俺に「コックさんですか?」と訊いた板前さんの言葉のお陰で彼女と結婚。その言葉を勘違いした彼女は「もちろん結婚します!」

6dec7516f5c3daddf72fbc783462ea2f

引用元: 【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その17

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/23(土) 14:21:38.88 .net
アフガニスタンからソ連軍が撤退を開始したころ。 当時の勤務していた会社の取引先は、テナント雑居ビルの3階にあった。 そのビルの1階は洋菓子屋だったが喫茶室も併設していたので、 取引先は来客があるとそこからコーヒーなどの出前を取っていた。
俺は取引先には週に3~4回訪問していたので、 週に最低1回はコーヒーをご馳走になっていた。 出前に来る女性はだいたい決まっていたので、自然と顔見知りになっていた。 出前にコーヒーにはサービスでいつも小さいカップケーキが付いていたが、 甘いものが苦手な俺はいつもそのケーキを残していた。 ある日のこと。 取引先に行く際に出前の女性と同じエレベーターに乗り合わせたのだが、 軽い会釈の後にその女性がこう言った。 『ケーキはお嫌いですか?』 「あ、すんません。甘いものはちょっと苦手で・・・」 ちょっと気まずい雰囲気だったがすぐに3階に到着したので、 俺は逃げるようにしてエレベーターを降りた。 しかし、取引先はいつも通り俺にコーヒーの出前を注文してくれたので、 数十分後にまた先ほどの女性と顔を合わせることになった。 いつも無表情でコーヒーを運んでくるその女性は、そのときは珍しく笑顔だった。 『今日のケーキは私が焼いたんですよ』 「あ、そうですか。では今日は残さずに頂きます」 取引先の担当者(年配の女性)はなぜか俺をニヤニヤしながら眺めている。 『どうですか?お口に合いませんか?』 「い、いや、甘ったるくなくて美味しいです」 少し不安そうだった女性は満面の笑みに変わった。 女性が帰った後、担当者は俺に質問をした。 「どう、あの娘?」 へっ? 「さっきの娘よ。一度デートしてみない?」 あ、はぁ、まぁ、いいですケド 「じゃ、決まりね。今度の週末は空いてるかしら?」 そんな感じで初デートを迎えることになった。
30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/23(土) 14:50:19.44 .net
そりゃもう一段階昔の話だな そのころ働いてたならもう定年だよね
31: 29 2016/01/23(土) 15:02:29.54 .net
>>30 いやいや、これでもまだギリギリ40代ですがね。 高卒で働いてたから、普通よりは4年ほど無駄に働いてます。 で、初デート後ですが、特筆することはありません。 子供が産まれたり、舅が亡くなったりがありましたが、 平々凡々と28年が過ぎました。
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/23(土) 15:13:55.06 .net
>>31 おいおい、初デートのこととか、嫁と取引先の関係とか、 嫁があんたのどこを気に入ったのかとか、kwskせなあかんことがいっぱいやろ

コメント

  1. 名無しの墓場 2016/02/03(水) 08:03:53

    板前さんが起点
    嫁の天然スルーパスを旦那がシュートでゴール

  2. 名無しさん 2016/02/04(木) 15:41:53

    小賢しいエロ広告入れてんじゃねーよ屑管理人
    ばーかばーか

  3. 名無し 2016/02/05(金) 15:14:04

    〉告白した時もプロポーズした時も
    〉頬を染めたりしなかったなぁ‥‥。
    愛されてるのを信じてたからやで
    〉某スレでの「愛してる」の時は真っ赤になって泣いたけどw
    愛されてないかもと不安だったからやで

アクセスランキング