身内の嘘を広める曾婆のせいで家族に被害が続出、家には私の大量の○○が貼られ凄まじい光景が。曾婆「みんな悲しい目をしてる」

さいほう

引用元: その神経がわからん!その17

664: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)23:00:04 ID:vbr
ひいばあちゃんにいい加減イラつく。長文なので2回に分けます。 昔から人に言われた事を大げさに脳内変換して親戚に言いふらす人で 母がその被害に遭った
母が「テレビ見てないなら消したら?」と言ったら親戚に 「年寄りはテレビを見るなって言われた!!」とか その他にもあることないこと言いふらしたらしく、母は親戚中から総スカンくらった。 ひいおじいちゃんの葬式の時に親戚の人達に片っ端から誤解を解いてやっと和解。 ひいおじいちゃんの四十九日だかなんかの日にひいおばあちゃんちに 親戚一同が来る事になったけど、小さいアパートだし入りきらないからと 母が出席を辞退したのに皆の昼ごはんを作ってほしいと頼まれて、 朝早くから天ぷらを作って帰ってきた。 親戚と私に「あの時は大変だったのよ~朝から天ぷらを作ってねぇ」 と嘘をつきまくってた。ここまではただのボケかと思った。 私は楽天を装ったサイトで本棚を注文してお金を振り込んだら 連絡が取れなくなったことがあった。 次の日ひいおばあちゃんちに行った時にそのことを話したら、 「やっぱ家具は百貨店や大塚家具で買わなくちゃ~」 「おばあちゃんは詐欺になんか引っかからないわよ、経験が違うもの」 と小ばかにし始めた。 その直後に電話がかかってきて、 ひいおばあちゃんが10年前から世話している男性Aさんの名前を名乗る男から 電話がかかってきた。 相手の声は聞こえなかったけど、ひいおばあちゃんの 「声が違うけどどうしたの?」「えっカゼをひいたの?」「点滴?」 という言葉で詐欺だと勘付いて、急いで 「おばあちゃん!それ詐欺の可能性があるよ!」と横から言ったのに無視。 電話を切った後、 「Aがカゼをこじらせて病院で点滴しているんだって、 携帯なくしたから公衆電話から電話してきたんですって」と ひいおばあちゃんが言ってきたけど、 今どき手帳に電話番号を控えている人なんて居るか? Aさんは手帳を持つタイプじゃないし。 Aさんはお父さんに騙されて給料のほとんどを仕送りしている。 実家から他県に引っ越してきたけど、前に住んでいた県で年金を払っていないから そのお金を払わないと今住んでいる県で保険証を発行できない。 なのに点滴できるの?お金は?と考えていたらまた電話がかかってきた。 今度は関東落し物センターを名乗る男から電話らしく、 「Aさんの携帯を拾って電話帳にあなたの電話番号があったので電話しました。 Aさんに返却したいので  Aさんの氏名、住所、生年月日を教えてくれ」という内容だった。 私が横から「タイミング良過ぎるしさっきのも明らかに怪しいから言っちゃダメ!」 と静止しているのに手で払ってきて全部喋って電話を切った。 あとでこの電話番号に電話してくれって言われたのーとメモを見せてくるから、 そのメモの電話番号と関東落し物センターでググったら 警視庁遺失物係・関東落し物センターを騙った詐欺グループと出てきた。 その事をひいおばあちゃんに伝えてメモの電話番号に電話させたら 使用されていない電話番号だった。 ひいおばあちゃんがどうしよう・・・住所とか全部教えちゃった・・・と焦りはじめた。 内心「だから散々止めたのに・・・」と呆れていたら突然 「でも、先にあたしの情報を漏らしたのはAだからあたしは悪くないわよねぇ?」 とほざいた。 マジで( ゚д゚)ポカーンの顔文字状態。マジでなにいってんだコイツと思っていたら、 突然誰かに電話をかけ始めて詐欺にあった事を報告し始めた。 しかも電話の内容を聞くと 「○○(私)がネットで詐欺にあったんだけどね、 今私にかかってきた関東落し物センターと同じ詐欺グループだったの!」 と話を大きくし始めてる。 電話を切った後も 「まさか○○と関東落し物センターが同じ詐欺グループだったなんて・・・」 とブツブツ言い出す始末。 記憶改ざんとあたしは悪くない発言でドン引き。 ここでひいおばあちゃんはおかしいと気付く。

コメント

アクセスランキング