「裁判ごっこ」をしてAをイジメていた生徒達「自分達は悪くない」議事録に記されていた生徒達のリアルな裁判内容に驚愕

いぎ

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その10

512: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)14:05:08 ID:yFT
今では成人している息子が、中学校の頃に起きたいじめ事件。 集団心理の怖さを知った衝撃的な事件だった。 いじめられていた子が不登校になり窃盗も働いて、それで発覚した事件で クラスの半分近くがいじめに加わっていたということで、 何度か保護者と先生と懇談があった。
異常なのは、いじめの中心にいた生徒たちが、発覚後も悪びれることなく、 いじめを行ったことを認めた上で、自分たちは正しいと開き直っていたことだった。 「元はといえば自分たちはA(いじめられていた子)の被害者であり、 Aは罪を犯しているのだから、当然のこととして制裁をうけるべきであり、 自分たちは何も悪くない」 …という理屈を自信満々に語っていたらしい。 異様な雰囲気だったので児童相談所とか当時まだ珍しかったカウンセラーとかも入った。 分かったことは、いじめグループはAに対して「裁判ごっこ」をしており、 それが高じて「Aは罪人」「自分たちは正しい」と思い込むようになったということだった。 Aは、家庭環境に問題があってネグレクト気味で育ってきており、 知的障碍ではない(今思えば精神や発達障碍はあったかも)が 言動や行動が変なことがあり、服装も不潔で時々悪臭もするという感じで、 周りからは気持ち悪がられていた子だった。 その不愉快さをいじめの加害者側はいじめの理由にしており、 それを正当化し補強するためにいじめ中心グループが「裁判ごっこ」を開催し、 ほかの子を巻き込んでAを責め立てていたらしい。 そういうことを繰り返す中で集団で催眠にかかったようになっていたようだった。
513: 名無しさん@おーぷん 2015/11/23(月)14:06:15 ID:yFT
続き カウンセラーとかが入って話し合いをするうちに、彼らはいっぺんに憑き物が 落ちたようになっていき、先生も狐につままれたような気分だったらしい。 うちの息子は、いじめに直接参加はしていなかったものの、 いじめた側に同調的な傍観者、 という立場だったので、先生から個別に経緯を説明され、 家で夫と一緒に何度も話し合った。 自分にとって不愉快というだけで、 相手を「罪」と断定したり制裁を加えることには道理がなく 他人にそんなことをする権利はない、ということを最終的には分かってくれたが、 そこで息子が見せてくれたのが、いじめに加わった子から渡されたという 「裁判」の「議事録」だった。 わざわざテープ起こしをしたもののようで、ワープロ打ちで、 Aがいかに不愉快な存在でみんなが迷惑しているか、 クラスに恥をかかせているかを「論告」していて、「弁護人」役までいた。 そして、Aに対して「被告人は居るだけで不愉快であって『存在の罪』だ」 「健全な学校生活を汚している」 と言って「懲役刑」とか「慰謝料支払い」の「判決」を出していた。 いじめグループに物知りな感じの子がいて裁判ごっこを主導して、 「議事録」を息子のように同調的な生徒に渡して、 いじめへの協力を呼びかけていたらしい。 それに誘われ、裁判ごっこやその後のいじめに参加した子もいたらしい。 あまりに念の入ったやりかたに夫も私も寒気を感じたが、 「存在の罪」とか中二病っぽく稚拙だと思うし、難しい、大人びた言葉を使い、 いかめしい場所を演出して、みんなで一人を攻撃するという高揚感で 「自分は正しい」と陶酔してこんなことになったんだろうと思う。 ただ、被害者のAは別に児相が入ったとかで、結局学校に戻ってこなかった。 取材はあったらしいが、地元新聞とかには出なかったのも、 被害者の複雑な状況ゆえかも知れない。

コメント

  1. 名無しさん 2015/11/24(火) 08:17:07

    これ、何年か前にニュースでやらなかったっけ?気のせいかな?

  2. 名無しさん 2015/11/24(火) 09:03:50

    そのまま社会に出たような人がネットにたくさん居るじゃない

  3. 名無しさん 2015/11/24(火) 09:55:19

    閉鎖的な環境だと大人でもたまにこんなことあるよね
    あとになって異常さに気づく

  4. 名無しの墓場 2015/11/24(火) 10:21:35

    NFLでも虐めが問題になっていたね

    名誉黒人である白人のリッチー・インコグニートによるストリップバーで行われるリッチー裁判が
    被告人は黒人のマーティン(親が上流社会出身だから白人扱い)

  5. 名無しさん 2015/11/24(火) 12:29:27

    他人に迷惑を掛けてはいけません。
    他人が嫌がる行動をしないようにしましょう。
    この基本的な躾とマナーだが、逆は真ならずであることも教えないといけないんだよな。
    マナーはあくまで自分に課す行動であって、他人に強いるものではない。

    さらに、公序良俗違反とは自分を不愉快にするものの事ではない。
    感情は私事であって公事ではない。その感覚が分からずに勘違いするとこうなる…

アクセスランキング