職場の先輩に婚約者を寝取られ会社もクビになった。ある罪を着せられて地獄に。先輩「全部あいつのせいです」



0ff5abab5908b75b73ec762c71f8ea38000153b41422021301

引用元: 今までにあった修羅場を語れ 31話目

465: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 10:50:48.86 ID:ETcz+WuE
俺はとある先輩のために、婚約者を寝取られそうになるわ、
会社から飛ばさられるは散々な目にあったよ。
金持ちとモテる男には、ブサメンは勝てません。
488: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:52:50.79 ID:ETcz+WuE
自称イケメンでモテモテのQ太先輩の暴走で、
彼女イナイ歴=年齢だった俺の貴重な結納話が破断となった修羅場を聞いてくれ。
長いよ。ちなみにほとんどフェイクだからな。。

ブサメンで運動音痴、彼女イナイ歴=年齢の俺男は、
大学を卒業後、就職した会社の厚遇?で、実家=地元近くに配属された。
職場にテニスやスノボを楽しむ同好会があった。
全体で30名~50名で20台後半が多い。

男性会員は静かなスポーツマンタイプ、女性会員は近傍のOLや派遣等。
常時10名くらいが活動していた。みな運動神経が良かったし独身貴族でもあった。
オレのスペックは当時22歳。中肉中背でブサメン。
Q太先輩は4歳年上、同好会の連絡兼雑用係として、
そして対女性陣への引き立て役として俺を活用しようとした。
まあ・・学生時代から、俺はそんなキャラで・・、
折角友達になった後輩女が、俺を介して知り合った親友の彼女に納まった
苦い経験もあり、社会人1年目の青二才では仕方ないかと・・無気力に諦めていた。
489: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:54:37.14 ID:ETcz+WuE
登場人物
俺男 23歳。中肉中背でブサメン。 のび太に似ている。
K子先輩 26歳 小柄 宮崎あおい似 ちょっと意地悪で素直で明るい モテる。
Q太先輩 27歳 自称イケメン ラガーマン 一見カッコいいが、しつこい。
同好会の連絡兼雑用係として、対女性陣への引き立て役として俺を活用しようとした。
A子   24歳 OL 地元アマオケ カワイイ  俺がお食事に誘ったが断られた
B子   23歳 OL 地元アマオケ A子の友人 
俺男がかつて恋い焦がれて粘着。恨まれている?
社会人になった俺男は申し訳ない気持ちでいる。


A子を誘えとQ太先輩らからそそのかされる!!  
冬といえばスノボ。初心者の俺はゲレンデ2日目午前中でリタイア。
ゲレ食後は帰り支度をして駐車場で同好会諸先輩を待っていた。
この頃、同好会のA子と話をする機会が多くなっていた。
A子は小柄でカワイイが少し天然ボケ。
それが絶対音感を持ち、仕事の傍らアマオケにも参加しているという。
他の会員やQ太先輩までが、A子は俺男君とお似合いだよぉなんて言うものだから、
その気になってしまった。

このスノボ企画にA子は参加していない。
ゲレンデの写真をA子に写メし、食事に誘う電話をしてみた。
もちろん、事前に匂わせてあったが・・あまりにも冷たい回答だった。
A子「ダメ・・ダメです」ブツ 着信拒否??
メール「誘わないでください・・」と。目の前のリフトがみな止まったように思えた。
実はこのお誘いの電話をさせることが、B子の俺への復讐だったのだ。
491: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:56:33.48 ID:ETcz+WuE
実はこのお誘いの電話をさせることが、B子の俺への復讐だったのだ。
思い当たることはあった。俺の高校時代の暗黒史だ。
ある子=B子に毎日のように毒電アタックしていた。
B子の立場では俺はストーカー。しつこく連絡をしていた。
あの頃は盲目で、今は取返しのつかないことをしたと後悔している。
A子はB子と同じオケ仲間で同級生。世間は広いようで狭い。
A子の俺への印象はB子を介してのものだから・・悪くて当然なのだ。
492: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:57:29.40 ID:ETcz+WuE
ゲレンデが翳り始めた。帰りの時刻だ。
このときも、イケメン先輩諸氏のクルマに女性陣が分乗し、俺車は荷物搬送だった。
A子から食事を断られ、俺は独りで早めに帰路に就きたかった。
このとき、K子先輩も早く帰りたいから、俺車に乗せて欲しいと頼まれた。
K子先輩の第一印象は不幸なオーラを抱えているが、
話せば、愛嬌があって、意地悪で明るくて、しっかりとした女性だった。
俺より3歳年上。
このとき、諸先輩らはナイターまで滑ると元気いっぱい!
早帰りの希望が俺とK子先輩の二人ということで、約2時間半のランデブーとなった。

クルマでの会話。
K子「ここの同好会、楽しいよ。俺くんまだ社会人1年生だから雑用ばかりだねー。
帰りも一人じゃ退屈かなと思って、乗ってあげた(笑)」なんてカンジ。
それが・・数か月後・・年上で同好会イチの良妻賢母候補のK子先輩が、
俺の初彼女になった。ちなみに結ばれた夜は、俺の素人がバレ、
K子先輩も初めてというのに「まだ素人だったの」ってバカにされた。

まとめ
Q太先輩らから後押しされて、同じ同好会のA子を食事に誘ったらあっさり断られた。
その直後、3歳年上のK子先輩が現れ、なぜか・・俺と密かに付き合い始めた。
494: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:01:32.38 ID:ETcz+WuE
社会人2年目・・
この頃、俺とK子先輩は順調に付き合っていたが、
同好会や友人たちには秘密にしていた。
K子先輩はモテた。同好会の諸先輩や同僚からのお誘いは多数。
信頼はしていたが、ブサメンコンプレックスの俺は、不安になることが多かった。
確実に良妻賢母となるであろう3歳年上のK子先輩と俺は、かなり不釣り合いだ。
しかし、生涯を共にするならこの人しかいないと思い、
速攻で両家族と食事会を開き、事実上の婚約となった。
結納から結婚式場まで予定が組まれたとき悲劇は起きた。

このとき・・俺男23歳。K子先輩26歳。結納を1か月後に控えていた。  
(その1)
俺とK子先輩の出会いの場となった同好会は危機を迎えていた。
イケメン先輩が転勤となり、活動はK子先輩と俺+男女数名ということが多かった。
Q太先輩はたまに顔を出してはいた。
相変わらずK子先輩はモテモテで、
食事デートのお誘いが多く他のオトコとお食事会はしていた。
(俺に報告はあるが気分は悪い)
さらに、Q太先輩が俺の悪口を言いふらしていると聞いた。
公私とも忙しかった俺は、あまり気にしてなかったが、
突然Q太先輩から某ファミレスへと呼び出された。
それは・・とんでもない修羅場の始まりだった。

Q太「俺君。座って。最近、同好会寂れているだろ。
俺君がいると女の子が来なくなるからだよ。」
俺男「え????」
Q太「M子さんにしつこく迫ったよな?彼女はそれで同好会を辞めちまった。
A子ちゃんにもしつこく迫ったよな。覚えがあるだろ。
そんなことするから女の子が来なくなるんだ!」

俺は、混乱した。
M子の話は1年ほど前に遡る。
同好会の会員だったM子には、友達以上恋人未満の同僚彼氏がいた。
Q太はそれを承知でM子をしつこく追いかけ回し、困ったM子は、
俺を友達以上彼氏以下のオトコとして二股し、Q太を避けていた。
結局、俺は単に利用されて捨てられたのだが、Q太は俺がM子に
しつこく迫ったから同好会を辞めることになったと脳内変換していた。
その後、M子は同僚彼氏と結ばれている。
A子については、絶交されており、スノボ以来連絡も取ってない。
495: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:03:56.61 ID:ETcz+WuE
ごめん 長いわ・・

Q太は続けた。
Q太「オマエ、女に粘着するタイプだよな。へっへ。知っているぞ(笑)。
この同好会にB子さんがいた。オマエが入会したって知ったら、辞めちまったよ。
ひでぇな」

俺は心臓が止まりそうになった。
「B子がこの同好会にいた??」初耳だった。
かつて俺は確かにB子に粘着した。好きだった。
当時は自分の感情がコントロールでデキなかった。
迷惑をかけた。今更謝ることもできない。
社会人になった今、俺にできる贖罪は、2度とB子のフィールドに近づかないことだ。
そのつもりが、知らずとは言え、そのフィールドを再び侵し、
彼女を同好会から追いやってしまったのだ。
血の気が引くような感覚になった。彼女に申し訳ない気持ちが溢れた。

Q太は追い打ちをかけてきた。
Q太「驚いただろ。A子ちゃんはB子ちゃんと友達でなぁ。
オマエの悪辣な正体を知っている。オマエが気味わりぃんだってよ。
今日はA子ちゃんを呼んでいる。ここで謝れ!!」

なんとQ太の後ろの席に、A子が座っていた。俺とQ太はA子の対面に移動した。
結納を控えている俺は、問題を起こすことはできない。
しっかりと謝罪して、禊(みそぎ)とすることで事態を穏便に終わらせることを考えた。
なお、A子は相変わらずかわいい。
俺男「久しぶりですね。あのとき、食事に誘ったりして、すみませんでした。
Q太先輩の言う通り(沈黙)同好会も辞めます。」
A子「はああ????何?何??」驚くA子
Q太「俺君。ちゃんと頭を下げろ。」
Q太は俺の後頭部に手を廻し、ぐっと押さつけた。
額をテーブルにぶつけたのを見て、A子とQ太が笑う。
さらにQ太はその様子を土下座証拠写真として撮影した。
ラガーマンのようなQ太のバカ力に抵抗はできず、
ファミレスという場で騒ぎを起こすのも大人げない。じっと・・耐えた。
496: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:05:17.56 ID:ETcz+WuE
Q太は、この状況に満足したのか、
ファミレスの外へ出て携帯で誰かと話し始めた。
取り残された俺とA子は、こんな会話をした。
俺男「A子さんは、Q太先輩と食事はしても、俺とは一切ダメなんだ。
そんなに嫌われていたなんてショックだよ。」皮肉を言った。

A子「ちがうよ。今日は私も無理やり呼び出された。私だって困っているの。」
俺男「俺に謝罪させるため呼び出したのでしょ。俺、同好会辞めるから・・・」
A子「もうこんな同好会行かないよ。人間関係がぐちょぐちょで耐えられない・・」
A子の態度が少し変わった。何か企むような笑顔をみせて
A子「ねー、なんであのとき誘ってくれたの??」微笑む
俺男「諸先輩らから後押しされて・その気になっちゃった・ごめん」
A子「それだけ?」
俺男「俺、本当はクラシック好き。
アマオケのA子ちゃんなら話が合うかなと思っていた。ラフマニノフとか聴くよ」
A子「私も!!少し弾けるんだ!!・・」
(クラシックの話で盛り上がる)

Q太が戻ってきた。Q太はクラシック音楽なんて知らない。
むっとしたQ太は反対側のA子の隣に無理やり座るテーブルを叩いた。
A子はドン引きし迷惑そうな顔。Q太はA子に渡したいモノがあると箱を取り出した。
A子はゲホゲホむせて箱を受け取ろうとしない。俺になんとかしてくれと目で訴える。
俺は、A子はオケの練習があるそうだから帰した方が良いとQ太に促した。
Q太はムッとしてその箱をカバンに戻し、席を立つと怒ってファミレスを出て行った。
唖然とするA子と俺。

二人きりはヤバいので、Q太先輩の車が闇に消えるのを確認し、A子と席を立った。
会計は全額俺持ち。別れ際、A子は俺に会釈し、衝撃的なことを言った。
A子「俺男君に私を誘わせようとしたのはQ太先輩たちだよ。
B子から過去話を聞いて、俺君を懲らしめる計画だった。
Q太さんは俺男くんを悪者にして私やB子にかっこつけたいだけだよ。
本当は、こんなことで関わりたくないの。ごめんなさい。」と。

こんなドラマみたいな話があるのかよと思った
B子がQ太を使って、俺に「復讐」している。
額にはコブが赤く腫れていた。
497: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:06:26.51 ID:ETcz+WuE
この日の出来事をK子先輩に電話報告した。
婚約中に異性と二人きりになることは、あまり好ましくない。
そこはしっかりと報告し、誤解がないようにする。
俺男「Q太先輩から同好会の件で怒られた。A子ちゃんに土下座したよ。
俺男のせいで女性会員がみんな辞めちゃうって」
K子「はははh・・俺男くんにそんな存在感ないよ(笑)土下座見たかったなぁ。」
俺男「ひどいこと言うな。女性陣から見たら、アウトオブ眼中ってこと」
K子「そう(笑)。みんなあなたより年上よ。
給料イチバン安くて頼りないのは俺男くん(笑)

実はそのQ太さんに、明日呼び出されちゃったよ。
同好会の件で重要な話があるって。粘着メールが10通くらい来ている。」
俺男「え・・。やだなぁ。じゃ、明日(木曜)Q太先輩との話が終わったら、逢おうよ」
K子「大丈夫。了解 じゃ8時頃かな。おやすみ!!」

重要な話って、俺のことだろうなと思った。
結納を1か月後に控えた微妙な時期だけに不安の方が大きかった。
498: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:10:04.79 ID:ETcz+WuE
翌日 木曜日
K子先輩から「これからQ太に会ってくるね」とメール。「了解」と返す。
俺は二人が会っているファミレスの駐車場でK子先輩を待つ。しかし・・
K子先輩はQ太先輩と大笑いで店を出てくると、俺のクルマではなく・・
Q太先輩の助手席に消えた。
ルームランプの光でQ太の携帯を見ながら大笑いしているのが見える。
明かりが消えるとQ太のクルマがK子先輩を乗せて、夜の街へ消えて行った。

「なに??それ??」事態が把握できない。俺とここで待ち合わせしているのに?
あわてて俺は追った。しかし信号で見失った。メール出しても返事がない。
9時半頃、「今日は会えない」とメールがあった。「お休みなさい」返信した。
K子先輩のクルマはファミレスに置いてある。
そのまま深夜まで待ったが帰ってくることはなかった。
Q太先輩はラガーマンのような体形だ。ガッシリしていて一見かっこイイ。
俺よりはカネもある。
K子先輩よりひとつ年上で、カップルとしてバランスが取れている。
性格はしょうもないけど、K子先輩なら余裕でコントロールできるだろう。
所詮、俺は年下のブサメン。目の前で大切な人を奪われたと思った。

499: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:10:54.07 ID:ETcz+WuE
翌日 出社
Q太先輩に呼び出される。
Q太「昨晩、K子さんにオマエが同好会を辞めること話しておいたぞ。」
俺男「えええ。実は・・友人たちとK子先輩を交えで食事する予定でした。
でも・・来なかったです。」(咄嗟のウソでさぐりをいれてみた)
Q太「ははは・・じつは深夜のデートしてたよ。」(勝利宣言)
俺男「まさか Hしちゃったんですか」
Q太「えへへ??責任はとるさ」
俺男「K子先輩は、いい嫁さんになりそうですね。」
Q太「あたりまえだろ。K子さんは俺がこの同好会に誘ったんだ。
危険な職場内恋愛で仕事辞めたんだよ。
じゃなければ、あんな子がフリーな筈ないだろ。
傷ついた彼女のすべてを包み込めるようなオトナのオトコが必要さ。」
俺男「良かったですね」(溜息)
Q太「そのうち親に挨拶にいくわ(笑)」
呆然とした俺は、天井を仰ぎ見ていた。

K子先輩は結納を控えながら、俺との待ち合わせをスッポかし、
Q太先輩と二人きりでドライブをして、
一線を越えてしまった??ということらしい。信じられない。
体中から力が抜けた。

残りは需要が合ったら書きます。なんだか悲しくなってきた。
500: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:16:05.07 ID:ETcz+WuE
もう少し吐き出します。書き溜めてはあるので・・俺 クビになりました。

その直後・・直属の上司から呼び出された。ここでも信じられない話が続いた。
俺がストーカーやセクハラをしているとの告発があったという。
この事業所で数名いる採用後3年以内の社員では、俺がいちばん忙しくてブサメン。
他の奴らはチャラチャラ遊んでいる。
結果、派遣の人妻との不倫、金持ちの令嬢との危険な恋、
合コン持ち帰りなんて勇ましい話ばかり。
話に尾ひれがつき、若手にセクハラ注意喚起がされていた。
俺は、彼らを横目に一人残業が多いが会社への貢献度も高いと思っていた。
唯一の楽しみが同好会だったが、浮いた話に無縁。
それが、皮肉にも最初の処分対象だったのだ。呆れて笑ってしまった。
それだけに上司も俺に同情的だった。

このとき、修羅場の連続で俺はあっさり崩壊していた。
以降の事情聴取では声が出なかった。仕方なく筆談をした。
胸が苦しくなりゼーゼーと呼吸をした。
考えられる自分の落ち度をバカみたいに絞り出すように語った。
 A子、B子のこと、Q太先輩に〆られたこと。
婚約者K子先輩のこと。職場に迷惑かけて申し訳ないと・・
いつの間にか泣いた。不倫を楽しむ同期の輩が楽しそうに
その人妻とフロアを横切るのが見えた。処分なら奴こそだろ・・と思った。
上司は、まだタンコブが残っているなぁと憐れんで聞いてくれた。

上司が言うには、
① 本部の話では、Q太先輩への苦情が先月頃に来ている。
② Q太に確認したところ、俺男こそがストーカーだと、例の土下座写真を示した。
③ 本部から事実確認をせよとの指示だが、
同時に若手職員の数名の淘汰を図る意図。
④ Q太は俺に苦情の矛先を転嫁しようとしていると推測できるが証拠がない。

つまりは、採用から数年程度の社員は立場が弱く、
わずかなトラブルで退職に追い込まれる可能性があるという。
たまたま、得意先から転職の話があり、出世は遅れるかもしれないが、
出向という形でやり直したらどうだと薦められた。
俺はどうでも良かったし、この地に居たくない気持ちが強くなり・・
遠い町での独り暮らしを受け入れた。

 
501: ブサメン@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:20:19.28 ID:ETcz+WuE
両親には、トラブルに巻き込まれて「退職→出向」になることと、
K子さんについては、他にオトコがいるらしく「婚約は破談」の可能性が高いと伝えた。
両親は驚いたが、まだやり直しがきくと励まされ、
今後のこともあるから責任だけははっきりしておけともいわれた。
慰謝料が発生するなら、俺の給料で払うよと答えたが、クビなら元も子もないと言われ、
家を出る寂しさか、沈黙の夕食だった。

ごめんなさい 長すぎますね。
ここで自分語りを辞めます。
このあと、K子先輩の家族に呼び出され俺は散々に追及され結納が無くなりました。

思い出すだけで・・辛いです。
502: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:24:03.66 ID:Bep/2ryp
こんだけ書いてほとんどフェイクってどういうことだよ。
504: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 22:38:15.77 ID:1afbSRsd
可哀想だけど
自分の名誉や人生を守る事にここまで無気力ならしょうがないんじゃないかなぁ
【黒い話】弟が障害者の夫の連れ子が実は夫の子ではなかった→前妻が隠していた事を私が発見し・・・

卵アレルギー持ちの娘のケーキにこっそり卵を塗った義両親。娘が呼吸困難で病院送りになったのに平然と・・・

女性は無料で飲める相席居酒屋に行ってみた

初経が来た小6の娘が「まだ小学生なのに嫌だ」とキレて困ってる。「生理=恥ずかしいもの」と思い込みどうしたら良いのか…

周囲の結婚ラッシュでアラサー友人が自己愛性パーソナリティ障害に陥った。矛先は10年来友達だった私に

購入した新車にチャイルドシートの取り付けをお願いしたら「来月でいいでしょ」「これ事故っても僕のせいじゃないからね!」

旅館で22時過ぎに「ハンバーグとかオムライスとか出来ないの?」と言う客。できないと伝えると「じゃコンビニで買ってきて」

【復讐】私を虐めるクラスメイトに復讐をした→一歩間違えば警察沙汰だったが、いじめっ子達の泣き顔が見れた

  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:749393

      ほとんどフェイクなら、
      この話自体フェイクだな(笑)

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:749398

      林先生「病院行けよ。頭のだぞ」

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:749400

      長すぎの文章から溢れ出る無能臭

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:749411

      こんな話まとめる意味あるの?

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:749412

      え?これで終わりなの?
      フェイクでもなんでもいいから続きはよ

      Reply
    6. 名無しの墓場 ID:749416

      余計な情報大すぎで長い
      その上、ここからって所で終わりとか

      Reply
    7. 名無しの墓場 ID:749427

      時系列ムッチャクチャで意味わからんし、何が言いたいのかすらわからん。
      というか、ほとんど自分から動いてないやん。

      Reply
    8. 名無しの墓場 ID:749467

      こんな文章下手なんだから会社としてもいらんのやろ

      Reply
    9. 名無しの墓場 ID:749550

      自分の名誉も守らずされるがままやられるがままだからやりたいようにやられるんだよゴミめ

      Reply
    10. 名無しの墓場 ID:749641

      ダメな奴は何をやってもダメ。
      無能なくせにやる気もないんじゃ話にならんだろ。寄生虫だって寄生するために、死ぬ気で頑張るぞ。

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。