
    179. 名無しの墓場 ID:21186

      ガンは医療・製薬産業にとってはもはやビジネス。早期に治ってもらっては困るし、(一部良心的な所を除いて)本気で治す気もない。

      Reply
    180. 名無しの墓場 ID:21188

      余計なものを切り捨てる能力がない印象。捨てられない人。
      文章もダラダラダラダラと続くし
      無防備に息子を危険に晒すことを何度も繰り返すし

      Reply
    181. 名無しの墓場 ID:21190

      全部守りたかったんじゃないのかな。
      こんな父親でも。
      しかし結果、不幸と感じる人生になった、という話。
      実話なら、今から再婚相手でも探して別の人生歩んで下さいと願います。

      Reply
    182. 名無しの墓場 ID:21192

      長すぎ

      Reply
    183. 名無しの墓場 ID:21194

      ジジイ殺してえ

      Reply
    184. ̵̾������� ID:21197

      とりあえず医療費は嘘だと思う。
      混合診療はできないから
      5万かばかみたいに高いかどちらかだ。

      Reply
    185. 名無しの墓場 ID:21199

      妻を殺したのも、息子が変に育ったのも、相談者本人の責任。

      文章を読んでいると相談者と父(爺)の関係に違和感を感じる。
      頭のおかしい爺の事をどうにもできず、家族を守れなかった父に対して息子が反感を持つのは当然。

      この不幸な家族の自己愛性人格障害は爺、相談者、息子と同じように受け継がれていくんだな。

      Reply
    186. 名無しの墓場 ID:21201

      他人の気持ちすら理解出来ない酷くつまらない>>1の親父のような感情的で自己的で醜悪なコメントが多いな。

      殺してしまいたい、罵倒してしまいたいという気持ちを抑えて自分なりに必死に頑張ってきた>>1の力強さを理解出来ないのか。

      少なくとも、そこまで頑張って親父を介護しながら息子を育ててきたのは、息子の教育上でも、とても意味がある行為になったと思う。
      そこまで頑張った君と人生の終わりまで自分を愛してくれた母親を侮辱する人の言葉なんて息子は信じないでしょうし、そんな人間と自分を育てるために頑張った君の両方を見比べて育った息子は、その経験をバネにとても立派な人に育っていくと思う。
      それは紛れもなく、父親である君がそこまで頑張ったから息子に教えることができた、息子の人生においてどんな贈り物にもまさる君からのプレゼントになりえると私は思いますよ。

      Reply
    187. 名無しの墓場 ID:21203

      涙出た

      Reply
    188. 名無しの墓場 ID:21205

      充分やった。あとは自分と自分の息子の幸せと将来を考える。
      そうでないと自分がもたないことはわかってると思うけど。

      糞父親は施設へ。人格の病気の人をまともに相手することはない。

      義母の息子の面倒は見る必要はない。
      まともな義母であれば、義理の息子であるスレ主に自分の息子の世話なぞ押し付けないだろう。義母が生前に手立てをたてる→福祉へお願いするのが筋だと思う。

      できることは充分やったのだから、もう手放しましょう。

      —-ともう随分前のまとめみたいだけど、伝えたいと思った。

      Reply
    189. 名無しの墓場 ID:21207

      父に対してなんらかの感情は必ずもっているとおもうけど
      体力的にも精神的にも疲れてしまって、もう反論とか追い出すとか具体的な行動にうつせなくなっちゃってるんだね
      息子さんがどうにか今の自分の父親の状態に気付いてくれればなぁ

      Reply
    190. 名無しの墓場 ID:21209

      なんで自分の家をたてたのに父親と一緒にくらしてるの?
      息子に一生わびると言うなら、父親と隔離するのが先決でしょ
      それをヘタレの一言で誤魔化してるのはDVとどう違うわけ?

      Reply
    191. 名無しの墓場 ID:21211

      ああみんな同意見で安心した。1人きりなら毒親養って人生棒に振るのは自分なんだから勝手にすりゃいいけど、守るべきものがあってこれはないわ。何を不幸に酔ってるんだか…嫁さん殺したのは半分は親父であり、親父を捨てなかった自身だよ。そこに特に反省がないのも意味不明。
      洗脳って楽な言葉。同じ境遇でも親捨てて幸せを掴める人もいるんだから抵抗できないってのは言い訳。二度目になるが自分が不幸になるのは勝手、家族を巻き込むのは馬鹿のすること。
      息子が狂うとこまで読めませんでしたわ。

      Reply
    192. 名無しの墓場 ID:21213

      死なず、他人に迷惑をかけない程度にほっとくこともできるよ。棲みかを与えて餌もたまにやって定期的に様子見にいくとか。

      Reply
    193. 名無しの墓場 ID:21215

      こういうのはなんだが、高度先進医療でも受けてたのか?
      そうじゃないなら、がん治療に毎月十万は流石にあり得ない。

      Reply
    194. 名無しの墓場 ID:21217

      この人メッチャ痛い。
      自分に酔ってんちゃう。
      息子と嫁が可哀想。

      Reply
    195. 名無しの墓場 ID:21219

      こういうタイプの親に育てられた子供は自主性とかいろんなものを奪われて大人になるわけだね
      その結果自主性の無い子供が大人になって妻やら子供の未来やら大切なものを無くす結果になるわけだ

      自分がおかしいのを自覚できないやつが子供を作るっていうのは本当に救いがない
      世の中何の疑問のなく「めでたい」と子供を作るけどね

      Reply
    196. 名無しの墓場 ID:21221

      > 息子が自分の父に影響されて良くない傾向にあること

      悪影響を及ぼしてるのはコイツ自身だろ。
      キチ○イの父に何も言えず好き放題させて
      病気の嫁を守ってやれてないコイツに幻滅しているんだよ。

      Reply
    197. 名無しの墓場 ID:21223

      父親がクズすぎて何も言えない。
      それでも彼にとっては父なのか……こんなクズでも割り切れないもんなのかねぇ

      Reply
    198. 名無しの墓場 ID:21225

      長い
      挫折したわ

      Reply
    199. 名無しの墓場 ID:21227

      バカじゃん。なんだこいつ。こいつが嫁を追い詰めたんやろ

      Reply
    200. 名無しの墓場 ID:21229

      コイツも自己愛。「可哀想な俺」か。
      読んでいて途中でイライラしてきた。
      ってか捨てればいいだろうこんな父。

      息子が変になっていくのも、嫁が死んだのも、全部コイツのせいじゃね?

      釣りなら、よく出来ましたw だが。

      Reply
    201. 名無しの墓場 ID:21231

      話がくどい
      何度も同じ文章を読まされてもうその話聞いたわ状態

      Reply
    202. 名無しの墓場 ID:21233

      その気持ち痛いほど…

      Reply
    203. 名無しの墓場 ID:21235

      家事に「息子」が協力してないようだし
      節約やエコの概念がないって言ってるし
      ここまで重ねりゃもうとっくに育成に失敗と判断できるだろ

      食事が息子と父親で一緒じゃないし
      親子での会話もなさそう

      息子からの視点だと
      ろくにいない父とあまあまの祖父って状態だろうし
      甘やかしジジイのコピーに近いだろ

      Reply
    204. 名無しの墓場 ID:21237

      老害すぎて胸糞

      Reply
    205. 名無しの墓場 ID:21239

      アル中の老害を捨てていれば、妻も病気+鬱病にはならなかったし、子供もまだ真っ当に育っていたんじゃないの? 報告者さんはすっごく頑張ったんだと思うけど、事なかれ主義で良くない結果を生み出してるよね。

      Reply
    206. 名無しの墓場 ID:21241

      何で義兄の面倒までみないといけないのかわからん

      Reply
    207. 名無しの墓場 ID:21243

      なんか奥さんが苦しみを引き伸ばされた話を読んだ気にしかなれない。
      可哀想な自分語りウザい。

      Reply
    208. 名無しの墓場 ID:21245

      あなたはとても立派です
      去年、僕も19で母を亡くしましたが、自分の行いに対しての後悔ばかりです
      あなたはとても「いい人」であるがゆえに父親にも付け込まれ大事な点を見落としてしまう方なのですね・・・
      正直、無念でしょう。。。息子さんのためにも父親との関係を断つべきです

      だらだら書いてんじゃねえって言ってる奴タヒねよw
      ここは「吐き出す場」であって「発表する場」じゃねえんだよバーカ

      Reply
    209. 名無しの墓場 ID:21247

      報告者の父親が「自分は父親のせいで不幸になった」と言っているが、
      正に報告者はその父親と同じ道を行き、息子も同じ道を歩ませている負の連鎖だなあ。

      自分を奴隷扱いしているのは父親ではなく自分自身、ということに気付かない限り、
      先には進めないし、自分も周りも不幸にし続けるだけだ。

      こんなに自分は頑張っているのに、と不幸アピールしていても、状況改善出来るような
      ラッキーなどやってはこない。間違った方向の努力が招いている不幸なのだから。

      幸せになりたいなら、棚からボタモチが落ちてくるのを待ってないで、戦えよ。

      Reply
    210. 名無しの墓場 ID:21249

      最初面白く読んでたけど、途中で嫌になった
      長い、くどい、気持ち悪い、こんなウザい相談者中々いないぞ

      Reply
    211. 名無しの墓場 ID:21251

      じじいが奥さんに、毎日文句言う度に殴れば良かったのに、毎日殴って殴って殴って、ちょっとずつ殺せば良かった。
      奥さんに6年も闘病させたのもバカだわ、本人がどんだけ苦しいか分かっていない。
      あと、中学生の息子に家事は半分くらいやらせるべきだった。家族が大変なのに、勉強だけしてる時点で頭おかしい。
      自営というには、たいした収入じゃないくせに、葬式や私立に無駄金使って、頭悪い。

      Reply
    212. 名無しの墓場 ID:21253

      奥さん殺したのはこいつだろ
      同居とかアホだわ

      Reply
    213. 名無しの墓場 ID:21255

      俺様の才能スゲーの自分に酔ってるワナビが書いた創作だろ。長すぎて途中で飽きたわ。

      Reply
    214. 名無しの墓場 ID:21257

      てか、スレ主、おまえが自分の父親をどうにかしろよ こういう自分の血縁者を特別扱いするアフォ多すぎ

      Reply
    215. 名無しの墓場 ID:21259

      こういう素人のくせに創作語りにするやつが一番キライ。

      Reply
    216. 名無しの墓場 ID:21261

      奥さん苦しめたのは父親じゃなくあんただよ。

      Reply
    217. 名無しの墓場 ID:21263

      1が父親を飛ばせばよかった
      それだけ。

      ばかじゃねえの?

      Reply
    218. 名無しの墓場 ID:21265

      全くここの大方の感想に同意。
      家庭の病理を切り取らないのは何でだろうか。
      優しさを根本的に勘違いする人がいるね。
      取捨択一が出来ないのは勝手だが、従う家族も大人しいね。
      嫁は病気じゃなければ、息子を連れて出て行ったほうが
      幸せだったかもしれないね。
      老害を甘やかしてるのは報告者以外の誰でもない。

      Reply
    219. 名無しの墓場 ID:21267

      老人を甘やかすのは優しき虐待。

      Reply
    220. 名無しの墓場 ID:21269

      頑張ってきたのはすごい伝わってくるし、途中で辛くて泣いたけど、なんか腑に落ちない…
      こんな父親捨てればいいのに。
      簡単にはできないのはわかるけどさ、でも報告者さんが苦しむ必要ないと思う。

      Reply
    221. 名無しの墓場 ID:21271

      お疲れ様です

      Reply
    222. 名無しの墓場 ID:21273

      キwwwwwョwwwwwーwwwwwイwwwwwゾwwwwwンwwwwwアwwwwwホwwwwwお前のしたことみんな間違いwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

      なんて風に、自称援助者に言われるんだろうなスレ主は
      不憫でならん

      Reply
    223. 名無しの墓場 ID:21275

      このスレ主はたしかに自己愛者だろう。また父親を切れないのに
      いらいらする人の気持ちもわかる。

      が、上のコメにもあるように、現実には父親はきれない。
      街中、ホテル等に置き去りにしては保護責任遺棄で逮捕
      される。自営業を続けている限り、そこへきて騒ぐだろう。

      家を売り、仕事もやめ、子どもも学校をやめ、住民票も移さなければ
      逃げられるかもしれないがそれも大変だ。

      施設にいれるのは大変な金がかかる。金のかからないところは簡単
      には入れない。

      では、父親と対決したらどうかともおもうが、これはこれで息苦
      しい生活となることは間違いない。

      Reply
    224. 名無しの墓場 ID:21277

      生きる為に捨てなくちゃいけないものもある。
      おまいが死んだら息子はどうなる?
      大事じゃないものから切り捨てて行くしかない場合があるよ。
      生きる為の捨てる勇気も持って欲しい。
      もう充分頑張ったじゃないか。
      これからは息子と自分の幸せ考えていいんじゃないか?

      Reply
    225. 名無しの墓場 ID:21279

      俺なら糞爺に安い酒どんどん飲ませて急性アル中にさせて以下略…するな。

      Reply
    226. 名無しの墓場 ID:21281

      初めてこれが創作ネタってやつかとわかった

      Reply
    227. 名無しの墓場 ID:21282

      報告者、ヘタレって言うよりもう洗脳されちゃってる状態だろ
      糞ジジイが近くに居る限り、絶対に洗脳は解けないと思う

      Reply
    228. 名無しの墓場 ID:21285

      自己陶酔的な文章は別に良いと思うよ。2chってそういうのも受け入れる場だと思うし、

      ところで本文中の息子が万が一これ見たら、父親が「俺の親父はとんでもないクズだったんだ・・・あんな親父さえいなければ・・・」って言って周り困らせてないか教えてくれ

      Reply
    229. 名無しの墓場 ID:21287

      そんなジジイは一回半殺しにしてやれよ

      Reply
    230. 名無しの墓場 ID:21289

      随分前にも読んだ内容だけど
      やっぱ改めて オヤジをなんとかころすしかないよなぁ と

      Reply
    231. 名無しの墓場 ID:21291

      毎回文末につけられる伏線が全く回収できてなくてもやっとする。
      文才無い人が無理に小説みたいな文章書こうとしなくて良いのに。

      Reply
    232. 糞丼尿英 ID:21293

      はやく嫁死なないかな~

      Reply
    233. 名無しの墓場 ID:21295

      嫁が鬱になったとことまで読んだけど、長過ぎて途中で読むのやめたわ。
      もう少し余計な部分を省いてテンポ良く書いて欲しいなぁ。

      そもそも嫁の鬱はコイツが父親と同居させたせいじゃん。

      Reply
    234. 名無しの墓場 ID:21297

      一番の屑は相談者。

      Reply
    235. 名無しの墓場 ID:21299

      ゴミ父を何故捨てないのか疑問がつきない

      守るべきは息子と妻だったのに
      父親に差し出してるんじゃねーよ

      Reply
    236. 名無しの墓場 ID:21301

      ほんと長ったらしいけど
      どんな事書いてあんの?

      Reply
    237. 名無しの墓場 ID:21303

      2度目の保険が降りないってことに納得いかない

      Reply
    238. 名無しの墓場 ID:21304

      親しき中にも礼儀あり
      たとえ親であっても一線を越えたら離れるしかないよ
      病気だし本人の自覚がないと治らない
      俺は婿養子にしてもらって感謝してるよ

      Reply
    239. 名無しの墓場 ID:21306

      余命3ヶ月が6年に伸びたってとこだけならいい話なのになー
      糖尿はともかくEDになったって別に問題なくね?

      Reply
    240. 名無しの墓場 ID:21308

      ってこれ2010年の話かよ
      せめて息子さんが優しい子に育ってるといいな。
      あと爺が追い出されてるといいな。

      Reply
    241. 名無しの墓場 ID:21310

      ポエムじゃ、大切な人は守れないということ

      Reply
    242. 名無しの墓場 ID:21312

      奥様を亡くされた事は心からお悔やみ申し上げますし、当時はご苦労様でした。
      ただ、幸せを感じてるのかも分からないあなたを見ていて、息子さんは幸せを見いだせるのでしょうか?
      息子さんの為にも覚悟を決めてその様なお父様とは決別すべきでは無いのかなと思います。

      第三者の戯言ですが、糖尿も患ってるそうですからご自身を労り息子さんとの人生を大切にしてください。

      Reply
    243. 名無しの墓場 ID:21314

      じじいクズじゃん。
      若いやつがこてんぱんにしないと
      いつまでも図に乗るよ。

      Reply
    244. 名無しの墓場 ID:21316

      読んでいて 辛くなりました。
      次々と襲ってくる困難によく対処されてました。
      全部投げ出したい気持ちになったことでしょう。
      でもどんな親でも 親は親 他人ならとっくに放り出してしまえるのに。
      こんな親もいるんです。一つ屋根の下で暮らすことは大変なストレスになります。 あたなが病気になってしまします。ヘルパーさんをお願いするなど公的支援を活用されてはいかがでしょうか?

      また義理母さんは 貴方が背負い込むことでしょうか。余裕があるならまだしも はっきりうちは無理だと伝えることも大切ですよ。でないと息子さんを守れません。まだまだこれからお金もかかりますよ。

      ここまで苦労された貴方に幸せが訪れることを祈ってます。

      Reply
    245. 名無しの墓場 ID:21318

      まず、2010年のスレで>>1がこの※欄を見ているがごとく感想を2014年に書き込むばかがいる。
      また>>1がなかなかのクズ(自己弁護とスケープゴート作り、軽微な反省はしてみせる)と、まるで自己紹介しているかのようなのに、そいつの話しを鵜呑みにするばかも、たまらないもんだ。

      Reply
    246. 名無しの墓場 ID:21320

      優しい俺なら
      親父に毎日1升ずつ飲ませてやるよ
      儚い世の中だ 沢山飲んでくれよ
      いや4L焼酎のほうが良いかもな
      一息にぐっと逝ってくれ親父

      Reply
    247. 名無しの墓場 ID:21322

      奴隷乙としか言えん。
      なんでさっさと切らないんだ。
      嫁さん旦那がころしたようなもんだ

      Reply
    248. 名無しの墓場 ID:21324

      長い

      Reply
    249. 名無しの墓場 ID:21326

      力作ですなぁw

      Reply
    250. 名無しの墓場 ID:21328

      なげーよ、モバゲー辺りの携帯小説でやってくれよ

      Reply
    251. 名無しの墓場 ID:21331

      エネミー

      Reply
    252. 名無しの墓場 ID:21333

      がんばれ

      Reply
    253. 名無しの墓場 ID:21335

      応援してるぞ

      Reply
    254. 名無しの墓場 ID:21337

      自己陶酔してんじゃね?キモいわ。嫁も息子も守れなかったただのバカ父の話やんけ!こんなことグダクダ書き込む前にやることあっただろーがよ。老害2世やわ

      Reply
    255. 名無しの墓場 ID:698971

      皆も仰っているように、

      よく我慢してきましたね。

      よく父親に手を上げませんでしたね。

      よく妻の面倒を最後の最後まで診ましたね。

      よく子供を立派に育てましたね。

      お疲れ様でした。

      これからはもう少し我儘になってもいいんですよ。

      自分の人生一回しかないんだから、
      他人のためだけに生きるのではなく、
      自分の幸せを呼ぶために生きて下さい。

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    twitter
    シェアボタン