バリキャリ美女社員を元気付ける為に会社公認でデートへ行ったはずが、彼女持ちだった俺が美女社員と結婚する事に

UfmkLUD7TaRsyOFBxQr3mWWLHPSpJQQl

引用元: 【昔を】真・みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その19

290: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:37:57.05
ちょっと長くなるが、 妻が『婿をとらなきゃいけない』責任で婚期を逃していた話をしてもいいだろうか。
291: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:43:54.23
妻との出会いは職場だった。 俺の職は数年に1度ぐらい転勤があって、全然違う場所に行くことも多い。 俺がその職場に赴任して2年目の春、妻が転勤してきた。
当時、俺は勤務6年目。仕事にも慣れ、 少しずつ責任のある仕事も任されてきた頃。 妻は勤務12年目。 バリバリ仕事をこなすキャリア組。直属の上司ではないが、一目置かれる人だった。 妻と初めて話したのは転勤した初日にあった歓迎会の時だった。 私の上司と妻は高校が一緒で同級生(卒業アルバムにも一緒に写っていた)。 「お~久しぶり~」のノリで話していた。 その場に俺も呼ばれ、同級生だったことや その当時から頭が良かったことなどを教えてもらった (頭が良いところは本人が否定していたが)。 妻からは上司が高校時代不良で、 リーゼント・短ラン・ボンタンで通学していたことなども暴露され、上司は赤面していた。 今ではいいパパですが。 俺から見れば5つ年上で上司と同級生ということで、 恋愛感情というより仕事で迷惑をかけられないことや、 頼りになる姉御といった感じだった。実際に仕事では何度かお世話になった。
292: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:45:20.53
当時の俺の職場は男女比こそ半々だったが、ほとんどが既婚者だった。 新人が入ってくることはほとんどなく、中堅~ベテランがそろった職場といえる。 その中で俺は当然一番年下で、お茶くみやらコ-ヒーのセットやら… の雑用は当たり前のようにやっていた。 自分の中ではそれが当たり前で強要されてやっていたわけではないが、 妻は俺一人でやっているのがなんとなく気に入らなかったらしい。 早速次の日から手伝ってくれるようになった。40人以上いたので大変ありがたかった。 それから夏までは、特に何事もなく進んでいった。 とくに二人で飲みに行く…なんて機会も全く訪れなかった。 上司を含めた若手集団で飲みに行くことはあったが、 世間話や上司の昔話で盛り上がったくらいで、 プライベートなことなどは特に話さなかった。 ひとつわかっていたことは、妻が独身であることのみ。 ちなみに上司は既婚者だった。
293: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:46:30.93
転機が訪れたのは、夏休み休暇の申請時だった (俺の職場では夏に5日間の休暇がもらえます)。 昼食休憩時間に、デスクわきの憩いゾーンで若手職員で昼食をとっていたところ、 妻が休暇の申請書を書いていた。 ふと見てみると、土日からお盆期間に連続9日で休みを取るのではなく、 8月頭に1日だけ休暇が入っているのを見つけた。 俺「珍しいですね、そこに1日だけ休暇なんて。あ、もしかして彼氏とデートですか?」 妻「そこはちょっとお休みをもらうの。ふふふ。」 俺「すいません、余計なこと言いましたね。」 妻「俺君こそ、お盆前はデートなんでしょ?9連休とってるし。」 俺「いやいや、大学時代の友達と遊ぶんですよ。 ここからだと400㎞ぐらいあるからなかなか行けませんしね。」
294: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 00:48:03.51
実はそのころ、俺は大学時代から付き合っている彼女がおり、会いに行くのだが、 職場では内緒にしていた。 付き合って8年目、そろそろ迎えに行かなければ…と思うのだが、 なかなか踏ん切りがつかなかった。 彼女をこっちに呼ぶとなると、彼女は務めた仕事を辞めなければならない。 俺一人の稼ぎで暮らしていけるか…それが悩みの種だった。 妻「そうそう俺君、ちょっと聞いてもいい? 俺君が友達と遊ぶ時ってどんなところに行くの?」 私「え?遊ぶ時ですか?うーん、最近はあんまり遊びに行ってないですけど、 カラオケとかゲーセンとか…ちょっと遠いですけど○○(隣県の県庁所在地) とかですかね。」 妻「そっかぁ。俺君も同じようなことしてるんだねぇ。」 私「この辺娯楽ないですからね。やることは同じだと思いますよw  ってやっぱりデートですか!いいですね~。 こんな美人とデートなんて彼氏さん羨ましいww」 俺の軽口にいつもは「も~」と怒ったふりをしてくれるのだが、この時は苦笑していた。 後になってわかったことだが、その日はお見合いの日だったらしい。 相手は俺より若干年上ということで、妻からしたら年下の男。

コメント

アクセスランキング