女である私を差別して育てた母と再会し怒り爆発、未だに無神経な要求をしてくる母に全てをぶちまけ断絶してやった



おわ


引用元: 復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 3

409: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)05:58:06 ID:r3T
よくある話みたいだけど母は長女の私にだけ厳しかった
同じこともしても叱られないとか門限に遅れても閉め出されないとか
他人から見れば違いは些細なことだけど、
弟との差を日常生活の中で実感しながら生きるのは苦しいことだった
性犯にあった友人。旦那さんに殴られていたアルバイト先の女性。
この世界で女の子が生きるのは辛くて悲しいことなんだなぁと中学の頃から考えていた
人生に投げ遣りになっていた私を愛してくれた夫と義理の両親には感謝している

自立してからはずっと母と疎遠だったけど、
寝たきりになってしまった姑さんを安心させるために歩み寄ろうとした。
結論から言うと失敗だった
母は相変わらずだったけど、心を整理する方法も聞き流し方も
昔から使ってきたものを流用すればよかったから逆に楽だった
無神経で刺々しい発言は昔からだったから平気だった。鈍感なところも無視した。
怒鳴られるのも馴れていた

それでも辛いことは一つだけあった。
母は二人目の子供を作ることを執拗に求めてきた
娘だけで十分とか今のご時世だと一人だけで精一杯だとか
軽い調子で言っても駄目だった
やれ昔は何人も産んで当然だった、やれ昔は男の子が生まれるまで頑張った、
やれ今の女は甘やかされている、やれ兄弟がいないと寂しい
一回目は聞き流した。二回目も耐えた。
十回も同じこと言われて流石に怒りで死にそうになった

「私が弟との差を訴えた時、あんたは
「最初の子供だから分からなかった。仕方ない」
とか言い訳して詫びの一言も言わなかった」
「親にとってはたくさんの子供の一人でも、子供にとってはたった一度の人生」
「私は自分の子供の人生を今後の子育てのための実験台として消費したくない」
「実の親にまで男の子と差別されてこの世界に絶望する女の子を増やしたくない」

ずっと言いたかったこと、当時は言葉にできなくて伝えられなかったことを吐き出した
ティーカップを投げ付けてきた母を置いて帰った
姑さんに「どうしてもお母さんに会いたいの?」と尋ねられて、
ああ無理して会う必要はなかったんだなぁって、胸が軽くなった

はっきりと断絶したこともあって、今は昔よりずっ と落ち着いた気持ちで過ごせてる

410: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)09:23:53 ID:AeN
>>409
辛かったね。よく頑張ってきたね。
お母さんはクズだったけどいいお姑さんに恵まれてよかったね。

>「私が弟との差を訴えた時、あんたは
「最初の子供だから分からなかった。仕方ない」
とか言い訳して詫びの一言も言わなかった」
>「親にとってはたくさんの子供の一人でも、子供にとってはたった一度の人生」
>「私は自分の子供の人生を今後の子育てのための実験台として消費したくない」
>「実の親にまで男の子と差別されてこの世界に絶望する女の子を増やしたくない」

私もこの辺を重々承知して子育てしようと思う。
412: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)10:25:10 ID:bO3
>>409
会って良かったね
無駄なことにずっともやもやする必要なくなった

不倫相手の事が好きで嫁との離婚話を進めてたが、相手が急に距離を置きたいと言って来た。理由も分からないし、辛くて泣けてくる

嫁の産後のイライラが2年経っても直らない。連れ子二人も嫁に気遣い、正直もう疲れた

旅館で22時過ぎに「ハンバーグとかオムライスとか出来ないの?」と言う客。できないと伝えると「じゃコンビニで買ってきて」

回転寿司屋に着いた彼氏に「先に番号札発券しといて」と言ったら。彼氏「こういうとこ一人で入れない」

男に人気があり酒豪の女Aがいた。そのAは飲み会を必ず途中で帰り一銭も置いていかない為、幹事の男に注意すると『ブスの醜いひがみ』

どんなに迷惑をかけても許される謎の人気男に数年後、周囲から殺意が。友人達「人生滅茶苦茶にされた。殺してやりたい」

シルバーウイークに帰省する嫁が同窓会に出るらしいけど胸騒ぎしかしない。勘を信じて行かせないべきだろうか
  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:713619

      出来ればBBAの指を切り落とすか、顔面を破壊するかして、「私は自分の基地外のせいでこうなりました」という事を死ぬまで自覚させるべき。

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:713650

      ※1
      「やりすぎだ!」「話せばわかる!」
      ――と偽善厨になって言いたいところだけど、この世には〝半殺しにされないと自分の愚かさが解らない馬鹿〟や、最悪〝死ななきゃ解らない馬鹿〟ってのが実在するからなあ……

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:713788

      厳格な女=保守的な女だから男である息子には厳しくできなくて、娘が被害を全て引き受けることになるんだ

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:713793

      子供を厳しく育てようとする女って、保守的、つまり少なからず男尊女卑的な思考の持ち主だから(当人は気付いてないかも知れないけど)、必然的に束縛系の毒親の被害に遭うのは娘が多くなる

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:713823

      差別を感じて育った女性は、子供を複数にしないかも。自分はそう。
      兄弟(姉妹)なんて、いてもいいこと無かったと思う。
      マイナス多すぎてプラスが思い出せない。
      唯一、両親の面倒と実家財産の面倒を丸投げできる人間がいて良かった、とは思っている。

      Reply
    6. 名無しの墓場 ID:713824

      この母親の反論、どっかで聞いたと思ったら、
      去年飛び降りた知人が話してた親の話だわ。
      彼女は許したと言っていたけど、無意識はどうかな?
      彼女の弟も10年前飛び降りてる。
      馬鹿親は子供全部失って、金あっても子孫はいない。葬式で、御気の毒だけどいい気味だと思った。

      Reply
    7. 名無しの墓場 ID:714389

      >他人から見れば違いは些細なことだけど、
      >弟との差を日常生活の中で実感しながら生きるのは苦しいことだった

      あー、これだ。家族に訴える度「そんなことでw」と僻み根性扱いされたけど、
      私が言いたかった事はこれだったんだよ。ずっとずっと言いたかった。
      こう言えないまま家族全員に追い詰められ帰省出来なくなった。

      ちゃんと言えていたらこうはならなかったかな。いや、変わらなかったな。
      「私の辛さを僻みと決め付ける家族に囲まれているよりも
      ひとりの方が苦しくない」と言っても、理解しない家族だったから。

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    twitter
    シェアボタン