断捨離にハマった旦那に私の仕事道具を捨てられそうになり、別居する事になった。旦那「君が冷静になれるように別居してあげる」



150115room2-640x425


引用元: 今までにあった最大の修羅場 £119

83: 名無しさん@HOME 2016/05/21(土) 09:42:32.16 0
長文注意です。

昨年ミニマリストやら断捨離やらにハマった旦那と別居した。

私の仕事道具すら捨てようとして、
義家族も交えた話し合いの場での
「旦那の私物の範囲で自由に捨てて下さい」っていう説得も無駄。
ちなみに自宅は私が独身時代に購入した自宅兼仕事場なので、
仕事関係の物を家に置かないのも無理だった。

在宅の仕事の修羅場も同時期にきていて、
その期間は義実家に居てもらうことになったが
毎日毎日、「捨てさせてくれ、絶対捨てた方がいいから」と電話で言われ限界だった。


これ以上捨てようとするなら仕事部屋に鍵をつけるか、別居しかないと提案すると

「君が冷静になれるように別居してあげるね。
僕の暮らしをよく見ていなよ、絶対にミニマリストの良さに気づくから」
とのことだったので別居。


旦那の貯金で近くのアパート借りて暮らし始めた。
私がミニマリストの良さに気づいたら
そこを仕事場にして自宅には何にも物を置かない生活しようね、
と服数着とスマホとパソコンとミニマリストの本を抱えてニコニコしながら出て行った。


ごめんなさい続きます。
85: 名無しさん@HOME 2016/05/21(土) 10:10:35.40 0
>>83
続きです。長文注意です。

時折夕飯はうちに食べに来てミニマリスト以外の話しをしたり、
お互いの近況を報告し、旦那はアパートに帰るという生活でした。

旦那姉は「私ちゃんが離婚って言った時点で離婚なんだよ、
そういう状況ってことだけは分かってこの生活をしろ」と旦那に再三言ってくれ、
旦那との揉め事で遅れた仕事の手伝いに来てくれたりしました。
疲弊した私にはまさに女神のようで本当に助けられました。

旦那がいなくて寂しいという気持ちも勿論ありましたが、
家で仕事道具を捨てられるよりは、
これで駄目だったらもう離婚しか選択肢がないのだし、
旦那がこの生活で満足なら仕方ないなと思っていました。

ところが一ヶ月が過ぎて旦那から三日ほど連絡が途絶え、
その日、旦那姉と一緒に旦那アパートに遊びに行く約束をしていたので尋ねると

カーテンすらない為に夕日で真っ赤になった箱のような部屋の隅で、
自分の仕事着と服を敷き詰めた巣のようなものの上に
逆光で赤黒くうなだれる旦那がポツンと座っていました。

あの異常な光景は一生忘れないと思います。
旦那はまるで妖怪のようにゆらゆら揺れながら泣いていました。

合鍵で入った私達に気づくと
「あ…そっか、今日か」と呟いてそのあと

「もう嫌だ。ごめんなさいごめんなさい。帰りたいよう」

「掃除って物がゼロになると成立しない、
なにもかも無くすと最終的に地球はハゲ山の荒野になるんだ、それが分かった」

と真面目な顔で言い、
旦那姉に「お前ごときが地球を語るな馬鹿野郎」と言われていました。

私は何故かこの異様な空間と旦那姉の言葉がおかしくて、笑ってしまって…
旦那も旦那姉も笑って。
もう一生別々に暮らすのかと諦めていた旦那が戻ってくる、ミニマリストが終わる、
と思ったら喉が詰まって何も言えなくなって笑いながら泣きました。
おそらく嬉し泣きです。

86: 名無しさん@HOME 2016/05/21(土) 10:12:46.97 0
本当に長くなってごめんなさい。
最後です。


どんな心境の変化があったのかは旦那にしか分かりませんが、
もうミニマリストやめたい。ごめんなさい。一緒に暮らして下さい。
と膝をついて謝ってきた旦那ともう一度だけ一緒に暮らしてみることにしました。

現在は旦那は普通の掃除好きのおじさんとして暮らしている…様に見えます。
まだ少し自分の私物が捨てられる怖さは残っていますが、
一応今日までは平和に暮らしています

旦那姉さんには本当に感謝してもしきれません。
明日旦那姉さんのお誕生日で義家族みんなと私とで温泉に行くので
厄落としに書かせていただきました。
【悲報】スーパーのトイレに閉じ込められた。そのまま閉店して電気が真っ暗に

【復讐】俺の新しい部下が学生時代のバイト先のリーダーAだった→調子に乗ったAが他の部下達に俺の過去を・・・

子供の頃は毎日が不安も無くてすごく楽しかったよな

育児に熱が入り過ぎた私はウンコを触った1歳娘に大号泣。娘の全てに疲れてしまいもう限界に

彼女が前の店で購入したアイスのゴミを他店の店員に渡して「ゴミ捨ててください」非常識だと指摘したら彼女が激怒

「愛してる」という感情がわからず4年交際してる彼氏との結婚を断り続けてる。彼氏が死んだ所を想像しても響かないんだが

食器はひび割れ、ふきんは雑巾並だった旦那の実家が宝くじ当選していた。旦那親が亡くなる直前に喧嘩したら恨まれて、遺言に「1円もやらん」と書かれた

【毒親】「お前なんか生まなきゃよかった」と私を殴るような母に復讐を決意→トンカチとハサミで母に・・・

  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:726194

      報告者優しいな
      しかし宗教かホラーだなもう

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:726201

      愚者は経験でしか学べないからこその愚者

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:726217

      仕事をするのではなく、かたずけるのを仕事にしていると、こうなるんだろうな。代わりの仕事がないんだ。
      うちの爺さんは草取りとかたずけはマメにする。タネをまいて出て来たものも摘み取るし、借り物のバーベキューコンロは2組あったら片方は捨てた。
      すでに認知症が始まっていたんだろうな。
      この旦那も、若年性を発症しかけていたのかもしれない。あるいは、整理整頓した気持ちよさが癖になったのか。
      そしてそうなったら、次に何を作るかと言った創造的なことができなくなる。

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:726218

      あーあのミニマリストの旦那か!
      何度言っても仕事道具捨てようとして、義両親が説得してもダメで
      あまりにも異様な姿で駄々こねてて
      旦那のお姉さんが震えて怯えながら引きずって連れ帰ってくれたっていう旦那だよね?
      かなりもう頭イカれきっちゃってたのに、あれで愛が冷めなかったとは恐れ入るわ
      そんなにこの旦那は頭の中身以外はいい男なのか
      外見が全盛期のキムタクとか福山とかムカイリとかディーンクラスなんだろうか、すごいな

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:726222

      >>自分の仕事着と服を敷き詰めた巣のようなもの

      椅子もソファもコタツも無しで床に寝起きする生活はしんどいよな。
      ミニマリストには興味無いが、友達の家に入り浸ってた時期に仮眠する時にそういうのを作ってたわ。

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    twitter
    シェアボタン