浮気癖のあるクズ女と結婚した友人。家事もまともにしない嫁に離婚を考えていた時に妊娠が発覚してしまい・・・

1300795366754

引用元: 奥さまは見た!!! 因果応報 その46

327: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 22:50:32.16 ID:mFfbn0Wj0
因果応報というより修羅場と後味悪い話が混ざった結婚式のネタはどこに投げたらいいだろう。 最近、その夫婦が離婚したからどっかで吐き出したい
328: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 22:59:32.36 ID:pER8IlGA0
ぜひここで!聞きたい!
330: 1@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 23:31:01.02 ID:mFfbn0Wj0
ありがとう。 長くなるけど、やっぱり違うとこ行けって感じだったらごめん。 5年ほど前、友人が結婚した。 結婚式、二次会に参加したんだけど、この夫婦は結婚前から奥さんに問題があった。 新婦… 何もかもこいつのせい。いいとこのお嬢さん。 高校生から新郎と付き合ってたけど別れたり復縁したり。原因は新婦の浮気。 新郎… 私とは趣味を通じた友人。真面目で仕事熱心。 学生バイトの頃からブラック企業にばかり当たる不運な男。 普通の家庭。けど父親が教師で厳しい家庭。 浮気しては復縁してきた新郎は 結婚を機に新婦が落ち着いてくれると甘いことを考えていたとのちに供述している。 お世話になっていたし、 誘われるまま同じく趣味の友人である女の子とその旦那と幼い娘ちゃんと参加。 結婚式 は 和やかに、そして感動的に粛々と進められた。 唯一気になるのは花嫁とその母親にあまり笑顔がないこと。 花嫁母は闘病中だからと聞いていたけど全然嬉しそうじゃない。 花嫁に挨拶したら凄く睨まれたけど、 嫉妬深い方だとも聞いていたし気にしてない、気づかないふり。 この時点で花嫁に違和感はあったけど問題なく二次会に参加した。 二次会に余興ってあるでしょ。 あれを新郎の以前のバイト先の仲間に頼んでいて、お金も払っていたらしい。 ヒーローショーとかのイベントを請け負う会社でバイトしていた新郎、 あまり心配せずに内容丸投げで確認なし。 新婦も確認せずに当日本番。 学生の悪ノリを前面に押し出した余興が始まった。 うまく言葉にできないんだけど一緒にいた友人曰く、 元ネタは芸人がなんやかやふざけながらいちゃもんつけて張り倒すようなバラエティ番組あるでしょう? あんな感じ。 新郎、ビンタされる。 おふざけで、しかも余興だから お客さんも内容はどうあれしらけさせるのもなんだし愛想笑い。 花嫁が余興にキレてお客さん放り出して退場。
332: 2@\(^o^)/ 2016/05/23(月) 23:45:36.39 ID:mFfbn0Wj0
新婦友人たちもぞろぞろ出て行って、それ以外の参加者ポカーン。 正直、急すぎたし余興は聞き流し気味だったから理由はよくわからなかった。 本人が言うには「ビンタとか暴力サイテー!」 たしかに余興は微妙だったけど貴女は主役であっても 来てくれたお客さんをある程度もてなす側じゃないの?と衝撃だった。 新婦、1時間くらい帰ってこないし、気まずいから誰も料理に手をつけない。 幼い娘ちゃんもぐずりだす。 電車もあるし(私は終電逃すととても徒歩で帰れない田舎から来てた) 娘ちゃんもおやすみの時間だし帰ろうか、ってとこで救世主が現れた。 新郎友人がヘルプを受けてビンゴ開催!空気を温めなおす。 大変司会のうまい方で、時間がない中でサクサク進める。 さあ、新婚さんには悪いけど帰ろうか、となった時、 死ぬほど機嫌が悪い泣き腫らした新婦が取り巻き連れて入場。 周囲に威嚇しまくりで花嫁というより獣。 最後の挨拶くらい、と説得に応じて新郎と出てきたんだけど 明らかに空気が悪いし娘ちゃんに良くないので娘ちゃんと旦那さん退場。 花嫁、延々と恨みごとを訴え始める。 ここで暴力サイテー!発言かーらーの、新郎にビンタした子にビンタ。 キャットファイトは相手の子が我慢して回避。 新郎、謝罪と挨拶。ずっと頭下げてた。 後日、ビンタされた子から訴えられかけたとか。これも新郎が平謝りで回避。 どうにか新婚旅行中に機嫌をとって最後の方で和解。 無事に新婚スタートとなるけど、ここからさらにトラブルが続く。

コメント

  1. 名無しの墓場 2016/05/24(火) 11:20:38

    誰にとっての因果応報なんだよ。
    報告者は頭おかしいのか?

  2. 名無しの墓場 2016/05/24(火) 15:40:56

    阿呆しかいないのね

  3. 名無しの墓場 2016/05/25(水) 10:28:33

    新郎が不運?ただのボンクラでしょ
    結婚前に浮気ぐせのある女だって分かり切ってたし、別れる機会はいくらでもあったろうに
    それとも、そんな女でも一緒になりたいと思うほどの何かが新婦にはあったのか?

アクセスランキング