暴力DV母から脱出した私の元に再び現れた母が衝撃発言。母代りの様に私を可愛がってくれてた叔母に私は騙されていた

1Bv.th

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その15】

264: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)21:18:04 ID:Oda
ものすごく長いです。 苦手な方はスルーしてください。 私の母方の祖父母はT県で会社経営をしている。 祖父は結構大きく従業員も何百人もいる会社を経営、 祖母の方はテナント業とホテル経営(カップル専用の)で二つの会社。 テナント業は不動産は結構あるが、従業員は秘書が一人だけ、 登記のため事務所は形だけあるが倉庫状態。 基本的に業務は金勘定と書類整理、 業者に連絡などなので自宅で殆ど事足りるからだ。 ホテル業はアルバイトと、社員が2~3人だったと思う。 母は4人兄弟。 長男  長女(母) 次女 次男末っ子 長男・次男は祖父の会社で働き、役職も貰っていた。 長女である母は、祖母が持ってくる見合い話にうんざりし、 20代半ばで他県にかけおち、結婚、出産、離婚、出戻り。 次女は祖母に取り入って、祖母会社の雑用係だったが、 30代で結婚、その後男児ふたり出産。 秘書がやめてからは本格的に会社に関わるようになった。 次女の旦那さんは、自分のお母さんが経営していた会社がつぶれ、 祖父の会社に就職。これまた役職。 私が初孫だった為、 母が私を連れて実家に出戻った時は皆歓迎してくれたらしく、 皆が実家住まいだったのでそれはそれは可愛がってくれた。
母は重い病気で入退院を繰り返していたので、 次女である叔母は特に自分の娘のようにかわいがってくれていた。 学校行事も来てくれ、 買い物や遊園地や休暇中の別荘などもよく連れて行ってくれた。 私にとっては第二のママみたいな存在であり、 むしろ情緒不安定アル中メンヘラで 勉強しろと暴力をふるう実母よりも好きだった。 中学になりグレた時に尻拭いしてくれたのも、半分は叔母だった。 たまり場に凸してきて、 ヤンキーグループの子達に説教したりも叔母の役目だった。 結局母との関係を修復できなかった私は、父の家(他県)に引っ越した。 ちなみに、母の実家がホテル経営をしていることは、父から聞いた。 母方一家は、なぜか私にホテル経営のことを内緒にしていたらしい。 しかし、内緒にしているなら根ほり葉ほり聞く必要も無いので、 知ったことは叔母には言わなかった。
265: 264 2015/12/20(日)21:18:41 ID:Oda
叔母は、高校の時にお小遣いを振り込んでくれ、 誕生日にはプレゼントを送ってくれ、 大学時の一人暮らしの家賃も払ってくれていた。 母には電話番号を教えていなかったので、状況報告も全て叔母にしていた。 大学卒業後、内定が決まっていたが、 祖母がどうしてもT県に戻ってこいというのでしぶしぶ戻った。 本当は父や友達と離れたくなかったので嫌だったが…。 そして、祖母の会社の顧問会計士であるF先生事務所に就職し、 祖母会社の所有物件の一部屋に住んだ。 私がT県に戻ったこと、 F先生の事務所で働いていることは母には内緒だった。 この頃、祖母会社の代表取締役は登記上、叔母の名前になっていた。 実権を握っているのは祖母だったが、理由はよく分からん。 借入の問題とかだと思う。 母は、精神的にもだいぶ落ち着いて、 祖母会社の経理・仕訳などを任されていた。(祖母も叔母もPCができない) そして母は変なところが真面目なので、 夜のホテル業にはあまり関わりたくなく、 ホテルへの出入りはしていなかったらしい。 叔母は、仕事でホテルによく出入りしていたようだが、 私はホテルに関して知らないことになっていたのでよく分からない。 就職して1年と少し経ったころ、 私がT県に戻っているのが母にばれ、母が私の部屋に乗り込んできた。 祖母が、私のところに差し入れを持って来ようとして勘付いたらしい。 確かに母は昔から怖いくらいに勘が鋭かった。 仕方なく、母と話し、酒を飲みかわし、和解したような状況になった。 そこで、母が妙な事を言い出す。 「叔母は詐欺師だ」

コメント

  1. 名無し 2015/12/21(月) 07:37:05

    確かに修羅場だなぁ。今更実母とも関係改善も
    難しそうだし…

  2. 名無しさん 2015/12/21(月) 23:09:07

    嘘ではなかったと思うよ。詐欺師だったかもしれないけど報告者の面倒見る必要はなかったわけだし

  3. 名無しさん 2015/12/23(水) 18:37:07

    893の情婦ならチンピラの集団に割入って説教というのも納得

アクセスランキング